新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

欅のつらいちボウル|収納時に重ねると上縁がきれいに揃う漆器のうつわ

左=あかね/右=黒摺
器は高台(こうだい)がなく洋風な作り。汁椀や丼鉢など多様な使い方ができる。

品名の「つらいち」とは、大小の器を重ねたときに上縁が凸凹にならず、“つら(面)”がきれいに揃うことを指す。

大きさを変えながら「つらいち」でろくろを挽くのは、木地師の高度な技があればこそ。細部まで丁寧に削られた器は、山中漆器(石川県)の伝統技法により、木目を活かした美しい仕上げがなされる。

3種ひと組の器は、汁、麺、丼ものなどはもちろん、サラダボウルなどにも向く。多目的に使えて、収納も楽な日常使いの漆器である。

商品名/欅のつらいちボウル
メーカー名/浅田漆器工芸(日本)
価 格(消費税8%込み)/13,500円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP