新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

名古屋駅から徒歩0分!旅行の拠点としても便利なホテル「名古屋JRゲートタワーホテル」4月オープン【PR】

一番右側がこの4月に開業するJRゲートタワー。左の2つのタワーがJRセントラルタワーズ。ホテルのほか、レストラン街やさまざまな商業施設が集結しています。

一番右側がこの4月に開業するJRゲートタワー。左の2つのタワーがJRセントラルタワーズ。ホテルのほか、レストラン街やさまざまな商業施設が集結しています。

寒い冬を抜けて日ごと暖かくなる春は、旅行に出かけるよいシーズンです。山々の裾野に広がる新緑や、その緑に淡い彩りを添える花々などを車窓から眺めるのは楽しいもの。

関東から関西へ、関西から関東へと向かう時におすすめなのが、中間点となる名古屋での途中下車。実は、名古屋には魅力ある観光スポットが点在しているのです。

金のしゃちほこで有名な名古屋城だけではありません。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が天照大神(あまてらすおおみかみ)から授けられたという三種の神器のひとつ、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀る熱田神宮も、名古屋の街中にあります。

そんな旅の起点となる名古屋駅のまさに真上に、4月17日にオープンするのが、「名古屋JRゲートタワーホテル」です。JRゲートタワーの18〜24階にあり、新幹線やJR在来線・名鉄・近鉄・地下鉄の各駅に直結、各線へのアクセスが便利な宿です。

なにしろ駅の真上ですから、客室から名古屋駅の改札口まで迷うこともありません。1階にはバスターミナルもあり、路線バスの乗り場へもすぐ。

例えば、関東圏から伊勢や京都へ行く際、このホテルに泊まって名古屋巡りを楽しむのも一案。時間の節約にもなるので、市内観光をしたり、「ひつまぶし」などの名古屋ご当地グルメも十分に堪能できます。桜の季節なら、鶴舞公園などでライトアップされた夜桜を楽しむこともできます。

■鉄道が間近に望める部屋も!快適に眠れる工夫がこらされた客室

さて、この「名古屋JRゲートタワーホテル」。客室は機能的なデザインに加え、快適な眠りのためにさまざまな工夫がこらされています。

写真はスーペリアツイン。ゲストルームはすべて天井高が2.8mあり、窓も広いので開放感があります。東側の部屋は名古屋の繁華街、西側はJR線路、南側はオフィスビル、北側は一宮・岐阜方面の景色が望めます。

写真はスーペリアツイン。ゲストルームはすべて天井高が2.8mあり、窓も広いので開放感があります。東側の部屋は名古屋の繁華街、西側はJR線路、南側はオフィスビル、北側は一宮・岐阜方面の景色が望めます。

たとえばベッドは、睡眠科学を取り入れた商品開発で知られ、多くの高級ホテルで導入されているシモンズ製。ピローソフト仕様で移動や観光で疲れた体を心地よく包み込んでくれます。

壁や窓は遮音性の高いものが採用されているので、名古屋駅の上ながらも部屋に入れば都会にいるのを忘れてしまうほど静か。加えて、調湿機能をもつ壁や天井に埋め込まれた微粒子イオン発生器がイオンを放出し、心地よい眠りをサポートしてくれます。

カーテンは、新幹線N700系を参考に、完全遮光ロールカーテンを採用。99.99%の遮光率で真っ暗な空間を作り出すので、疲れた時、昼間でも明るさを気にすることなく心地よく眠れます。

昼間でもまるで夜のような暗さにできる室内。音も静かなので周りを気にすることなく、ゆっくりと休めます。

昼間でもまるで夜のような暗さにできる室内。音も静かなので周りを気にすることなく、ゆっくりと休めます。

駅側の客室からはJR名古屋駅を発着するJR在来線はもちろん、滑るようにホームへ進入する新幹線の端正なフォルムも存分に眺めることができます。鉄道ファンばかりでなく、駅の真上というロケーションで不思議な感覚の眺望を楽しむのも、いい旅の思い出となるに違いありません。

■地産食材をふんだんに使ったレストランで朝食を

レストランの「THE GATEHOUSE」は、レストランの他、カフェやバー利用もできるラウンジやテラスなど全220席の大型オールデイダイニング。正統派フレンチをベースに贅沢な食材を取り入れ、素材の持ち味を生かしたメニューが味わえます。

なかなか予約が取れない東京・青山の人気フレンチ「L’AS(ラス)」のオーナーシェフ兼子大輔氏が監修しているということで、味は折り紙付き。

15階のスカイストリートに直結した明るい空間のレストラン「THE GATEHOUSE」。窓からは名古屋の街が一面に広がります。

15階のスカイストリートに直結した明るい空間のレストラン「THE GATEHOUSE」。窓からは名古屋の街が一面に広がります。

もし宿泊するなら、こんなレストランで朝食がいただける朝食つきのプランがおすすめ。名古屋コーチンを使った「卵サンド」や、名古屋の食材をふんだんに使用した和洋多彩なメニューを取り揃える朝食ブッフェが楽しめます。

名古屋コーチンを使った「卵サンド」や、名古屋の食材をふんだんに使用した和洋多彩なメニューを取り揃える朝食ブッフェ。

※写真はイメージです。

こんなに名古屋駅から近いホテルができるなら、ぜひ途中下車して一泊したいもの。手軽に名古屋観光ができるばかりでなく、翌朝一番の列車で目的地に行くことができ、時間に余裕を持って観光することができます。

これから春の旅行を計画するなら、便利な名古屋駅上のホテルに宿泊して、目的地に行く途中で名古屋からの小旅行も楽しむというプランを組んでみるのも面白いでしょう。

【名古屋JRゲートタワーホテル】
■所在地/愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
■電話/052・566・2111
■客室数/350室(ダブル210室・ツイン140室)
■価格帯/1万2800円/室~(税込み、モデレートダブル1泊1名利用・宿泊のみ)
https://www.associa.com/ngh/
※開業は4月17日です。

取材・文/中木 純

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 天皇陛下も喜んだ!名古屋『両口屋是清』の銘菓「旅まくら」【老舗銘…
  2. あの名門ホテルが京都に誕生!話題の「フォーシーズンズホテル京都」…
  3. チェックインから胸高鳴る!これが世界最先端ホテルの「すごいロビー…
  4. 天才料理人あらわる!穴場ホテルのスパイシーな魚介料理に仰天。【イ…
PAGE TOP