新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

クラウンDay at Motomachi」

観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい

2月23日(土)・24日(日)の2日間、「横浜元町ショッピングストリート」(元町商店街)で開催された、歴代クラウン計15台が集結する「クラウンDay at Motomachi」に出かけてきました。
クラウンは、日本が世界に誇る高級車であり、フロントグリルにある“王冠マーク”を見れば、誰もが車名を思い浮かべるほど親しまれています。その歴史は長く、観音開きドアが特徴の初代クラウンが登場したのは1955年のこと。60年以上にわたってモデルチェンジを繰り返し、昨年フルモデルチェンジされた新型クラウンが15代目となります。

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

世界的に流行していたボンネットとトランクがフラットな「フラットデッキスタイル」を採用した2代目クラウン(1962年~)

バンタイプが展示された3代目クラウン(1967年~)

バンタイプが展示された3代目クラウン(1967年~)

団塊世代や団塊ジュニアの方が懐かしそうに見ていた6代目クラウン(1979年~)

団塊世代や団塊ジュニアの方が懐かしそうに見ていた6代目クラウン(1979年~)

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズも浸透した8代目クラウン(1987年~)

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズも浸透した8代目クラウン(1987年~)

グッと洗練されたシルエットになった13代目クラウン(2008年~)

グッと洗練されたシルエットになった13代目クラウン(2008年~)

スポーティなスタイリングの驚嘆の声もあがった新型クラウン

スポーティなスタイリングの驚嘆の声もあがった新型クラウン(上・下とも)

今回のイベント会場となった「横浜元町ショッピングストリート」の石畳スペースには、初代モデルから、今年発売された、15代目クラウンの神奈川トヨタ80周年特別仕様車まで、歴代のクラウン15台がずらりと並びました。

歴代クラウンの歴史を実車で楽しめるだけでも、とても貴重な展示でしたが、今回は特別に、開いたドアから、各時代の最高仕様というべき室内を見ることもできました。時代は違いますが、今見てもしっかりした上質な作りをモットーにしていたことがわかります。歴代クラウンの中には、実車を見る機会の少ないモデルも多く、ショッピングに訪れた人はもちろん、クラウンを見るために、遠方から足を運んだクルマファンも見られました。

幅広い世代の人が行き交う人気スポットだけに、「これ、うちのオヤジが誇らしげに乗っていたよ」、「我が家のクラウンは8代目だったんだね」など、思い出話に花を咲かせる方もいれば、現行車のスタイリッシュのデザインに目が釘付けになった若いカップルや、広く快適な室内をチェックする家族連れの姿も多く目につきました。

横浜開港以来約160年の歴史をもつ元町商店街

実は会場となった「横浜元町ショッピングストリート」も、その起源は横浜開港の1959年に遡り、現代まで約160年という長い歴史をもっています。ハマトラブームを生んだミハマ、キタムラ、フクゾーをはじめ、元町発祥のブランドも数多く、横浜近郊だけではなく、全国から人が訪れる横浜の名所としてもつとに有名です。時代とともに景観は変わりましたが、街を散策していると、今も街のあちらこちらで異国情緒を感じることができます。しかし、「横浜元町ショッピングストリート」を利用している方でも、歴史を知る人は少なく、「元町商店街って江戸時代からあるの」と驚く声がしきり。今回のイベントを通じて、クラウンと「横浜元町ショッピングストリート」に共通する長い歴史と、ブランドの深みを多くの方が実感されていたようです。

「クラウントークショー」では女優の釈由美子さんが試乗体験を披露

「クラウントークショー」では試乗体験による現行クラウンの乗り心地を語る女優の釈由美子さんと、現行クラウンの特徴を熱く解説するモータージャーナリストの五味康隆さん(左) 新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

「クラウントークショー」では試乗体験による現行クラウンの乗り心地を語る女優の釈由美子さんと、現行クラウンの特徴を熱く解説するモータージャーナリストの五味康隆さん(右)

新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

イベントでは神奈川県オールトヨタ販売店アンバサダーで女優の釈由美子さんと、モータージャーナリストの五味康隆さんによる、石畳スペースを使ったクラウントークショーも開催されました。当日の午前中、新型クラウンに試乗した釈さんの体験や、五味さんの独自目線によるわかりやすいクラウンの解説に、会場に集まった多くの方が聞き入りました。

「運転をしていてこんなに楽しいクルマは初めてです。ハンドルがふわっという感じに行きたいところに動き、揺れによるストレスもまったく感じませんでした。これなら長い時間運転していても疲れませんね。室内は広く余裕がありますが、車幅はほどほどなので街中の運転も快適。ずっと乗っていたい気分でした」と、釈さんは新型クラウンの百点満点のインプレッションを笑顔で披露。一方、少年時代、父親が運転する7代目クラウンで、よくドライブに出かけたという五味さんは筋金入りのクラウン通。ジャーナリストとなってからは、プロの視点で歴代クラウンの進化を細部まで検証されてきました。

「日本車の中でもクラウンほど語るところが多いクルマはありません。新型はスポーティセダンといえるほどスタイルがよく、デザイン、走りなど、今までとはスタンスが大きく変わりました。輸入車に乗っていた方も試乗をすると必ず“おっ”となるはずです」と、現行クラウンの魅力を語ってくれました。

アイドルユニット「NEEDS」のミニライブでイベントは最高潮!

ミニライブでイベント盛り上げたアイドルユニット「NEEDS」のみなさん。新型クラウンにも試乗し、日本を代表する高級車の乗り心地のよさを楽しんだ。

ミニライブでイベント盛り上げたアイドルユニット「NEEDS」のみなさん。新型クラウンにも試乗し、日本を代表する高級車の乗り心地のよさを楽しんだ。

ピンククラウンのオープンカーを記念撮影用に用意。初めて実車を見る人も多く、興味深げに車両を撮影する人の姿もあった。

クラウントークショーで観客を魅了した後は、アイドルユニット「NEEDS」のミニライブがスタート。 全3曲を披露しイベントを大いに盛り上げました。また当日は、ピンククラウンのオープンカーに乗っての記念撮影やスタンプラリーなど、家族で盛り上がれるイベントが盛りだくさん。

トヨタクラウンと「横浜元町ショッピングストリート」の素晴らしさを知る最高の機会となりました。

当日のイベントの動画はこちらから
 

構成・文/ウルトラフォース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP