新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

住まい

空の広がりを感じながら三世代が気持ちよく過ごす家|積水ハウスの重量鉄骨3・4階建て『ビエナ』[PR]

3・4階建てで他世代同居が可能な積水ハウスの「ビエナ」。通し柱がないので、世代ごとのニーズに合わせた心地よい間取りを実現できる。

「自分も両親、祖父母、曾祖母とともに四世代で暮らしていたので、二人の子供たちも祖父母と過ごす時間を持ってほしいと考えていました」と施主のMさん。下の子の小学校入学をきっかけに二世帯住宅を新築した。多世帯が快適に暮らすためには各世帯のライフスタイルや感性に合った住空間であることが大切だが、そのために選んだのが積水ハウスの『ビエナ』だ。

2階のリビングは27.5畳もの大空間を実現。また吹き抜けにより、3階の窓からの光が隅々まで届く。

『ビエナ』には独自開発の「フレキシブルβシステム」が採用されるが、最大の特徴は上下階を貫く通し柱がなく、各回で柱位置を自由に設定できること。そのため間取りや天井高、窓サイズの自由度は高く、M邸でも親世帯と子世帯で全く違った間取りを実現している。

2階と3階をつなぐ吹き抜け部分に階段を備える。

また1階にはリビングとつながるウッドデッキを、2・3階には大きな窓や広々としたバルコニーを備え、各階で自然とのつながりや空の広がりが感じられるのもM邸の魅力のひとつだ。

3階は子ども用リビングルームを置き、テラスとひと続きとした。広々とした空と眺望が楽しめる。

「子どもたちは学校から戻ると、1階の祖父母のところに一目散。両親と一緒におやつを楽しんでいます」とMさん。家族全員が大満足の2世帯住宅である。

●問い合わせ先/積水ハウス
フリーコール 0120-310-137(9:00~18:00/土日・祝日を除く)
http://sekisuihouse.co.jp/se

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP