新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

文/一乗谷かおり

奈良の春日大社に、猫好きがほっこりさせられる宝物があります。国宝に指定されている『金地螺鈿毛抜形太刀』(きんじらでんけぬきがたたち)です。

昭和5年に行われた第五十六次の「式年造替」(しきねんぞうたい。20年に一度、4棟の御本殿などの修繕・新調を行う祭礼)の時に御本殿第二殿から撤下されたもので、およそ900年前の平安時代に、当時の技術の粋を集めて制作・奉納された太刀です。

平安時代の技術の粋を集めて作られた国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」(春日大社蔵)。全長96.3cm。

佩裏にも竹林で雀を狙う猫の様子が3連続の場面転換で描かれているが、その姿は表面とは若干異なる。

昨年行われた第六十次となる式年造替では、この太刀が新調され、新たな御神宝として、神様が還御された神殿内に納められました。

*  *  *

さて、この国宝の太刀のどこが猫好き必見かといいますと、鞘に施された螺鈿の装飾です。竹林に群がる雀を猫が狙う構図が、事細かに螺鈿で表現されているのです。


金地螺鈿毛抜形太刀表猫 鞘の表面に施された猫の螺鈿細工。雀にこっそりと近づき、瞬発力で飛び掛かり、仕留めて咥えている様子は生き生きとしている。

漆地に金粉を蒔き詰めた鞘に、夜光貝を切り抜いてはめ込んだ螺鈿細工で描かれた猫と雀。薄い貝の表面に毛彫りを施すことで、猫の毛を細かく描写。高貴な人の飼い猫がモデルだったのでしょうか。首には発色の違う別の貝をはめ込んで首輪を描いています。

猫の黒斑模様は青ガラスを、猫の目の白目に貝を使い、黒目にはガラス玉を使用。眼尻にもガラスがはめ込まれ、猫の瞳の微妙な光加減をも再現しています。そのこだわり具合には執念すら感じられます。

国宝『金地螺鈿毛抜形太刀』は、こうした細部の螺鈿細工の技巧から、日本の螺鈿表現の最高傑作と謳われる名品中の名品なのです。


金地螺鈿毛抜形太刀裏 佩裏では、狙った雀に飛びかかって一度は捕えたものの、逃がしてしまい振り返っている猫が表されているようにも見える。

そもそも、竹林などで猫が雀を追うモチーフは、中国の北宋時代頃からよく描かれるようになり、日本にも輸入された図様のひとつでした。その多くは絵画作品であり、また猫がじっと固まって雀を目で追う姿の一面的な構図となっています。

ところが、春日大社の国宝の太刀では、ひと振りの鞘の細い表面に、1匹の同じ猫が「狙う」「追う」「捕える」の3つの行動を連続的に起こしている様子が描写されているところがおもしろいのです。裏面にも同様の図案で3連続の猫の姿が描かれています。

猫はじっとしていてももちろんかわいい動物です。でも、それだけじゃない。生き生きとした本物の猫が好きな人の「躍動感ある猫もぜひ見て欲しい!」「なんともしても動く猫を表現したい!」という願いが、場面転換を表現したこの太刀独特の図様を完成させたのかもしれません。

■猫好き貴族の執念で完成した名刀

では、そんな熱心な猫好きとは、どんな人だったのでしょうか。

宇多天皇に一条天皇、豊臣秀吉、篤姫、歌川国芳、夏目漱石、南方熊楠……歴史的人物の中にも名だたる猫好きは多くいましたが、春日大社に『金地螺鈿毛抜形太刀』が納められた900年ほどの前の人物で無類の猫好き、しかもこれほどの名刀を奉納できる実力者は限られているはず。

春日大社国宝殿の学芸員・渡邉亜祐香さんによると、奉納者は特定できていないものの、思い当たる人物はいるそう。

「確たる史料が発見されていないため断定はできませんが、もしかしたらその人は、春日大社とも深いつながりのある摂関家の有力者、藤原頼長(1120~1156)であった可能性が指摘されています」

藤原摂関家の氏長者として強い権力をにぎった藤原頼長(京都国立博物館蔵『公家列影図』より)。

頼長が保延2年(1136)から久寿2年(1155)に渡ってしたためた『台記』と呼ばれる日記の康治元年(1142)8月6日の条に、頼長が猫をいかに大事にしていたかが伺える記述があります。

〈僕少年養猫、猫有疾、即画千手像、祈之曰、請疾速除癒、又令猫満十歳、猫即平癒、至十歳死、裹衣、入櫃葬也〉
(子供の頃、飼っていた猫が病気になったため、千手像を描いて早く病気が治りますように、10歳まで生き永らえますようにと祈願した。すると猫の病気は治り、猫は10歳で亡くなった。亡骸は衣に包んで櫃に入れて葬った)

その苛烈な政治ゆえに「悪左府」とも呼ばれた頼長でしたが、猫への愛情は人一倍であったことがわかります。妥協を許さない性格だった頼長だからこそ、細部にまで徹底してこだわり、猫の猫らしい動きを追求した描写の太刀を作らせたのでしょう。そしてその太刀を、崇敬する春日の神様にご奉納したのではないか。そんな気がしてなりません。

*  *  *

さてその太刀『金地螺鈿毛抜形太刀』ですが、直近ですと、今年12月22日から境内の国宝殿で開催される「春日大社御創建1250年記念展Ⅰ 伝説の名刀たち」で公開されるため、間近に拝観することができます。

900年近く前の猫好き先輩の執念の一振り。当時の猫の躍動感ある愛くるしい様子をぜひ、春日大社国宝殿で拝観してみて下さい。いつの時代にも変わらない人間の猫愛が伝わってくるはずです。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> https://bluebuffalo.com/ja/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  2. うちの猫がハゲに!? 猫の「毛むしり」原因と対策を専門家に聞いた…
  3. なってからでは遅い!猫の歯周病予防に必要な「歯磨き習慣」導入のコ…
  4. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  5. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
PAGE TOP