新着記事

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

姫路産の白いなめし革は、その軽さとしなやかさ、強靭さから戦国武将の馬具や武具に使われていたが…

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

文・写真/ミッチー田中(海外書き人クラブ/ニュージーランド在住ライター)「ニュージーランドといえ…

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

緑内障は高齢になるとともに発症率が高くなり、中途失明の原因の1位です※。 また、かなり進行す…

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  PRについての記事一覧

  1.  

    そりゃいいね!スマホ遣いの古今亭志ん輔さんが「auピタットプラン」に驚いた[PR]

         

    正解よりも、会話の面白さを楽しむ楽屋でのやり取り今年は異常気象と言われる猛暑。けれど、暦の上ではすでに秋を迎えている。落語家の古今亭志ん輔さん(64歳)は、季節の言葉に纏わる、こんな話をしてくれた。「(噺家の控室である)…

  2.  

    『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

         

    素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

  3.  

    魅惑の“高純度”ポリネシア!至福のクック諸島 – 楽園で子どもに還る夏休み[PR]

         

    毎年12万人もの欧米人が訪れるものの、まだ日本人にはあまり知られていないクック諸島。美しい海辺でのん…

  4.  

    『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その2 】[PR]

         

    素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

  5.  

    『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その1 】[PR]

         

    素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

  6.  

    太古への旅!カカドゥ国立公園でアボリジニ壁画を観賞する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

         

    文・写真(一部)/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)ドラえもんのタイムマシンではないが、実際に…

  7.  

    巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

         

    文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

  8.  

    グッドイヤーの新タイヤ「コンフォート」で安全快適な運転を楽しむ【石川真禧照の名車を利く 特別編】[PR]

         

    取材・文/石川真禧照(自動車生活探険家)車の先進技術と同様に、タイヤも日々進化を遂げている。…

  9.  

    リクルートが発表した日本社会の近未来を予測する8つのキーワード[PR]

         

    急速に少子高齢化が進み、人口動態についても産業構造についても変化のスピードを速め…

  10.  

    大自然の桃源郷「カカドゥ国立公園」で野鳥観察を堪能する【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

         

    文・写真(一部)/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)オーストラリアのノーザンテリトリー(北部準…

  11.  

    JTBの豪華バス「ロイヤルロード・プレミアム」でゆとりの大人旅を楽しむ[PR]

         

    文/編集部旅につきものの移動。とくに重い荷物を抱えての乗り換えや徒歩移動は、大人世代の旅人に…

  12.  

    カシオの電子辞書 EX-word(エクスワード)|知るほどに知識欲が湧く電子辞書[PR]

         

    電子辞書が目覚ましい進化を遂げている。辞書の枠を超えた高機能な機種が登場する中、カシオの最新機種『エ…

  13.  

    日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

         

    江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境…

  14.  

    積水ハウスの鉄骨3,4階立て「ビエナ」|自在な間取りと空間づくりで次世代に継ぐ快適を[PR]

         

    都市部に暮らすサライ世代にとって「貴重な土地を次世代にどう残すか」は気になるところ。そんな問…

  15.  

    東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[PR]

         

    取材・文/関屋淳子地より湧き出でる湯の温もりが恋しくなり、「そうだ、温泉いこう!」と思い立っ…

  16.  

    「リバースモーゲージ型住宅ローン」で老後のお金と住まいの悩みを一気に解消[PR]

         

    文/中山遥希定年を迎えて自由に使える時間ができたら、老後のくらしをもっと豊かにすべく…

  17.  

    粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR]

         

    突然ですが、あなたの“骨”は健康でしょうか?人間の骨密度(こつみつど、骨の強度)は、…

  18.  

    春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

         

    文/一乗谷かおり奈良の春日大社に、猫好きがほっこりさせられる宝物があります。国宝に指定されて…

  19.  

    滋味深き琉球料理!冬の沖縄で味わいたい旬の味覚案内【冬の沖縄おとな旅】[PR]

         

    取材・文/鳥居美砂(那覇在住)常夏のように思われがちな沖縄にも四季があります。10月…

  20.  

    冬の日本の風物詩だった「竈猫(かまどねこ)」って何だ?【にゃんこサライ特別編8】[PR]

         

    文/一乗谷かおり「結構毛だらけ猫灰だらけ」といえば、ご存知、フーテンの寅さんの口上ですが、語…

  21.  

    TOTO『サザナ』|手入れしやすさと高級感を合わせ持つ水回り[PR]

         

    使い勝手のよい水まわりは快適な暮らしに欠かせない要素のひとつ。掃除の負担を減らす手入れのしやすさに加…

  22.  

    意外と行きやすい!絶海の孤島イースター島にモアイ像を見に行く[PR]

         

    モアイ像が佇ずむイースター島。ポリネシアの東の果てにある絶海の孤島は、日本から訪れるにはあまりに遠い…

  23.  

    猫を腰砕けにする魔法の媚薬「またたび」の正体【にゃんこサライ特別編7】[PR]

         

    文/一乗谷かおり「猫にまたたび」ということわざがあります。大好きなもの、あるいは誘う…

  24.  

    世界遺産にも登録!楽園タヒチにポリネシア最大の宗教遺跡を訪ねる[PR]

         

    今年7月、南太平洋に新たな世界文化遺産が登録された。フランス領ポリネシア、ライアテア島の宗教…

  25.  

    江戸の「化け猫」はなぜ行燈の油を舐めたのか?【にゃんこサライ特別編6】[PR]

         

    文/一乗谷かおり猫が日本にやってきたのは、奈良時代から平安時代にかけてのこと。中国大陸などか…

  26.  

    “猫神様の町”で「猫碑」巡りを楽しむ【にゃんこサライ特別編5】[PR]

         

    文/一乗谷かおり宮城県に「猫神様」の町があるということを知ったのは数年前のこと。すぐ…

  27.  

    殻はいいけど食べちゃダメ!江戸時代の猫とアワビの因果な関係【にゃんこサライ特別編4】[PR]

         

    文/一乗谷かおり猫を描いた江戸時代の浮世絵を見ていると、何故かアワビの貝殻が頻繁に登場します…

  28.  

    鬼か?神か?日本人の信仰にみる「猫の正体」とは 【にゃんこサライ特別編3】[PR]

         

    文/一乗谷かおりここに、一枚の絵があります。『童子経曼陀羅』といって、小児の命を守り寿を祈願…

  29.  

    魚好きな日本の猫が「一番好きな魚」とは何か【にゃんこサライ特別編2】[PR]

         

    文/一乗谷かおり「猫の好物は鰹節」というのは、昔から日本ではいわば「常識」でした。江…

  30.  

    平安時代の猫好き天皇が愛猫に与えた「乳粥」を再現してみた【にゃんこサライ特別編1】[PR]

         

    文/一乗谷かおり猫飼いにとって必須のキャットフード。今ではペットショップに行かなくて…

PAGE TOP