サライ世代の腕時計選びは、自分だけの嗜好に留まらず。息子や孫に“いいもの”を受け渡す、一世一代の決断だ。言わば自分の審美眼を後世に残すことになるのだから、納得して選びたい。

緊張感が漲る手技のダイアル。日本伝統工芸が息づく佇まい

手巻き。ブリリアントハードチタンケース。鎧織(よろいおり)ストラップ(ほか、付け替え用のレザーストラップ1本を付属)。品番SBGW295。
価格181万5000円(税込)。世界限定500本(そのうち、国内は100本)。
商品の詳細はこちら

1960年に発売された初代グランドセイコー(参考品)。視認性を追求した機能美を宿す、不朽のデザインとして今もなおファン羨望の的となっている。ブランドロゴの書体も堂々としている。

実用製品でありながら、芸術・工芸的価値を併せ持つ高級機械式時計が注目されている。熟練職人が紡ぎ出す精緻な造形は、いつの時代でも唯一無二。その価値は、後世においても下がることがないからだ。

そもそも機械式時計とは、親から子へと何世代にもわたって使い続けることを前提としたアイテムである。それは近世ヨーロッパにおいて貴族階級が懐中時計を家宝とするべく、名を馳せた時計師を呼び寄せ、作らせた時代と変わらない。中身の機械は、しかるべきメンテナンスを加えていくことで、半永久的に使い続けることができる。懐中時計から腕時計へとアイテムは代わっても、高級機械式時計の存在意義は揺らぐことはない。

ゆえに時代に左右されない、研ぎ澄まされた伝統意匠が珍重される。加えて、工業製造技術では到達できない、職人による手技が介在することで“いま”という時代の息吹が吹き込まれるのだ。そうした一点物との出会いは、一期一会というのが世の常である。

記念を祝した、数量限定モデル

セイコーが自ら設計製造を手掛けた腕時計が誕生したのは、今から110 年前のこと。輸入時計の修繕と販売から始まり、やがて自社開発の掛時計や懐中時計の製造販売を経て、1913 年に我が国初の国産腕時計を生み出すに至ったのである。

そして世界に通用する国産最高級の腕時計を目指し、1960年に「グランドセイコー」が誕生。今回の記念限定モデルは、この初代グランドセイコーの金字塔デザインを踏襲している。

ダイアルは、中央がゆるやかに盛り上がったボンベ形状をしており、稀少な純国産の漆を塗り重ねた、深みのある表情をまとっている。国産の漆は乾きが早く扱いも困難だが、耐久性や耐光性に優れている。

12か所のインデックスとブランドロゴは、金沢の漆芸家・田村一舟氏によって繊細で力強く描かれた高蒔絵だ。

高蒔絵とは、漆の液体張力で模様を隆起させ、その上から金粉を振り蒔き、意図した立体造形で金粉を定着させる日本の高度な伝統技法である。金粉を蒔いた一瞬が閉じ込められ、端正なテクスチャーとともに、造形を生き生きと盛り上げている。曲面に対する絵付けは熟練の技と非常に高い集中力を必要とするが、田村氏の手技により荘厳かつ精緻な表情に仕上がった。一点ずつ圧倒的な緊張感のなかで生み出されるダイアルは、何度見ても見飽きず、芸術作品のように、見るたびに新たな発見をもたらすだろう。

漆芸家・田村一舟(たむら・いっしゅう)氏は1957年生まれ。石川県金沢市在住。高蒔絵は、動きがわからないほどゆっくりと、筆先だけを微細に動かす。並み外れた集中力を必要とする。

一方で、時計ケースに独自のチタン素材を採用しているのが素晴らしい。そもそもチタン素材は、ステンレススチールに比べて軽量で、腕に着けたときの負担が少なく、金属アレルギーも起こしにくい。したがって使い勝手が断然に優れるのだ。

今回の限定モデルが採用する「ブリリアントハードチタン」は、通常のチタン素材と同様の軽さを持ちながら、チタン特有のくすみがなく、硬度を更に増した先進素材。熟練の研磨師が磨き上げることで、高い堅牢性と審美性を実現している。

おかげで、軽やかな装着感と伝統的な表情を高次で両立させる稀有なモデルとなった。しかもケース径38mmの小さめなサイズが小気味良いのである。昨今、腕時計のトレンドは、デカ厚から薄型小径へと回帰している。実際に小さいほうが、腕に対する収まりがよく、これ見よがしにならずに、品良く見えるからだろう。

さらに、この限定モデルのストラップはグランドセイコー初となる鎧織ストラップとなっている。戦国武士の鎧兜と同じく、細かく裁断した牛革を糸と平織にすることで、革同士で織るよりも強度をさらに高めている。革表面が黒粒のように光を反射して輝きを帯びており、日本の伝統を再現したストラップは、やはり我々のアイデンティティに語りかけてくるものがある。

革がまるで粒のように際立ち、黒い宝石のように勇壮な輝きを帯びる鎧織ストラップ。糸と牛革を編み込む戦国武士の鎧兜と同じ製法により、極めて耐久性に優れる。

搭載するムーブメントは、グランドセイコー専用機だ。機械式腕時計の頂点の域に達した精度の高さは、スイス勢に引けを取らず、パーツひとつひとつを磨き上げた丁寧な仕上げも好感が持てる。その美しさは、ケースバックから常に確認できる仕様となっている。

シースルーバック仕様により、腕時計を外した時にも楽しめる。搭載キャリバー「9S64」は、静的精度で日差+5 〜−3秒の高精度。サファイアガラスには獅子の紋章が透かし彫りされている。

ああ、こんな腕時計を自分の息子に残せたら、どれほど誇らしいだろう。自ら使う喜び、そして次の世代へと繫ぐ喜び。サライ世代の人生における重要な局面で、心から納得できる腕時計とは、こういう時計なのである。

グランドセイコーのWEBサイトはこちら

問い合わせ先/セイコーウオッチ 電話:0120・302・617

※掲載商品は、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロンでお取り扱いしています。
※数量限定のため、万が一品切れの場合はご了承ください。

取材・文/土田貴史 撮影/シバサキ フミト

 

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店