新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

平安時代の猫好き天皇が愛猫に与えた「乳粥」を再現してみた【にゃんこサライ特別編1】[PR]

宇多天皇の愛猫は黒猫だった。『寛平御記』には、明るい所では細くなる猫の瞳孔の描写もあり、宇多天皇が細部にわたるまで猫を観察していたことが伺える。

文/一乗谷かおり

猫飼いにとって必須のキャットフード。今ではペットショップに行かなくても、スーパーなどで当たり前のように売られており、猫飼いにとってはありがたい時代になった。その歴史は存外新しく、初めてアメリカでキャットフードが作られたのは1960年代。日本で盛んに作られるようになったのは、1970年代になってからだ。

キャットフードが家庭に浸透したのはこの四半世紀で、それ以前は、猫の食事といえばご飯に鰹節をまぶしたものだとか、焼き魚、味噌汁など人間の食べ物のあまりを混ぜたいわゆる「猫まんま」だった。

今となっては、「そんな塩分の高いものを愛猫に食べさせるなんて!」と思ってしまうが、日本の猫たちは歴史を通して、どんなものを食べていたのだろうか。気になって猫の食べ物の歴史を紐解いてみた。

*  *  *

日本人と猫との出会いは、遺跡からの出土品からおよそ2100年前に遡るといわれている。その後、奈良時代から平安時代にかけて、仏教の経典を運ぶ船に乗って、猫が日本に本格的に連れてこられた。大切な経典をかじるネズミを退治する重要な任務を担っていたのだ。

渡来した猫たちは「唐猫」と呼ばれ、希少な愛玩動物として貴族の間で飼われるようになっていった。

清少納言の『枕草子』や紫式部の『源氏物語』など、錚々たる平安文学にも猫が登場するが、特に名高い平安の猫飼いといえば、第五十九代の天皇、宇多天皇である。その宇多天皇がしたためた日記に、1100年以上前の猫の食べ物が記されていた。

宇多天皇は20歳で即位し、10年の在位の間、治世を敷いた。難しい時世の舵取りをしたその傍らには、愛する黒猫がいた。画像は退位後の宇多法皇像(仁和寺蔵)

■宇多天皇による元祖「愛猫日記」とは

宇多天皇がその治世の間、書き続けていた『寛平御記』と呼ばれる日記の、寛平元年二月六日(十二月の誤記とも)の条に、天皇が愛育していた猫について事細かに記されている。この条は、漢文で記された日本初の猫の飼育日記、というより愛猫自慢日記だ。

『寛平御記』の猫の条は、室町時代に四辻善成が纏めた『源氏物語』の注釈書『河海抄』の中で紹介されている。(『河海抄』写本、国立国会図書館蔵)

宇多天皇がこの日記を書いたのは22歳の時。日記には、父帝の光孝天皇から譲り受けて5年、黒猫を寵愛しているとあるので、17歳の頃から大事に飼っていたことが分かる。

日記の描写から、天皇の愛猫は他のどの黒猫よりも美しい墨のように黒い猫で、しなやかな体は長さ一尺五寸(約45センチ)、高さは六寸(約18センチ。一般的な猫の体高は現代の測定で約30センチであるため、おそらく測り方が違ったのだろう)。「丸くなった姿は黒い宝玉、歩く姿は雲の上を渡る龍のごとし」「他のどの猫よりもネズミ捕りが上手」とべた褒めだ。

「心身ともに備わっているお前は、きっと私のこともよくわかっているね」と語りかけたことまで記されており、若き宇多天皇にとって愛猫が心の友でもあったことが伝わってくる。惜しむらくは、愛猫の名前が記されていないこと。失われてしまった日記のどこかに記されていたのかもしれないが、少なくとも伝えられているこの条にはその名は見当たらない。

■平安時代の猫ごはん「乳粥」の正体とは?

さて、宇多天皇はこの愛猫日記に、ちゃんと猫のごはんについても書いてくれていた。「毎旦給之以乳粥(毎旦、乳粥を以て之に給ふ)」とあり、乳粥なる食べ物を御自ら与えていたことがわかる。字面から「ミルク粥」かと思ったが、調べてみると、どうも違うらしい。

読み方は「にうのかゆ」で、平安時代中期に編纂された辞書『倭名類聚抄』に掲載されている「酪」、和名「迩宇能可遊(にうのかゆ)」と同じもののようだ。

中国の文献や江戸時代に編まれた『和漢三才図会』などから、「酪」は乳をかき混ぜながらゆっくり温め、容器に移し、表面の膜を取り除き、古い(もともとある)「酪」を加えて混ぜ、保存したものであるという。古い酪(種菌)を加えることから、おそらくヨーグルトのようなものであったと考えられる。

乳製品は当時、滋養の高い薬のように考えられていた。日本人は奈良時代から様々な乳の加工品を食べていたが、平安時代には乳牛院とよばれる生乳を供御する機関まであり、安定的に乳が朝廷に供給されていた。その大事な乳の加工品を、宇多天皇は愛猫に与えていたわけだ。

文献をもとに乳粥を作ってみた。少しどろっとした、牛乳とヨーグルトの中間くらいのものができたが、我が家の黒猫は見向きもしてくれなかった。

しかし、ヨーグルトだけで猫は満足するものだろうか。確かに、我が家の黒猫もヨーグルトは大好きだ(飼い主が食べているのを欲しがるが、脂肪分や糖分が多いものは与えないようにしている)。しかし、本来は肉食動物である猫だから、ヨーグルトだけというわけにはいかなかったはずだ。

宇多天皇が御自ら愛猫に乳粥を与えていたのは「毎旦」、つまり毎朝。他の時間帯の猫の食事は、お世話係が適宜与えていたのかもしれない。あるいは、ネズミを捕るのが上手とのことから、猫が自給していた可能性も考えられる。乳粥はもしかしたら、愛猫に長生きしてもらいたくて与えていた特別なおやつだったのかもしれない。

天皇によると、毛艶は抜群に良かったようなので、健康状態も良かったのだろう(天皇いわく、体の動きと呼吸法を合わせて全身の気の流れを良くする「導引術の気法」を猫が用いているためだそう)。

天皇の寵愛を受け、美味しい乳粥をもらって、のびのびと内裏で過ごしていた黒猫。さぞ、幸せだったに違いない。

文/一乗谷かおり

※犬や猫に関する様々な情報を発信しているWebサイト「ペットゥモロー」にて、話題の自然派ペットフード「ブルーバッファロー」製品が抽選で当たるアンケートを実施中。下記特設サイトよりご応募ください!
↓↓↓
http://petomorrow.jp/tag/ブルーバッファロー

※ブルーバッファロー公式サイトはこちら>> http://bluebuffalo.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ
  2. 毛色がヒント!猫の性格を見極められる方法が実験で判明
  3. 猫好き文士にちなんだ猫まみれの写真展《大佛次郎×ねこ写真展201…
  4. 猫のヒゲを切るとどうなってしまうのか?猫博士に聞いてみた
  5. もう手を焼かない!愛猫を簡単にキャリーバッグに入れる方法
PAGE TOP