日本人女性が閉経する年齢は平均で50.4歳といわれ、閉経の前後5年間ずつの合計10年間が「更年期」にあたります。女性の体は「エストロゲン」という女性ホルモンに守られていますが、年齢とともにその分泌量が減ることで、体が変化し、不眠、イライラ、ホットフラッシュなど、さまざまな症状があらわれます。

今は更年期に関する情報がたくさんあり、「更年期は45歳くらいから気をつければいい」と思っている女性は少なくないのではないでしょうか? しかし、エストロゲンの分泌量は30代後半からゆるやかに減少していきます。

閉経年齢の平均値は50.4歳ですが、40代で閉経する人もいます。そのため、40歳になったら「ビフォア更年期」として、更年期に入る心の準備をしておいたほうがいいそうです。

そこで、「すべての女性によりよい未来を」をモットーに、女性の体の仕組みをわかりやすく伝えている産婦人科専門医・高尾美穂先生の著書『いちばん親切な更年期の教科書』から、40歳から始める更年期の心構えについて学んでいきましょう。

月経不順、疲れや老化を感じはじめたら

更年期がいつはじまったのかは、閉経したときから逆算してわかります。つまり閉経しない限り、更年期のスタートがいつなのかはっきりしません。ですから、閉経していなくても、 40歳を過ぎたら「もう更年期に入っているかな」「更年期の不調もあり得るかも?」と考えて準備しておくことが大切です。

更年期に入っていることを示すもっともわかりやすいサインは、月経周期の乱れです。それまではきちんときていた月経が、何カ月もこなかったり、次の月経が半月程度できたりするほか、経血量が以前より減った、あるいは増えた、長引く、短期で終わるなど、現れ方はさまざまです。

そのほか、肩こりや腰痛、不眠、イライラ、うつ状態、ホットフラッシュ、冷えなど、訴える症状は多岐にわたり、個人差が大きいのが特徴です。

主な更年期の不調と閉経年齢
出典『いちばん親切な更年期の教科書【閉経完全マニュアル】』より

更年期症状を引き起こす要因とは

更年期症状は体に現れる症状とメンタルに現れる症状に大別できます。
これらは白髪や老眼、抜け毛や薄毛など、加齢からくる症状と同時に感じやすく、身体症状としてとくに多いのが、ホットフラッシュというのぼせやほてりです。急に顔がカーッと熱くなり、汗が大量に出て止まらなくなったりします。これは女性ホルモンの乱れによって自律神経のコントロールがうまくいかなくなり、血管の収縮と拡張を調節する機能が阻害されることが原因です。

そのほか、イライラや神経過敏、うつ状態などメンタルの不調に悩む人も少なくありません。こうした症状が起こりやすいのは、更年期という年代にあります。

女性の40代は、ある程度の経験を重ねてきた人生の成熟期。結婚や育児、仕事など、脇目も振らずひたすら全力で走ってきた人生の折り返し地点にある年代です。そんな人生の曲がり角には、当然環境の変化も伴います。

たとえば、子育てに奮闘してきたけれど、子どもが思春期に差しかかって反抗期を迎えたり、成長した子どもが就職や結婚で自立し、夫婦二人だけの生活になったりするなど、家族関係に大きな変化が生じます。あるいは、独身で順調にキャリアを積み重ねてきたけれど、体力が衰えてこれまでのような頑張りがきかなくなったり、転職や配置転換などによる環境の変化にとまどったりする人もいるでしょう。

さらには、昨今の晩婚・晩産化で、 40代での出産もめずらしくありません。体は更年期で体力が低下しているのに、育児はフル稼働という人も少なくないでしょう。 年齢とともに性交渉の頻度が少なくなり、パートナーから女性として見てもらえないと感じるなど、喪失体験をするケースもあるでしょう。

つまり、身体的な変化とともに、環境の変動が起こりやすい時期であることが、更年期症状を引き起こす主な要因なのです。 このように年齢的に不調が起こりやすい状況にあっても、さまざまな対策があります。 生活習慣の工夫やセルフケア、婦人科治療などです。

ちなみに、私がたくさんの女性と接して感じていることは、女性はあまりにも頑張り屋さんが多いということです。真面目で一生懸命で、家族のため親のためなど、自分以外の人のために役に立ちたいという自己犠牲型の人は、更年期症状が強くなりがちです。

更年期はいままでの人生を振り返り、体調や人間関係の状態を確認する棚卸しの時期。 ていねいに自分の体と向き合い、ケアしましょう。

* * *

40代の女性は、子育て、仕事、介護など、さまざまな役割を担い、体の声を聞かずにがんばってしまう人が多いのではないでしょうか。がんばった結果、更年期症状が強くなり苦しむのではつらすぎますね。40歳からは自分の身体の変化に気を配り、早めに対処してあげましょう。

『いちばん親切な更年期の教科書 閉経完全マニュアル』
世界文化社
定価1760円

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

高尾美穂(たかお・みほ)
産婦人科医。女性のための総合ヘルスクリニック イーク表参道副委員。医学博士。スポーツドクター。ヨガドクター。東京慈恵会医科大学大学院修了。同大学付属病院産婦人科助教をへて2013年より現職。「すべての女性によりよい未来を」をモットーに、医療・ヨガ・スポーツの3つの活動を通じ、専門的な知識をわかりやすく啓発活動に精力的に取り組む。高いプロ意識とソフトで親しみやすいキャラクターが評判となり、テレビや雑誌、イベントなどで幅広く活躍中。著書に『超かんたんヨガで若返りが止まらない』(世界文化社)がある。 YouTube「高尾美穂からのリアルボイス」を毎日更新し、女性の健康のみならず、よりよく生きるためのヒントを届けている。

人気のキーワード

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品