今後の出場大会などが決まりました

スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2kmの計約226kmを制限時間内にゴールするトライアスロンの中でも最も過酷な競技種目『アイアンマン(鉄人)レース』の世界選手権大会(9月、フランス・ニースで開催)出場を目指す稲田選手。出場権を得るには、6月にハワイで行われるレースを制限時間内にゴールする必要があります。

稲田弘(いなだ・ひろむ)選手 プロフィール

1932年11月19日生まれ。和歌山県出身。大学卒業後にNHKに入局し、放送記者として活躍。難病となった妻の看病のため60歳で定年退職。介護中に水泳を始め、マスターズ大会に出場するまでに。69歳からロードバイクを始め、70歳でトライアスロンデビュー。79歳を迎える2011年、ロングトライアスロンの世界選手権初出場を果たした。以来、同大会に9年連続で出場。2016、18年の年代別での優勝は、世界記録に認定されている。千葉県在住。

このたび、このレースに向けた稲田選手の国内での調整スケジュールが決まりました。2月下旬に石垣島(沖縄県)で、3、4月に館山市(千葉県)で合宿を行い、4月9日に石垣島トライアスロン大会に出場します。

石垣島トライアスロン大会は、鉄人レースの約4分の1にあたる「スタンダードディスタンス(スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの計約60.5km)」を4時間45分以内にゴールするものです。この大会で調整を行い、6月のハワイ(約113km)、9月のニース(約226km)へとつなげていきます。稲田選手の挑戦にご注目ください。

館山市の森正一市長を表敬訪問
2月9日、稲田選手は毎月合宿で訪れている千葉県館山市の森正一市長を表敬訪問し、「合宿で鍛えて、何とか世界選手権の出場権を取りたい」と意気込みを語りました。森市長からは、「世界選手権に出て、ギネス更新をめざしてほしい」と激励されました。

引用元:産経新聞社

『サライ』の稲田弘さんのインタビューはこちら

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店