広縁は『程々の家』の特徴のひとつ。石川邸ではご主人が製作した石窯やバーベキュー台が置かれ、家族や仲間と憩う大切な場だ。
『程々の家』の象徴である軒を低く伸ばした甲羅屋根を備える。玄関へのスロープは両親のため、特別に注文。

静岡県の山間を流れる気田川沿い、豊かな自然のなかにあるのが2005年竣工の『程々の家』だ。この家に暮らすのは結婚29年目の石川裕次郎さん、則子さんご夫妻。ともに48歳で、昨年、二人目の子どもが巣立ち、改めて夫婦二人暮らしが始まったという。

パンフレットで一目惚れ

カナダの山奥にあるようなログハウスに憧れていた石川さんご夫妻。17年前のある日、『程々の家』のパンフレットを目にする。

「ジャパネスク(日本風)という言葉が添えられて、『こういうログハウスもあるのか』という驚きと同時に、日本の風景との一体感に納得も覚えて、二人とも一瞬で心を奪われました」と裕次郎さんは振り返る。結局、実物を見ることなく、購入を決定したという。

建築にあたり、湿気防止のために基礎を20cm高く設計。これにより広縁下は絶好の薪置き場となった。また両親の来訪時に不自由がないようスロープを装備した。

居間の窓には建具職人である知人特製の格子戸を取り付けた。格子戸は1段ごとに取り外しできるはめ込み式の障子が付いている。

また予定地には築200年超の古民家が立っていたそうだが、長きにわたる経年で見事に変化した支柱や自在鉤などを譲り受け、居間に装飾として活かしている。

家が“自由”をもたらす

『程々の家』で暮らし始めて、裕次郎さんにはパンを焼くという趣味ができた。二人の子どもたちは焼きたてのパンを食べて登校した。そんな背中を見送りながら、もっと美味しいパンを求めるうちに窯づくりに目覚めたという。そして試行錯誤を重ねて独自の窯を開発し特許も取得。こうした創作意欲をもたらす最大の要因が、この家での暮らしにあると裕次郎さん。

「この家の良さは手を入れる余地が残されていること。そして家も手を加えられることを嫌がらない。“未完成”さが、僕の心に自由をくれていると感じます」

石川裕次郎さんと則子さん。左後ろの樽の上にある窯は、裕次郎さんが考案、特許を取得した携帯石窯「伊炉裏(いろり)」。

住み始めてから手を入れ続けているが、いまだに“次”が見つかる。ゆえに「家を使いこなしていると実感し、暮らすほどに家との関係が深まっている」と二人は感じている。子どもの巣立ちと同時に2階の彼らの部屋を整理して、仕事部屋に変更。家中を使いこなしてやろうという気概が見えてくる。

台所と広縁をつなぐ窓には食器棚を活用した簡単に取り外せる天板を備える。ここからの景色を眺めながら、一息入れるのがご夫妻の楽しみ。

夫婦二人になっても、家族の歴史は居間の床に残る。家族が何度も行き来した無垢の床材は時間とともに磨かれて、いまや陽の光を浴びて艶やかな表情を見せる。キズも味わいのうちと「特別な手入れはしていません」と則子さん。古民家から移した部材とも馴染み、石川邸の一部となっている。

「しなやかで威張らず、さり気ないのに格好いい、そんな“和”の味わいが『程々の家』に“程々”にある。その絶妙な塩梅がいいですね」と二人は笑顔を見せた。

居間を囲む2面の大型窓の格子戸は建具職人である知人に製作してもらったもの。障子が段ごとに取り外せる仕様になっている。

「程々の家」 をもっと知りたい

『程々の家』を始め、BESSの家の暮らしを体験できる住宅展示場『LOGWAY(ログウェイ)』は全国40か所。自由に何時間でも納得いくまで過ごすことができる。ホームページでは、BESSの暮らしへの思い、BESSに暮らしている方の体験談を読むことができる。

問い合わせ先/「住む」より「楽しむ」BESSの家 電話:03-3462-7000  https://www.bess.jp/

サライ最新号
2022年
10月号

サライ最新号

人気のキーワード

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品