欅のつらいちボウル|収納時に重ねると上縁がきれいに揃う漆器のうつわ

左=あかね/右=黒摺
器は高台(こうだい)がなく洋風な作り。汁椀や丼鉢など多様な使い方ができる。

品名の「つらいち」とは、大小の器を重ねたときに上縁が凸凹にならず、“つら(面)”がきれいに揃うことを指す。

大きさを変えながら「つらいち」でろくろを挽くのは、木地師の高度な技があればこそ。細部まで丁寧に削られた器は、山中漆器(石川県)の伝統技法により、木目を活かした美しい仕上げがなされる。

3種ひと組の器は、汁、麺、丼ものなどはもちろん、サラダボウルなどにも向く。多目的に使えて、収納も楽な日常使いの漆器である。

商品名/欅のつらいちボウル
メーカー名/浅田漆器工芸(日本)
価 格(消費税8%込み)/13,500円

buttonB