新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと 今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編) サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編) 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境界線だったこの川に沿い、蒸気機関車(SL)が力強く走る大井川鐵道の沿線は、静岡県でも随一の桜の名所だ。

爛漫の春、鮮度あふれる日本盛「生原酒ボトル缶」を携え、旅情あふれるSLの花見旅へ出かけよう。

旅先で飲み比べるのも楽しい「生原酒ボトル缶」の「大吟醸」(左)、「純米吟醸」(中)、「本醸造」(右)。いずれも、キャップを開けるや瑞々しく芳醇な香りが広がる。手前の「大井川ふるさと弁当」(1080円/税込み)は岩魚の甘露煮や桜海老の佃煮など地元のおかずが入る。

始発の新金谷駅で駅弁を買い求め、下りSL急行「かわね路」号へ。戦前から戦後に製造された懐かしい客車に乗り込むと、千頭駅までおよそ80分の花見旅が始まる。

大井川鐵道では4両のSLが現役で活躍。写真は桜の並木が続く家山駅から大和田駅へ向かうC56︲44号機の上り急行。昭和11年製で、大戦中はタイに送られたが昭和54年に帰国。

大井川鐵道本線( 金谷駅~千頭駅間の39.5km)の新金谷駅~千頭駅間をSL急行「かわね路号」が冬季を除くほぼ毎日、運行している(7月、8月は運休日あり)。新金谷駅はJR東海道本線金谷駅より普通列車で約4分。

大井川がゆったりと流れる絶景を車窓に駅弁を広げ、日本盛「生原酒ボトル缶」の「本醸造」をひと口。ボトル缶は少しずつ飲むのにちょうどよい。コクと旨み、しっかりした味わいがおかずにもよく合う。至福のひとときだ。

「生原酒」とは、その名の通り火入れも加水もしていないお酒のこと。搾りたての鮮度と深みのある旨み、濃厚な味わいは生原酒ならでは。上質で無垢な日本酒が手軽に飲める「生原酒ボトル缶」は、旅を贅沢なものに変えてくれる。

発車しておよそ20分、トンネルをいくつか抜けた福用駅と大和田駅の間あたりから、名産の茶畑を背景に咲き誇る桜が見えてくる。

専務車掌のひとりで「SLおばさん」こと佐藤あけみさん(60歳)。沿線案内やSLの解説、ハーモニカ演奏などで旅情を盛り上げる。

「次に停車する家山駅まで、線路沿いの約1kmにわたってソメイヨシノが、それは見事です」

「SLおばさん」(専務車掌)こと佐藤あけみさんが教えてくれた。

家山駅では5分間、停車。窓を大きく開けると、桜をそよぐ風が心地よい。さらに2種のボトル缶を開け、飲み比べをしてみた。

「本醸造」は濃醇で、やや甘口な味わい。小容量(200ml)のボトル缶だから、今月号付録の「お散歩ショルダーバッグ」にも収まる。キャップを再栓できるのも便利だ。

日本盛「生原酒ボトル缶」の「純米吟醸」はやや甘く感じるコクと旨み、「大吟醸」は贅沢な吟醸香とすっきりした辛口が特長。車窓を流れる桜を愛でながら酒が進む。飲みかけもスクリューキャップで閉められるボトル缶は旅先で便利だ。

この旅で、「生原酒ボトル缶」が本物の日本酒の美味しさを改めて気づかせてくれた。花見にはやはり旨い日本酒に限る。

鮮度あふれる美味しさがいつでも味わえる200ml「生原酒ボトル缶」は飲み比べが楽しい3タイプ。左から濃厚なコクと旨みの「本醸造」(19度以上20度未満、260円)。濃醇でフルーティな香りの「純米吟醸」(16度以上17度未満、300円)。芳醇な香りの辛口「大吟醸」(18度以上19度未満、320円)。品質保持性と利便性に優れたボトル缶入り。

商品についての問い合わせ先/日本盛お客様相談室(電話:0798・32・2590)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. メスカルのお伴はライムではなくオレンジ。そこにチリパウダーを混ぜた塩と乾燥させたグサノ(イモムシ)があれば完璧だ。 アメリカで大人気の「メスカル」、神の酒「プルケ」、メキシコワイン…
  2. ついつい飲みすぎてしまう年末年始! 体をいたわるお酒の飲み方 医学部教授が指南!体をいたわるお酒の飲み方
  3. スコットランド発、世界最高金賞のクラフト・ジンを訪ねて
  4. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  5. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
PAGE TOP