新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境界線だったこの川に沿い、蒸気機関車(SL)が力強く走る大井川鐵道の沿線は、静岡県でも随一の桜の名所だ。

爛漫の春、鮮度あふれる日本盛「生原酒ボトル缶」を携え、旅情あふれるSLの花見旅へ出かけよう。

旅先で飲み比べるのも楽しい「生原酒ボトル缶」の「大吟醸」(左)、「純米吟醸」(中)、「本醸造」(右)。いずれも、キャップを開けるや瑞々しく芳醇な香りが広がる。手前の「大井川ふるさと弁当」(1080円/税込み)は岩魚の甘露煮や桜海老の佃煮など地元のおかずが入る。

始発の新金谷駅で駅弁を買い求め、下りSL急行「かわね路」号へ。戦前から戦後に製造された懐かしい客車に乗り込むと、千頭駅までおよそ80分の花見旅が始まる。

大井川鐵道では4両のSLが現役で活躍。写真は桜の並木が続く家山駅から大和田駅へ向かうC56︲44号機の上り急行。昭和11年製で、大戦中はタイに送られたが昭和54年に帰国。

大井川鐵道本線( 金谷駅~千頭駅間の39.5km)の新金谷駅~千頭駅間をSL急行「かわね路号」が冬季を除くほぼ毎日、運行している(7月、8月は運休日あり)。新金谷駅はJR東海道本線金谷駅より普通列車で約4分。

大井川がゆったりと流れる絶景を車窓に駅弁を広げ、日本盛「生原酒ボトル缶」の「本醸造」をひと口。ボトル缶は少しずつ飲むのにちょうどよい。コクと旨み、しっかりした味わいがおかずにもよく合う。至福のひとときだ。

「生原酒」とは、その名の通り火入れも加水もしていないお酒のこと。搾りたての鮮度と深みのある旨み、濃厚な味わいは生原酒ならでは。上質で無垢な日本酒が手軽に飲める「生原酒ボトル缶」は、旅を贅沢なものに変えてくれる。

発車しておよそ20分、トンネルをいくつか抜けた福用駅と大和田駅の間あたりから、名産の茶畑を背景に咲き誇る桜が見えてくる。

専務車掌のひとりで「SLおばさん」こと佐藤あけみさん(60歳)。沿線案内やSLの解説、ハーモニカ演奏などで旅情を盛り上げる。

「次に停車する家山駅まで、線路沿いの約1kmにわたってソメイヨシノが、それは見事です」

「SLおばさん」(専務車掌)こと佐藤あけみさんが教えてくれた。

家山駅では5分間、停車。窓を大きく開けると、桜をそよぐ風が心地よい。さらに2種のボトル缶を開け、飲み比べをしてみた。

「本醸造」は濃醇で、やや甘口な味わい。小容量(200ml)のボトル缶だから、今月号付録の「お散歩ショルダーバッグ」にも収まる。キャップを再栓できるのも便利だ。

日本盛「生原酒ボトル缶」の「純米吟醸」はやや甘く感じるコクと旨み、「大吟醸」は贅沢な吟醸香とすっきりした辛口が特長。車窓を流れる桜を愛でながら酒が進む。飲みかけもスクリューキャップで閉められるボトル缶は旅先で便利だ。

この旅で、「生原酒ボトル缶」が本物の日本酒の美味しさを改めて気づかせてくれた。花見にはやはり旨い日本酒に限る。

鮮度あふれる美味しさがいつでも味わえる200ml「生原酒ボトル缶」は飲み比べが楽しい3タイプ。左から濃厚なコクと旨みの「本醸造」(19度以上20度未満、260円)。濃醇でフルーティな香りの「純米吟醸」(16度以上17度未満、300円)。芳醇な香りの辛口「大吟醸」(18度以上19度未満、320円)。品質保持性と利便性に優れたボトル缶入り。

商品についての問い合わせ先/日本盛お客様相談室(電話:0798・32・2590)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  2. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
  3. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  4. 【インタビュー】横山はる江さん(青森「はるえ食堂」店主)名物焼き…
  5. 【朝めし自慢】宇田左近さん「知人から届く季節の恵みを時間をかけ味…
PAGE TOP