「オーベルジュ」とは、宿泊施設が併設されたレストランのこと。もともとはフランス発祥で、その土地ならではの素材を、新鮮なまま提供したいというシェフの思いから生まれたものだそうです。そのため、自然豊かな郊外にあることが多く、美食とともにゆったりと自然に浸れるのも魅力です。

快適で贅沢な時間を過ごせるホテルや旅館を厳選して取り扱う宿泊サイト「一休.com」に掲載されているホテルの中から、大人の贅を知り尽くしたサライ.jp 読者におすすめしたい「温泉付きのオーベルジュ」を厳選しました。温泉が付いている宿のみを紹介しますので、食も湯も一挙に堪能することができます。

宿泊したいホテルを見つけたら、<一休ボタン>をクリックしてください。「一休.com」でWeb予約が可能です。

美味しい食事でお腹を満たし、温泉で心身を癒す。日常ではなかなか味わえない贅沢な時間をどうぞ。

1:THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原

情報提供:一休.com

港区西麻布の予約の取れないレストランとして名を馳せた、「ひらまつ」。その「ひらまつ」が展開するのが、『THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原』です。天然大理石のトラバーチンや、漆喰のアンティコスタッコ塗装など、イタリアの伝統技法を随所に施し、高いデザイン性と洗練された雰囲気を演出しています。さらに、アメニティはイタリアの高級ブランド・ブルガリ。まさに“スモールラグジュアリーホテル”と呼ぶにふさわしいホテルです。

一休.comでWeb予約

▷イタリアンとフレンチを融合させた芸術品のような食

同ホテルで料理長を務めるのは吉越謙二郎氏。「ひらまつ」のイタリア料理部門のシェフとして長年腕をふるってきた方です。ここでいただけるのは、イタリア料理にフランス料理の要素を取り入れた、氏のオリジナル料理。小田原や相模湾などでとれた新鮮な魚介や、地元産の野菜をふんだんに使用し、素材を生かしたメニューを展開しています。一皿一皿が芸術品のように美しく、目でも舌でも訪れる人を楽しませます。

▷この宿ならではの魅力

『THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原』には本館とレジデンス棟があります。本館は全11室で、テラスからは雄大な箱根の外輪山を望むことができます。また、本館のお風呂は独立ではなく、部屋の中に溶け込むように設えられているのも特徴。さらに、窓を開ければ半露天へと姿を変えます。箱根の山々を眼前に深呼吸をすれば、心身ともにほぐれていくのを感じられるでしょう。

一方、レジデンス棟は全部で9室。本館よりも高台に位置しているため、天気の良い日には富士山が望める部屋もあります。本館、レジデンス棟ともに、すべての部屋に源泉掛け流しの温泉が付いています。美食でお腹が満たされた後には、心ゆくまで湯浴みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

問い合わせ先
IN 14:00~20:00
OUT 11:00
室数 全20室
ペット 不可
お子様 可
住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-337
TEL/0460-83-8981

おすすめプランは「【一休限定】【リゾートタイムセール】 ポイント最大5倍! ひらまつの味を楽しむ美食ステイプラン/夕・朝食付」2名で税込86,800円~。

一休.comでWeb予約

2:arcana izu

情報提供:一休.com

伊豆半島のちょうど中腹にある湯ヶ島温泉。その森の中にひっそりと佇む隠れ家のような宿が『arcana izu』(アルカナイズ)です。“何もしない贅沢”を味わえるよう、華美な装飾はせず、自然と一体になっているような館内のつくりが印象的。敷地内は、レストラン棟と宿泊棟に分かれており、フロントもなし。チェックインはそれぞれの部屋でバトラーが案内してくれます。旅に来ているのに、お家に帰るかのような居心地の良さを感じられる宿です。

一休.comでWeb予約

▷感性を刺激する美的なフランス料理

オーベルジュ・リゾートを称するこちらでいただけるのは「五感を刺激するエモーショナルフレンチ」。レストランに入ると真っ先に目に飛び込んでくるのは、窓一面に広がる湯河原の森林。夜には木々がライトアップされ、幻想的な雰囲気が広がります。その窓を背景にキッチンが配され、そのキッチンと向き合うようにカウンター席。

その後ろ、一段高いところにテーブル席があります。提供する料理は、相模湾と駿河湾の海の幸と、天城連峰の山の幸。豊かな自然に恵まれた伊豆の食材を使い、目にも麗しいフランス料理を繰り広げます。また、朝食は「森のピクニック」がテーマ。色とりどりの野菜が盛り付けされたワンプレートとともに、伊豆の豊かな自然の中にいるかのような、ピクニック気分を味わうことができます。

▷この宿ならではの魅⼒

お部屋はすべてスイートルーム仕様で、趣向の異なる4タイプを完備。暖炉が配されたラグジュアリーな空間の「ザスイート」、幅10mのバルコニーが魅力の「リバーウィングスイート」、渓流に突き出るようにしてつくられているテラスが特徴的な「リバーウィンスイート」、ベーシックなつくりの「リバービュースイート」です。

目の前の自然に浸れるようにと、どのお部屋にもテレビは配されていません。また、全室に源泉掛け流しの露天風呂が付いています。渓流のせせらぎを聞きながら、肌にやさしく触れる風を感じていると、心安らぐひとときを感じられるでしょう。

問い合わせ先
IN 15:00~20:00
OUT 12:00
室数 全16室
ペット 不可
お子様 不可
住所/静岡県伊豆市湯ヶ島1662
TEL/0558-85-2700

おすすめプランは「アルカナ極上ステイパッケージプラン 【神秘】」2名で税込112,000円~。

一休.comでWeb予約

3:草津温泉 炯-kei-

情報提供:一休.com

多くのファンに惜しまれつつも閉館した草津の名湯「高砂館」。その跡地に建つのが『草津温泉 炯-kei-』です。温泉、レストラン、宿泊が一体となった「温泉オーベルジュ」で、館内にあるのはスイートルーム仕様の7室。

「高砂館」で使用されていた木材を随所に配し、最もラグジュラリーな「TAKASAGO」、別荘のようなメゾネットタイプの「C01」、行灯がやさしい雰囲気を醸す「B02」など、個性もさまざまです。坪庭や、大きな窓が配されている部屋もあり、草津の自然を存分に感じられるつくりになっています。

一休.comでWeb予約

▷地元でとれる恵みを、最高級のひと皿に昇華

『草津温泉 炯-kei-』では、日本料理にフレンチやイタリアンの技法を取り入れた独創感あふれる会席料理をいただくことができます。その時期にとれる旬の食材を、最適な調理法で提供。料理は食べる人のペースに合わせて一品ずつサーブ。できたての料理を丁寧に味わう時間は、まさに至福のひとときといえるでしょう。また、レストラン内にはオープンキッチンも完備しているので、宿泊客を目でも楽しませてくれます。

▷この宿ならではの魅⼒

『草津温泉 炯-kei-』では、2つの源泉と、3つの貸切温泉を完備。「AWASE」という貸切温泉では、草津の伝統的な入浴法「合わせ湯」を採用。ぬるめ・適温・高温といった温度の異なる湯に、順番につかるというものです。温冷交互につかることで、血流促進効果も高く、免疫力の向上も期待できます。

「HIKARI」という貸切温泉は、竹が湯船を取り囲むように配されており、上品で洗練された空間が魅力。「AWASE」と「HIKARI」では、地蔵温泉の源泉を引いています。いっぽう、館内で唯一の露天風呂である「RYOKU」では、肌がすべすべになる万代鉱源泉を引いています。

問い合わせ先
IN 15:00~17:30
OUT 11:00
室数 全7室
ペット 不可
お子様 不可
住所/群馬県吾妻郡草津町草津297
TEL/0279-82-1800

おすすめプランは「草津温泉 炯 -kei- 自然の恵みと温泉を愉しむ 夕・朝食付」2名で税込99,000円~。

一休.comでWeb予約

4:オーベルジュ内子

情報提供:一休.com

愛媛県松山より特急電車で約30分。江戸〜明治時代に、木蝋と和紙の生産で栄えた内子町は、今もなお日本の古き良き原風景が残る場所です。その内子町を見下ろす高台に位置するのが『オーベルジュ内子』。豊かな自然に囲まれ、思わず深呼吸をしたくなるような宿です。都会の喧騒から離れ、静かで穏やな時間を過ごせます。

一休.comでWeb予約

▷素材の味を最大限に生かす薪火調理

炭火、ガスなど食材を焼く調理法はいくつもありますが、『オーベルジュ内子』が選ぶのは薪火調理。素材本来のうまみや香りを引き出すのに最適な調理法であるとし、肉や魚の表面はパリッと焼き上がりつつも、中はうまみがぎゅっと詰まったジューシーな味わいになるのだそうです。また、食材は地産地消にこだわり、内子産の食材をふんだんに使用。自然の恵みを最大限に生かすメニューが魅力です。

レストラン内には、内子町の伝統を感じさせる「和ろうそく」が随所にあります。やさしい明かりに包まれながら、美食をいただけば、旅の夜の会話も弾むことでしょう。

▷この宿ならではの魅⼒

客室はフロントと大浴場のある棟から離れ、それぞれが独立しています。部屋には、内子和紙を使った障子や行灯、天井や床には内子杉を使用するなど、内子町の伝統を感じられるつくりです。客室は「プライベートヴィラ」と「スイートヴィラ」の2タイプ。

「プライベートヴィラ」には開放的なテラスがあり、デッキチェアでくつろぎながら、眼前に広がる豊かな自然を堪能できます。「スイートヴィラ」には広々とした檜風呂を完備。やさしい檜の香りに包まれながら、湯浴みを楽しめます。

問い合わせ先
IN 15:00~18:00
OUT 11:00
室数 全5室
ペット 不可
お子様 可
住所/愛媛県喜多郡内子町五十崎乙485-2
TEL/0893-44-6565

おすすめプランは「【シェフ厳選】お料理グレードアッププラン」2名で税込93,200円~。

一休.comでWeb予約

5:AUBERGE YUSURA ひと手間に和ごころ感じる料亭宿

情報提供:一休.com

伊勢神宮から車で約15分の場所に位置する『AUBERGE YUSURA』は和のオーベルジュです。1日3組限定かつ、客室はすべて一棟建てで、プライベートな時間を味わうことができます。お部屋は「かえで」「さくら」「とち」という和らしい名前で、各部屋のカウンターには、それぞれ「かえでの木」「さくらの木」「とちの木」を使用。すべてのお部屋には、日本庭園が目の前に広がる露天風呂を完備。美しい四季の自然とともに、和の風情を感じられる空間です。

一休.comでWeb予約

▷四季折々の恵みをひと皿に込めた正統派会席料理

「美し国」と表現される三重。『AUBERGE YUSURA』では、伊勢湾の魚介や、高級食材・松阪牛、三重産の野菜など、豊かな自然に育まれた食材を使用しています。こだわりは、最上の食材を最高の状態で提供すること。食材同士の食感や香りの相性なども考慮し、豊かで深みのある味に仕上げています。

また、お食事はお部屋ごとに用意された個室でいただきます。プライベート空間でゆっくりと美食を味わえるのも嬉しいですね。

▷この宿ならではの魅⼒

同館の魅力は食だけにとどまりません。『AUBERGE YUSURA』の榊原温泉は、清少納言が『枕草子』で日本三代名泉と謳った湯。湯上がりはしっとりすべすべの肌になるため、美肌の湯ともいわれています。同館では、そのなかでも、特に泉質濃度の高い源泉を採用しており、そのとろりとした湯はまるで化粧水のよう。肌をやさしく包み込む温泉に身を委ねれば、心身の疲れがすっと溶けていくことでしょう。

問い合わせ先
IN 15:00~20:00
OUT 11:00
室数 全3室
ペット 不可
お子様 可
住所/三重県伊勢市二見町松下1347-2
TEL/0596-63-5511

おすすめプランは「【黒毛和牛ディナーコース】オーベルジュならではの饗宴を食す」2名で税込103,400円~。

一休.comでWeb予約

***

その土地ならではの新鮮な食材を使い、細部にまでこだわった美食を提供するオーベルジュ。お腹が満たされた後に、そのまま眠りにつけるのは、まさに至極の贅沢ともいえるのではないでしょうか。さらに、温泉で心身を癒せば、格別の旅行体験となることでしょう。ぜひ、日常では味わえない“お腹”も“心”も満たされる旅へと出かけてみてください。

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2022年5月14日(土)時点での情報をもとに作成しています。
提供されるサービスの内容は随時、変更になる場合があるため、各プランの詳細をご確認のうえお申し込みください。
情報・写真提供/⼀休.com
文/阿部雅美(京都メディアライン)
HP: https://kyotomedialine.com
Facebook:https://www.facebook.com/kyotomedialine/

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
12月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店