サライ.jp

「半沢直樹」(TBS日曜劇場/夜9時~)の続編ドラマが話題となっています。ご覧になられている方も多いことでしょう。本ドラマをきっかけに「銀行業界における実際の働きやすさ」を知りたいと思う方も増えているかもしれません。

人材関連サービスを行うキャリアバンク株式会社は、銀行員(退職者含む)とその奥様を対象に、銀行の働きやすさに関する調査を行い、その結果と分析を発表しました。こちらをご紹介しましょう。

* * *

【調査方法について】
本調査では、会社の口コミサイト「カンパニー通信( https://company-tsushin.com/ )」に掲載されている銀行の口コミを分析対象としています。口コミは銀行員(元銀行員含む)、銀行員の奥様が投稿したものとなります。

なお、「ブラック企業」という言葉に明確な定義はありません。ある人にとってはブラック企業に感じても、別の方にとっては特にブラック企業とは感じないというケースもあるはずです。そのため、本調査では個別企業への言及はせず、銀行業界への就職・転職を考えている方に役立つような内容になるよう考慮しております。

勤務先企業を「ブラック企業」だと感じている人は約3人に1人

銀行経験者の約2/3(67.15%)が、銀行をホワイト企業であると感じているという結果となりました。

主なコメントをご紹介します。
※コメントは意味が変わらない範囲で一部加工しています(以後掲載コメント同様)。

・完全週休二日制かつ福利厚生も整っているので、働きやすい環境だと思います。女性も育休をとりやすい環境です。【地方銀行・男性】
・勤務時間は各個人のPCで入力し、そのデータは本社に直接届きます。そのため、第三者によって変更することはできません。また定期的にパワハラやセクハラに関するアンケートが実施されていますし、何かあった際は電話・メールで相談できるようになっています。【メガバンク・女性】

ここ数年で行われた働き方改革によって、ホワイト化が進んでいるという口コミも多く見られました。

・働き方改革によって残業削減が進められています。部署によっては差はあるものの、残業はほとんどありません。残業をしても、残業代はしっかり支給されます。【地方銀行・女性】
・基本的には福利厚生もしっかりしており、ホワイト企業であると言えると思います。最近は働き方改革によって、残業時間も短縮されています。有給も全くとれないわけではないし、週休2日は確保されているため、安定した働き方はできると思います。【メガバンク・女性】

銀行をブラック企業だと感じている人は約3人に1人

一方で、銀行をブラック企業だと感じている人は約3人に1人という結果に。特にノルマの厳しさについて言及するコメントが多く見られました。

・ノルマが厳しく、達成するまで精神的にも追い詰められます。業務量に対して人員が不足しているように感じます。【地方銀行・女性】
・残業時間はしっかり管理され、福利厚生もきちんとしているのですが、毎日営業ノルマに追われ、未達だと上司からも叱責され続けます。【メガバンク・男性】
・ややブラック企業だと思います。仕事のノルマがきつすぎるからです。保険や投資信託の販売ノルマが半年ごとに課されるのですが、なかなか売れないため、あまり購入意欲のない方にもお願いして販売していました。【地方銀行・女性】
・福利厚生はある程度しっかりしていますが、ノルマの目標が高いうえ、ノルマをこなしていなければ上層部からプレッシャーがかけられます。【普通銀行・女性】

銀行経験者本人より奥様の方が、銀行をホワイト企業と感じている割合が高い

銀行経験者の約3人に2人が銀行をホワイト企業と感じている一方で、銀行経験者の奥様はもっと多い約5人のうち4人が(旦那様がお勤めの)銀行をホワイト企業だと考えていることがわかりました。

銀行経験者本人と同様、「残業が少ない」「休みがとれる」「福利厚生がしっかりしている」といったコメントが多く見られます。

・お休みはしっかり取得できていますし、勤務時間も長くありません。上司との相性によって業務負担が変わることはあるようですが、それはどの業界・会社でも同じだと思います。【メガバンク勤務の旦那様がいる奥様】
・有休はきっちり確保されていて、過剰な残業もありません。労働環境はとてもホワイトな会社だと思います。ただ仕事内容がシビアだったり、求められるノルマが高いので、精神的に強い人でないと向かないかもしれません。【地方銀行勤務の旦那様がいる奥様】
・支店や役職によって忙しさは変わってくるようですが、残業も少なく休暇もほぼ予定通りとれるのでホワイト企業だと思います。【地方銀行勤務の旦那様がいる奥様】

一方、旦那様が勤務している銀行をブラック企業と感じている奥様は、「ノルマが厳しい」以外に、「勤務地・転勤」「週末の地域イベントへの参加(地方銀行の場合)」を挙げている方が多くいらっしゃいました。

・新築で家を建てたり子供を出産したばかりの家庭でも単身赴任になるケースが多いようで、社員に厳しいと思います。【地方銀行勤務の旦那様がいる奥様】
・勤務先である支店まで遠く、朝6時に家を出て、夜9時過ぎに帰ってきています。【地方銀行勤務の旦那様がいる奥様】
・休みの日に地域のボランティアやイベントに参加させられています。年に数回であれば我慢できますが、月に1~2回は多いと思います。【地方銀行勤務の旦那様がいる奥様】

銀行をホワイト企業と考えている人が多数という結果に

カンパニー通信に掲載されている口コミをもとに、銀行業界の働きやすさについて分析しました。

本文でも解説した通り、

・銀行経験者本人のうち、67.15%にあたる約2/3が銀行をホワイト企業だと感じている
・銀行経験者の奥様のうち、81.01%にあたる約4/5が銀行をホワイト企業だと感じている

という結果になりました。

ノルマや転勤についての厳しいコメントが一部で見られるものの、働き方改革によって残業時間の短縮や休みの取りやすさなど労働環境の改善がここ数年で進んでいるようです。そのため、会社の働きやすさについて口コミサイトを通じて情報収集する場合は、「いつ投稿された口コミか」「いつ在籍していた人による口コミか」を確認するようにしましょう。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア