新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

軽減税率だけじゃない、食べ物をテイクアウトする意外な理由

直近1年間にテイクアウトをした人は7割強【テイクアウト・持ち帰りに関するアンケート】

10月1日より始まった消費税10%ですが、持ち帰り(テイクアウト)では軽減税率が適用され利用者も増えることが予想されます。
マイボイスコム株式会社(https://www.myvoice.co.jp/)は、これにさきがけ、『テイクアウト・持ち帰り』に関するインターネット調査を2019年9月1日~5日に実施し、10,236件の回答を集めました。結果をご紹介しましょう。

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2019年09月01日~09月05日【回答者数】10,236名
【調査機関】マイボイスコム株式会社

■中食の利用頻度

家庭外で調理された食品を購入し、家や職場で食べる中食を利用する人は、「よく利用する」「ときどき利用する」を合わせて5割強です。女性10~40代では各6割強みられます。

今後、中食の利用頻度が増えると思う人は、「増える」「やや増える」を合わせて2割強です。減ると思う人は「減る」「やや減る」を合わせて約7%、「変わらない」が71.8%となっています。

■テイクアウト・持ち帰りをした店舗

店内飲食かテイクアウト・持ち帰りが選べる店舗で、直近1年間に食べ物や飲み物を持ち帰った人は7割強です。テイクアウトをした店舗は(複数回答)、「ファストフード」が44.9%、「牛丼、餃子、寿司などのチェーン店」「コンビニエンスストアなどの、飲食可能なイートインスペース」が2~3割となっています。「ファストフード」は女性や若年層で比率が高く、女性10~40代で各6割前後です。「コーヒーショップ」は女性10~30代で各2割強、「飲食スペースがあるパン屋、ケーキ屋、アイスクリームショップなど」は女性30・40代で各20%台と、他の層よりやや高くなっています。テイクアウト・持ち帰りをした店舗

■食べ物をテイクアウト・持ち帰りする頻度、目的

直近1年間にテイクアウト・持ち帰りをした人に、食べ物をテイクアウトをする頻度を聞いたところ、「月に2~3回」「月に1回程度」「2~3か月に1回程度」が各2割でボリュームゾーンです。週1回以上の利用者は2割弱となっています。
直近1年間に食べ物をテイクアウト・持ち帰りをした人の目的・用途は(複数回答)、「休日・昼食」が40.9%、「平日・昼食」が34.6%、「平日・夕食」「休日・夕食」が各3割弱です。「休日・昼食」は男性10・20代や女性30・40代、「平日・昼食」は60・70代、「間食・おやつ」は女性10~30代で高くなっています。

■食べ物をテイクアウト・持ち帰りする理由は「リラックスして食べたい」「時間がない」「すぐには食べない」

直近1年間に食べ物をテイクアウト・持ち帰りをした人に、食べ物をテイクアウトする理由を聞いたところ(複数回答)、「リラックスして食べたい」「時間がない、食事を早く済ませたい」「すぐには食べない、後で食べる」「家での食事・おやつの一品にする」が各20%台です。食べ物のテイクアウト利用頻度が週1回以上の層では、「時間がない、食事を早く済ませたい」「ひとりで食事をする」の比率が高くなっています。食べ物をテイクアウト・持ち帰りする理由

■食べ物をテイクアウト・持ち帰りする際の重視点

直近1年間に食べ物をテイクアウト・持ち帰りをした人の、食べ物をテイクアウトする際の重視点は(複数回答)、「持ち帰ってもおいしい」が46.6%、「持ち運びやすい」が39.0%、「注文から出来上がりまでの時間が短い」が29.0%となっています。

回答者のコメント
■食べ物をテイクアウトする際の不満点(全2,160件)

・電子レンジで温めたいものと温めたくないもの(サラダなど)が一緒の容器にあるときやや困る。(男性22歳)
・車移動以外のときに持ち帰る際に、どれだけ気を付けても中身が片寄ったりしてしまうのは、もはや半分諦めているが不満である。(男性26歳)
・出来上がりを待っている時間の過ごし方が微妙。(男性33歳)
・たまにオーダーミスがある。家に帰って開けてみたらオーダーしたのが入ってないとショック。(男性46歳)
・持ち帰りでバスなどに乗る際、商品の匂いがすることがあります。美味しいもので問題ないですが、できれば、匂いが外にこぼれない包装が望ましいですね。(男性64歳)
・必要なスプーンや箸等が不足していることがある。(女性28歳)
・忙しい時間帯に来ると、たまに注文したものが欠けていたりすること。(女性34歳)
・時間がたつとおいしくないものもある。ゴミがたくさん出て環境に悪い。(女性40歳)
・中身がうまく袋にマッチしてなくて持ち帰りにくい時がある。(女性51歳)
・店内調理する店では待ってる間に服や髪の毛にニオイがつく。(女性55歳)

* * *

いかがだったでしょうか。この結果は消費税10%前の調査ですから、改めて再度行うと結果は変わってくるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP