新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

旬の日本ワインを飲み比べて楽しむ『日本ワインウイーク』開催します

文/編集部

今や日本全国でワイナリーの数は283を数え(2017年3月現在)、10月30日からは国産ぶどうを100%使うことが新しい基準となり、ますます日本ワインが注目されています。年々品質があがり、海外のワインとはひと味違ったやさしい味わいと個性で、和食からエスニック料理まで幅広く寄り添ってくれます。

10月23日(火)に発売予定のサライのムック『美味サライ』では「日本ワインを究める」として、今注目の日本ワインを大特集します。そしてこれに連動するイベントとして『日本ワインウイーク Japanese Wine Week』が、2018年11月1日(木)~11月7日(水)に丸の内ハウス(新丸ビル7階)で開催されます。

イベントには全国から12以上のワイナリーが参加。泡、白、赤、ロゼ、そしてオレンジワインまで、様々な種類の日本ワインが丸の内ハウスの9店舗で、グラスで注文でき、各店のおいしい料理とともに楽しめる1週間となります。

日替わりで、日本ワインの無料試飲を伴う以下のミニセミナーも開催されます。

●11月1日(木) 19時~
「日本ワインのこれまでとこれから」
サントリーワインインターナショナル 生産研究本部課長・桜井楽生さん

●11月2日(金) 19時~
「NAGANO WINE ソラリスのつくりと味わい」
マンズワイン ソラリス醸造責任者・西畑徹平さん

○11月3日(土) 14時~
「初めてのNAGANO WINE」
銀座NAGANO NAGANO WINE応援団代表・花岡純也さん

●11月3日(土) 19時~
「日本ワインと手仕事の旅」
同名単行本著者、ワインスタイリスト・大野明日香さん

○11月4日(日) 14時~
「日本ワインの歴史とシャトー・メルシャン3つのワイナリー」
シャトー・メルシャン シニア・ワインメーカー・生駒元さん

●11月5日(月) 19時~
「ワイン飲んで、肩の力を抜きたいの」
『おいしい日本のワイン ≡sun』榎本祐子さん×マルサン葡萄酒・若尾 亮さん

●11月6日(火) 19時~
「生誕150年日本ワインぶどうの父『川上善兵衛が生み出した品種』と岩の原葡萄園」
岩の原葡萄園 企画部部長代理・今井圭介さん

●11月7日(水) 19時~
「シャトージュンを知る、甲州を知る。」
シャトージュン スペシャルアドバイザー(顧問)西浦昌文

※各回限定20名。要事前予約。以下の申込専用ページからご予約ください。応募者多数の場合は、抽選の上、当選された方には事前にご連絡します。
↓↓↓
http://p.sgkm.jp/1518

秋も深まり、食欲も高まる11月、日本ワインで乾杯しませんか?

『日本ワインウイーク Japanese Wine Week』

開催期間/2018年11月1日(木)~11月7日(水)

会場/丸の内ハウス
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 7F
営業時間 平日 11:00~翌4:00
日曜・祝日・連休最終日 11:00~23:00

○お問い合わせ/丸の内コールセンター 03-5218-5100
(11:00~21:00 日曜・祝日は20:00まで 連休の場合は最終日のみ20:00まで)

主催/小学館 協力/丸の内ハウス

*  *  *

それでは今回のイベント参加ワイナリー&ワインリストを以下にご紹介します。

サントリー(山梨県)

●登美の丘〈甲州〉2017
穏やかな酸味、ほど良い渋みのあるふくよかな味わい。辛口ながら、遅摘みぶどうならではの凝縮した果実味が特長。登美の丘ワイナリー 自園産ぶどう甲州100%使用。

●ジャパンプレミアム メルロ2014
長野、山梨、山形で育てた欧州系品種「メルロ」ならではの、上品な果実の香り。果実味としなやかなタンニンが心地よく調和した、やわらかな味わいの赤ワイン。

マンズワイン(山梨県)

●酵母の泡 甲州
繊細で泡立ちが長く続き、淡い黄金色。甲州種特有の上品な香りと柔らかな酸味がバランスよく、心地よい口あたりが特長のスパークリングワイン。勝沼産甲州100%。

●酵母の泡 ベーリーA ロゼ
華やかな色合い、赤い果実のあふれる風味。厚みのある複雑な香り、きめ細かいなめらかな泡は長く続き、幅広い料理に合わせられる。勝沼産マスカット・ベーリーA100%。

岩の原葡萄園(新潟県)

●深雪花 赤
岩の原葡萄園を代表するブランドで、マスカット・ベーリーAの豊かな果実香と穏やかなタンニンが調和した、バランスの良い滑らかな味わいの赤ワイン。

●レッド・ミルレンニューム2017辛口
クリスタルで透明感のある酸味がとても爽快で、マスカットや柑橘系フルーツの香りが彩を添える、個性溢れる辛口白ワイン。自家葡萄園産レッド・ミルレンニューム100%。

シャトージュン(山梨県)

●ヴィンテージ甲州2016 白辛口
適期に収穫されたぶどうをステンレスタンク、低温発酵にて果実の風味をそのままワインに再現。洋ナシ、花梨、柑橘類の香りが穏やかに感じられる。山梨県勝沼産甲州100%。

●ジャパンセレクト巨峰ピオーネ ロゼ辛口
山梨県産の巨峰とピオーネが混じりあい、ほのかな色合いの淡いピンク色が特徴。酸味を伴う若い桃のような香りと味わいは、出汁を使う料理や中華料理とも好相性。

甲斐ワイナリー(山梨県)

●かざま甲州辛口2017
甲州種ワイン本来の魅力を100%引き出したスタンダードな辛口白ワイン。シンプルでキレがあり、バランスのとれた心地よい飲み口。心地よい酸味と果実味が調和。

●キュベかざまメルロー2015
甲州市内の自社畑で栽培した凝縮感のあるメルローを、完熟を待って収穫。丁寧な選果の上、醸造。華やかで複雑な香りと、重厚でありながら繊細な口当たりの自信作。

ドメーヌ・ヒデ(山梨県)

●しろしろピンク2017 MBAロゼ辛口
南アルプス市飯野の樹齢22~26年のマスカット・ベーリーAのクリアーな上澄み果汁で造った秋ロゼ。綿菓子の香りに果実感あふれる自然な味わい。亜硫酸無添加。生産数904本。

●カフェルスワー(夜のコーヒー)2016 MBA赤辛口
フレンチオーク17ヶ月の長期熟成。3種の樽と樹齢55年のマスカット・ベーリーA のぶどうで深みと複雑さを演出。モカ香がほのかに漂うユニークな赤ワイン。

高畠ワイナリー(山形県)

●2016 高畠バリック シャルドネ 樫樽熟成
高畠町シャルドネの中でも熟度の高い葡萄だけを集めて仕込み、フレンチオークで樽発酵。スモーキーな香りとナッツやトロピカルフルーツを思わせるミネラル感たっぷりな味わい。

●2016ジャパネスクベーリーズブレンド
ベーリー・アリカントAとブラック・クイーン、高畠町のマスカット・ベーリーAを使用。黒紫の濃い色合いとイチゴのような華やかな香りをもつ、ボリュームある赤ワイン。

安心院葡萄酒工房(大分県)

●安心院ワイン シャルドネ イモリ谷2017
安心院町松本地区のイモリ谷で生産されたシャルドネを樽発酵・樽貯蔵しシュールリーの状態で約5ヶ月貯蔵。柑橘系と甘いトロピカルフルーツの香りが広がり、ミネラル感豊か。

●安心院ワイン 諸矢 テンプラニーリョ2015
バラやスミレの華やかさとドライフルーツ、イチジクの甘美な香りを持ち、柔らかい渋みが特徴。「諸矢」は弓道の言葉で、”農”と”醸造”が上手くいくワイン造りの姿勢を重ねた。

カンティーナ・ジーオセット(新潟県)

●ヴィーノ・チェラスオーロ2017(ロゼ)
ワイナリーの一番人気、スチューベンで造る辛口のロゼ。キャンディーのような甘い香り、後口にトマトのような旨味。そのギャップに萌える人が続出。

●ヴィーノ・ノヴェッロ2018(赤)
自園ツヴァイゲルトとメルローをブレンドした、できあがったばかりの今年の新酒。海に近い産地らしい塩味がポイント。

マルスワイン(山梨県)

●穂坂マスカット・ベーリーA コールド・マセレーション
山梨を代表する醸造用ぶどうの産地、韮崎市穂坂地区。ここで育った凝縮度が高く、腰の強い味わいのぶどうを、低温醸し法で濃縮感のある口当たりの良い香味を引き出した逸品。

●甲州 オランジュ・グリ 2,017
甲州の果皮に存在する濃厚な香りや旨味、さらには色素成分を充分に引き出し、ほんのりオレンジに色付いたワイン。果皮由来の心地よい渋味と旨味が特長で、個性際立つ味わい。

天橋立ワイナリー(京都府)

●あかラパン2015
サペラビ、レジェント、セイベル13053、カベルネソービニヨンをブレンドした赤ワイン。フルーティーな酸味にほろ苦い余韻と豊かな果実味が調和。樽熟成16か月。

●さくラパン2017
京都産の赤ワイン用ぶどう、セイベル13053を白ワインと同じ製法でピンク色に仕上げた中口のロゼワイン。ピーチのような香りとフレッシュ&フルーティーな味わい。

シャトー・メルシャン

●アンサンブル 萌黄 2016
福島県、長野県、山梨県のシャルドネ、甲州を使用した辛口白ワイン。フレッシュな果実香が広がり、オーク樽の由来のアーモンドなどのニュアンスと程よいミネラル感が調和。

●甲州グリ・ド・グリ 2016
淡く灰色がかった(仏語:Gris)紅紫色の皮の甲州ぶどうが持つ特長を引き出したオレンジワイン。甘美な香りとふくよかな味わいとともにタンニンの収れん味が立体感を構築。

※会場では37のワイナリーを擁する長野県のワインが「NAGANO WINE@現バー」で楽しめます。信州たかやまワイナリー、アルカンヴィーニュ、シクロヴィンヤードなど、何が飲めるかは当日のお楽しみ。日々、提供されるワインが変わるので、会期中何度も足を運びたくなりますよ。

◎会場で提供されるワインの一部は、会期中以下のショップでもお求めいただけます。

●ヴィノスやまざき 有楽町店
千代田区有楽町2丁目7番1号 イトシアフードアベニュー地下1階
TEL 03-5224-6391

●ヴィノスやまざき コレド室町店
中央区日本橋室町2丁目3番1号 コレド室町2 1階 61070
TEL 03-6262-3166
http://www.v-yamazaki.co.jp/

●銀座NAGANO
中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 1F・2F・4F
TEL 03-6274-6015(代表)
https://www.ginza-nagano.jp/

※サライムック『美味サライ 日本ワインを究める』は、10月23日(火)、発売予定です。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09104237

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP