新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

“猫神様の町”で「猫碑」巡りを楽しむ【にゃんこサライ特別編5】[PR]

江戸時代後期に作られた猫神様の1基。丸森町の大平山神社境内にある

文/一乗谷かおり

宮城県に「猫神様」の町があるということを知ったのは数年前のこと。すぐにでも現地に行ってみようと思い立ちましたが、なかなか機会に恵まれず、過日ようやく、猫神様たちに会いに出かけることができました。

訪ねたのは宮城県伊具郡丸森町。観光案内所で“猫碑”巡りの簡易マップを入手しました。

今年できた最新の冊子『丸森町の猫碑めぐり』(丸森町文化財友の会刊)を見ると、町内には実に73基の石碑と7体の石像があるとのこと。とはいえ、旅の時間は限られている上に、個人の敷地内に安置されているものもあり、全てを巡るのは難しそうです。

そこで、観光案内所で頂いた猫神様の簡易マップを参考に、足を延ばせる範囲で探索してみることにしました。丸森町の市街地だけでもたくさんの猫神様が点在しているのです。

山の中の舗装道路から少し入ったところに整備されていた石碑群。「蚕神」「山神」「馬頭観音」の石碑と一緒に、猫神様もいた

丸森町の猫神様の像容はさまざま。猫の形を浮き彫りにしたものもあれば、線刻したもの、「猫神」「猫供養」「猫塚」といった文字のみを彫ったものもあります。

猫の姿を彫ったものとしては、丸くうずくまっているもの、すっくと立っているもの、お行儀よく手を揃えて座っているもの、今にも鼠に飛びかかるように飛び跳ねているもの、鼠を狙っているのか伏せているもの、などなど。小休止中なのか寝ている像もあります。

朽ちかけたものもありますが、出会った猫神様はみんな、生き生きとしていました。猫と共に生き、猫の動きや生態を知り尽くした人々の眼差しが感じられる石碑ばかり。猫を神様として祀った昔の人々の信仰心の厚さに、胸が熱くなりました。

観光案内所を拠点にすると、歩いて巡れる石碑の数はさほど多くはありませんが、レンタカーを利用すれば、効率よく巡れます。町内の巡回バスで巡るという手もありますが、本数が少ない上、それぞれのバス停から各猫神様のもとへはちょっと距離があります。

猫神様の所在地を示す小さな看板

もっとも、猫神様の場所は林道脇であったり畦道の隅であったりと住所がはっきりせず、簡易マップとカーナビと第六感を手がかりに、見当をつけて探さなければなりません。近くで作業をされていた地元の方や商店の方にお訊ねしても、「ああ、聞いたことはあるけど…」という回答がほとんど。

かつてこの地方を鼠害から守った猫神様は、今では半ば忘れられた存在になっているようで、少し物悲しさを覚えました。

その分、苦労して探し当てた猫神様は、とても愛おしく感じられました。しばらく誰も訪れていないと思われる草むらを分け入った先に猫神様の石碑を見つけると、「やっと会えた!」と感動しました。猫神様巡りは、冒険心がくすぐられる野辺の文化財探訪でした。

■なぜ猫神様が祀られているのか?

なぜこの丸森町では、猫が神様として祀られているのでしょうか? その裏には、養蚕という産業の存在があるのです。

もともと日本では、養蚕は古くから行なわれていましたが、国内で大々的に養蚕と生糸の生産が奨励されるようになったのは、江戸時代になってからでした。それまで絹製品は主に中国からの輸入に頼っていましたが、金銀銅の国外流出を減らすべく、江戸幕府が諸藩に養蚕を推奨。各藩がこぞって養蚕を中心とした殖産事業に力を入れたのでした。養蚕業はその後も広く日本で行なわれ、やがて明治時代の日本を支える大きな力となったことはいうまでもありません。

丸森町を中心に、この地方で猫神様の石碑が作られるようになったのは、東北地方でも養蚕業が盛んになり、鼠との戦いが深刻化したという歴史的背景があるようです。

丹念に育て上げた「お蚕様」の繭を破って台無しにしてしまう鼠を退治してくれるありがたいお猫様は、やがて猫神様として祀られるようになりました。本物の猫のみならず、猫神様にすがることで、鼠害を防ぐことが祈念されたのです。

確認できる丸森町最古の猫神碑は文化7年(1810)の年号が刻まれたもので、最も新しいものは昭和8年(1933)。その間、120年あまり。猫神様の歴史は、この地域の人々の生活の歴史でもあるのです。

前肢を前に大きく出した西円寺境内の猫神様(慶応3年)

ちなみに、昭和49年にまとめられた竹内利美著『日本の民俗4 宮城』によると、この地方では蛇のことを「オネコサマ(御猫様)」と呼んでいたそう。蛇も鼠を捕らえてくれるありがたい動物ですが、わざわざ「猫」と呼ぶことから、養蚕が盛んだった時代、この地域の人々がどれほど猫を頼みにし、大切に思っていたかが伺えます。

「オネコサマ」と呼ばれた蛇の石碑と一緒に大平山神社境内に並ぶ猫神様

夏休みも半ば。家族で猫神様を探しに丸森町まで足を伸ばしてみてはでしょうか。日本の殖産興業の礎となった養蚕の歴史と猫信仰の在りし日を垣間見ることができます。

見つけるのが難しい場所に安置されていることが多く、だからこそ、見つけた時の喜びもひとしお。もしかしたら、未確認の貴重な猫神様の発見!も期待できるかもしれません。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> http://bluebuffalo.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  2. うちの猫がハゲに!? 猫の「毛むしり」原因と対策を専門家に聞いた…
  3. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  4. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  5. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
PAGE TOP