湿布かぶれの大きな原因とは?

肩こりや腰痛、筋肉痛を和らげてくれる湿布は、手軽で便利な医薬品だ。だが、湿布かぶれに悩んでいる人も少なくない。

湿布かぶれの大きな原因のひとつは、剥がす時に皮膚の表面の表皮が剥がれ、皮膚を傷つけてしまうことだ。

これを軽減するには、湿布を貼っている部分に石鹸をつけて泡立てながら、少しずつ剥がしていくとよい。特に高齢者は表皮が剥がれやすいので、一気に勢いよく引き剥がすのは避ける。

長時間、湿布を貼りっぱなしにしない

長時間、湿布を貼りっぱなしにしないことも大切だ。最長でも貼っているのは半日位に止め、それ以上は貼らないようにしたい。

それでもかぶれてしまった場合は、皮膚科で診療を受けるのが治す早道だ。かぶれを治さないで湿布を貼り続けると、悪化させるだけである。

湿布をよく貼る部位は、普段から肌荒れ防止の軟膏などを塗って、肌を健やかに保つようにすることも効果的だ。

文/諸井里見

 

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店