新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧照の名車を利く 特別編】[PR]

取材・文/石川真禧照(自動車生活探険家)

見知らぬ土地で新たな出会いや発見に心を躍らせる。人生に潤いを与える旅は車を使うことで自由度が増し、思い出深いものになる。秋のある日、三菱の小型SUVを駆って旅に出た。

車に乗って旅をする。旅支度に加え、カメラや画材など趣味の道具を積み込める。道中、名所旧跡や気になる店に気軽に立ち寄れるのもいい。電車やバスの時刻を気にせず自由に移動できると、旅の行動半径はぐっと広がる。地図やガイド本に載っていない美しい風景を発見したり、気に入った場所で好きなだけ時間を過ごせるのは、車の旅ならではの醍醐味だ。

初秋のある日、千葉の房総半島へ車を走らせた。自然豊かな房総半島は山海の幸が豊富で、絶景や温泉も点在する。半島を縦断する高速道路が整備され、広い駐車場のある施設も多く、車で巡るのにふさわしい地域のひとつといえる。

旅の伴に選んだのは、躍動感溢れる造形が美しい三菱の新型SUVエクリプス クロス。車高と前席の着座位置が高いので視界がよく、小型車であることを感じさせない室内空間の広さも魅力である。長時間の運転でも疲れない。

クーペを思わせる流麗な車体デザインと、尾灯に向かって切れ上がる深いラインが印象的。深みのある赤が南房総の白砂に映える。

かつて三菱は、ラリーと呼ばれる荒地や砂漠での耐久競技に長年参戦し、勝利を重ねた。その経験で培つちかった技術に磨きをかけて、エクリプス クロスに投入した。

前後輪への駆動力の配分やブレーキ制御などを統合した、最新の車両運転統合制御システムがもたらす走行性能は極めて高い。千葉の木更津へと続く海上の高速道路、東京湾アクアラインでは、強風の中でもハンドルを軽く握っているだけで、ふらつくことなく直進していく。それは館山自動車道に入ってからも同じだった。

房総半島の山やま間あいの道を走り抜ける。1.5ℓのガソリン直噴ターボエンジンは、低回転から力強いトルクを発生し車体を引っ張る。

上級セダンのような洗練されたデザインの前席。ナビゲーションやオーディオなどはスマートフォンと連携させて操作する。

館山道を南下し、県内有数の観光名所、鋸山(のこぎりやま)を目指す。良質な石材の産地として知られた同山は、山頂展望台からの眺望が素晴らしく、東京湾や伊豆大島も遠望できる。山頂に至る道は急勾配と急カーブが連続するが、1・5リットルターボエンジンは力強く、操舵に合わせて車体は素直に向きを変えるので、運転がじつに楽だ。

鋸のこぎりやま山の山頂展望台にある、岩が突き出たような「地獄のぞき」。ここに立つと東京湾や房総半島、富士山が一望できる。

半島中央部の山間地帯を抜け、勝浦市にある本日の宿『翠海(すいかい)』に到着。都合5時間以上運転をしたが、優れた走行性能のおかげで疲れをまったく感じなかった。

海を見下ろす高台に立つ和モダンな宿『翠海』の車寄せにて。クロームメッキとつり上がったヘッドライトが表情を引き締める。

全15室(8タイプ)ある客室から、写真は檜ひのき風呂と10㎡のバルコニーを備える50㎡の和洋室「海」。●翠海 千葉県勝浦市興おき津つ 久保山台1990 電話0470・64・6811 1泊2食付き平日ひとり1万8000円~(1室2名~、税別)

『翠海』の夕食の献立から、房総沖で水揚げされた金きん目め 鯛だいの煮付け。そのほか厳選された旬の魚介や野菜を使った懐石を個室で楽しめる。

翌日は早起きして、宿から北へ約20㎞の勝浦漁港の近くで開催される勝浦朝市へ。早朝6時から露天商が立ち並ぶ朝市への移動も、車があると非常に便利だ。

外房の海を見下ろす海岸沿いの小道をゆっくり走る。上下に2分割されているエクリプス クロスの後部窓も個性的なデザインに一役買っている。

400年以上の歴史をもつ勝浦朝市は、近海で獲れた新鮮な魚介や干物、地元農家が育てた野菜を求め、勝浦市民のみならず県外から訪れる観光客で賑にぎわう。車があれば荷物の多さを気にする必要がないので、美味なる食材を前に、つい財布の紐ひもが緩む。

新鮮な魚介や野菜を売る店が並ぶ勝浦朝市。写真は勝浦沖で釣り上げられたメバチマグロ。開催は6時~ 11時頃、水曜休み。勝浦市観光商工課 電話0470・73・664

朝市を満喫した後、外房の海うな原ばらを見に、ナビゲーションを頼りに海岸沿いの曲がりくねった小道へ車を進めた。しばらく走ると突然視界が開け、美しい海岸が眼下に広がった。車旅ならこんな予期せぬ絶景との出会いも増えるだろう。

同車のナビゲーションは、スマートフォンとの連携機能を使って常に最新の地図情報を液晶画面に表示する。渋滞などのドライブ情報を手軽に入手できるのも、長距離ドライブで非常に役立つ。

思いのままに運転できる心地よさと安心感。さらに実用性にも優れたエクリプス クロスは、日常生活を離れ、新しい発見の旅に挑戦したいと願うサライ世代に相応しい名車である。

三菱/エクリプス クロス4WD G プラスパッケージ

全長×全幅×全高:4405 × 1805 × 1685㎜
ホイールベース:2670㎜
車両重量:1550㎏エンジン:直列4気筒DOHC ターボ(1498㏄)
最高出力:150PS / 5500rpm
最大トルク:24.5kg-m / 2000 ~ 3500rpm
燃料消費率:14.0㎞/リットル(JC08 モード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン(60リットル)
乗車定員:5名
車両価格:286 万6000 円
問い合わせ先/三菱自動車お客さま相談センター 電話70120・324・860

※この記事は『サライ』本誌2018年12月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  2. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  3. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  4. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
  5. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
PAGE TOP