季節の変わり目で体調を崩していませんか?
「今日は食欲がないな…」という日があれば、それは体調不良のサインかもしれません。
そんなときは、食べやすい冷たい麺などをとってしまいがちですが、実は冷たいものは胃腸の負担になり、体調不良が加速してしまう場合も。
食欲がないときこそ、温かく消化のいいものを食べるのがおすすめです。

また、自宅療養時などにも活用できるように、レトルトやコンビニで買える食材でのアレンジレシピも加えました。
胃腸に負担をかけにくいもの、少しでも口にしやすいものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

「なんとなくだるい」「食欲がない」のは疲れのサインかも!

季節の変わり目は、なんとなくだるい、食欲がないという状態になりがち。
冷たい飲み物・食べ物ばかりをとってしまうと、消化する際に胃腸に負担がかかったり、胃が荒れたりすることがあります。
これが続くと、暑さがひと段落した今の時期に胃腸に疲れがきてしまいます。

「胃腸が疲れ気味かも?」というときは、冷たいものより、温かいものがおすすめ。
簡単に作れるおかゆ・うどんレシピを紹介します。

疲れた胃にやさしい「おかゆ」のレシピ

おかゆは長時間煮込むことによって、米粒の繊維が壊され、消化しやすくなります。
胃腸にやさしいおかゆは、疲れているときにぴったり。
今回は米から、またはご飯から作る基本のおかゆとともに、時間がないときに便利な市販品やスープジャーを使ったレシピもご紹介!
季節の変わり目で疲れているときに、ぜひ試してみてください。

米から作るおかゆ

米のほのかな甘みが口に広がる、シンプルなおかゆ。
お米を洗って水気を切り、水と一緒に鍋に入れてコトコト煮て、25分ほどしたら出来上がり。
とろりとやさしい口当たりに仕上がります。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/16291

ご飯から作る 白粥

別名「入れ粥」とも呼ばれる、炊いたご飯と水で作る粥です。
地方によっては「おじや」や「おねば」とも呼ばれ、古くから身近にあった食べものです。
鍋に水を沸かし、ご飯を加えて時々混ぜながら10分ほど煮るだけ。
生米から炊く粥よりも簡単で手早くでき、口当たりは粘りけが強くて、あっさりとした風味です。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/11527

スープジャーで作るおかゆ

作ってすぐに食べられない時や、お弁当など持ち運びにも便利。
温かいご飯と熱湯を用意し、スープジャーに入れて1時間ほど置けば完成。
朝仕込んでおけば、ランチタイムに食べられるので便利です。
熱湯を用意したあとは火を使わないので、緊急時にも役立ちます。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/16304

レトルトおかゆの温玉のせ

料理をするのがつらいときは、コンビニでも買える市販品に頼りましょう。
表示通りにおかゆを温めたら、市販の温泉卵をのせます。
手軽に消化のよい、たんぱく質が補給できますよ。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/16308

あったかい「うどん」のレシピ

食欲がないときに、のどごしのいい麺類を選ぶことがあると思います。
そんなときは「そば」ではなく、あたたかなうどんを選んでみてはどうでしょう?
そばは食物繊維が多いので、胃腸が疲れているときは消化不良を起こすことがあるかもしれません。

うどんはしっかりと噛むことで、消化器への負担軽減に。
涼しくて体が冷えたときにも、温かいうどんでほっとひと息ついてみてください。

しょうが風味のあんかけうどん

手軽にできる、冷凍うどんで作るうどんです。
冷凍うどんは電子レンジで加熱する方法と、鍋にお湯を沸かして加熱する方法があります。
どちらか好きな方でパッケージの表示通りに加熱します。
だし汁、しょうが、しょうゆ、みりん、塩を鍋に入れ、中火にかけて煮立ったら火を止めます。
水溶き片栗粉を加えたら再び火にかけ、とろみがついたらスープが完成。
器に盛ったうどんにかけて、しょうがをのせて出来上がりです。
温かいだしとそのおいしさが、体にしみ渡ります。
あわてず少しずつ、よく噛んで、ゆっくり食べるようにしてくださいね。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/11530

かきたまうどん

ゆでうどんと卵を使ったやさしい味のうどんです。
卵は消化がよくなるよう、半熟に仕上げるのがコツ。
めんつゆと水を鍋に入れて火にかけ、煮たったらゆでうどんを加えて5分ほど煮ます。
わりほぐした卵を鍋に回し入れ、半熟状に固まったら出来上がりです。
詳しいレシピはこちら:https://oishi-kenko.com/recipes/16309

おかゆ・うどんのレシピをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ。
https://articles.oishi-kenko.com/komatta/

食欲が戻ってきたら

消化の良いものを食べて、胃腸を休めて体調が戻ってきたら、栄養バランスの整った食事を積極的にとりましょう。
おすすめなのは、ビタミンB1やたんぱく質をとること。
ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わるのをサポートしてくれます。
これが不足すると糖質の代謝が低下し、乳酸などの疲労物質が体内に溜まって、疲れやすくなることも。
また、たんぱく質は体づくりのうえで重要な栄養素となります。

通常通りに食欲が戻ったら、これらがとれる豚肉やにんにく、納豆、うなぎなどを使った料理を食べるのもいいでしょう。

編集/おいしい健康編集部
監修/おいしい健康管理栄養士

株式会社おいしい健康
「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、ITを活用したヘルスケア事業や生活メディア事業を展開しています。主なサービスとして、病気の予防・管理、ダイエットなどを目的とした管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成サービス「おいしい健康」を運営。社内には、サービスの監修や向上にあたる管理栄養士が複数在籍しており、食や健康に関する情報をエビデンスに基づき正確にわかりやすく発信しています。

おいしい健康:https://oishi-kenko.com/

人気のキーワード

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品