新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

クラウンDay at Motomachi」

観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい

2月23日(土)・24日(日)の2日間、「横浜元町ショッピングストリート」(元町商店街)で開催された、歴代クラウン計15台が集結する「クラウンDay at Motomachi」に出かけてきました。
クラウンは、日本が世界に誇る高級車であり、フロントグリルにある“王冠マーク”を見れば、誰もが車名を思い浮かべるほど親しまれています。その歴史は長く、観音開きドアが特徴の初代クラウンが登場したのは1955年のこと。60年以上にわたってモデルチェンジを繰り返し、昨年フルモデルチェンジされた新型クラウンが15代目となります。

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

世界的に流行していたボンネットとトランクがフラットな「フラットデッキスタイル」を採用した2代目クラウン(1962年~)

バンタイプが展示された3代目クラウン(1967年~)

バンタイプが展示された3代目クラウン(1967年~)

団塊世代や団塊ジュニアの方が懐かしそうに見ていた6代目クラウン(1979年~)

団塊世代や団塊ジュニアの方が懐かしそうに見ていた6代目クラウン(1979年~)

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズも浸透した8代目クラウン(1987年~)

「いつかはクラウン」のキャッチフレーズも浸透した8代目クラウン(1987年~)

グッと洗練されたシルエットになった13代目クラウン(2008年~)

グッと洗練されたシルエットになった13代目クラウン(2008年~)

スポーティなスタイリングの驚嘆の声もあがった新型クラウン

スポーティなスタイリングの驚嘆の声もあがった新型クラウン(上・下とも)

今回のイベント会場となった「横浜元町ショッピングストリート」の石畳スペースには、初代モデルから、今年発売された、15代目クラウンの神奈川トヨタ80周年特別仕様車まで、歴代のクラウン15台がずらりと並びました。

歴代クラウンの歴史を実車で楽しめるだけでも、とても貴重な展示でしたが、今回は特別に、開いたドアから、各時代の最高仕様というべき室内を見ることもできました。時代は違いますが、今見てもしっかりした上質な作りをモットーにしていたことがわかります。歴代クラウンの中には、実車を見る機会の少ないモデルも多く、ショッピングに訪れた人はもちろん、クラウンを見るために、遠方から足を運んだクルマファンも見られました。

幅広い世代の人が行き交う人気スポットだけに、「これ、うちのオヤジが誇らしげに乗っていたよ」、「我が家のクラウンは8代目だったんだね」など、思い出話に花を咲かせる方もいれば、現行車のスタイリッシュのデザインに目が釘付けになった若いカップルや、広く快適な室内をチェックする家族連れの姿も多く目につきました。

横浜開港以来約160年の歴史をもつ元町商店街

実は会場となった「横浜元町ショッピングストリート」も、その起源は横浜開港の1959年に遡り、現代まで約160年という長い歴史をもっています。ハマトラブームを生んだミハマ、キタムラ、フクゾーをはじめ、元町発祥のブランドも数多く、横浜近郊だけではなく、全国から人が訪れる横浜の名所としてもつとに有名です。時代とともに景観は変わりましたが、街を散策していると、今も街のあちらこちらで異国情緒を感じることができます。しかし、「横浜元町ショッピングストリート」を利用している方でも、歴史を知る人は少なく、「元町商店街って江戸時代からあるの」と驚く声がしきり。今回のイベントを通じて、クラウンと「横浜元町ショッピングストリート」に共通する長い歴史と、ブランドの深みを多くの方が実感されていたようです。

「クラウントークショー」では女優の釈由美子さんが試乗体験を披露

「クラウントークショー」では試乗体験による現行クラウンの乗り心地を語る女優の釈由美子さんと、現行クラウンの特徴を熱く解説するモータージャーナリストの五味康隆さん(左) 新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

「クラウントークショー」では試乗体験による現行クラウンの乗り心地を語る女優の釈由美子さんと、現行クラウンの特徴を熱く解説するモータージャーナリストの五味康隆さん(右)

新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

新型クラウンの試乗では釈さんが運転。五味さんは助手席に座り、ポイントを解説した。

イベントでは神奈川県オールトヨタ販売店アンバサダーで女優の釈由美子さんと、モータージャーナリストの五味康隆さんによる、石畳スペースを使ったクラウントークショーも開催されました。当日の午前中、新型クラウンに試乗した釈さんの体験や、五味さんの独自目線によるわかりやすいクラウンの解説に、会場に集まった多くの方が聞き入りました。

「運転をしていてこんなに楽しいクルマは初めてです。ハンドルがふわっという感じに行きたいところに動き、揺れによるストレスもまったく感じませんでした。これなら長い時間運転していても疲れませんね。室内は広く余裕がありますが、車幅はほどほどなので街中の運転も快適。ずっと乗っていたい気分でした」と、釈さんは新型クラウンの百点満点のインプレッションを笑顔で披露。一方、少年時代、父親が運転する7代目クラウンで、よくドライブに出かけたという五味さんは筋金入りのクラウン通。ジャーナリストとなってからは、プロの視点で歴代クラウンの進化を細部まで検証されてきました。

「日本車の中でもクラウンほど語るところが多いクルマはありません。新型はスポーティセダンといえるほどスタイルがよく、デザイン、走りなど、今までとはスタンスが大きく変わりました。輸入車に乗っていた方も試乗をすると必ず“おっ”となるはずです」と、現行クラウンの魅力を語ってくれました。

アイドルユニット「NEEDS」のミニライブでイベントは最高潮!

ミニライブでイベント盛り上げたアイドルユニット「NEEDS」のみなさん。新型クラウンにも試乗し、日本を代表する高級車の乗り心地のよさを楽しんだ。

ミニライブでイベント盛り上げたアイドルユニット「NEEDS」のみなさん。新型クラウンにも試乗し、日本を代表する高級車の乗り心地のよさを楽しんだ。

ピンククラウンのオープンカーを記念撮影用に用意。初めて実車を見る人も多く、興味深げに車両を撮影する人の姿もあった。

クラウントークショーで観客を魅了した後は、アイドルユニット「NEEDS」のミニライブがスタート。 全3曲を披露しイベントを大いに盛り上げました。また当日は、ピンククラウンのオープンカーに乗っての記念撮影やスタンプラリーなど、家族で盛り上がれるイベントが盛りだくさん。

トヨタクラウンと「横浜元町ショッピングストリート」の素晴らしさを知る最高の機会となりました。

当日のイベントの動画はこちらから
 

構成・文/ウルトラフォース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  2. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  3. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  4. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  5. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
PAGE TOP