新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

未分類

足どり軽く旅を愉しむ!歩きやすさに徹したミズノのウォーキングシューズ【PR】

この秋、旅の計画を立てているサライ世代も多いことだろう。行き先の情報を集め、バッグや洋服などの装備を揃える旅支度も、旅の愉しみのひとつである。

そんな旅支度でとくに重要になるのがシューズだ。旅先では、ともかくよく歩く。名所巡りや散策を堪能して宿に帰れば、足が棒のようになっていることもある。だからこそ、秋の旅支度はまず足下から。歩きやすく疲れにくいシューズをしっかり選びたい。

例えば、古都・鎌倉(神奈川県)の名刹、北鎌倉の円覚寺の境内を歩くこの男性が履いているのは、ミズノの「LD40 Ⅳ」というシューズ。スポーツ用品メーカーとして定評のあるミズノの技術力を結集した高機能ウォーキングシューズである。

「歩きやすさ」を徹底的に追求したミズノの自信作で、多くのサライ世代に支持されてきたベストセラーの4代目にあたる。石畳や 砂利道などの路面をしっかりグリップし、快適な歩きを実現してくれるシューズだ。

旅先では思わず長距離を歩いてしまうものだが、このミズノのウォーキングシューズ「LD40Ⅳ」は前後の揺れが少なく、ブレを抑えた歩き心地を提供してくれる。

着地、体重移動、蹴り出しの一連の動作がスムーズ。身体の一部のようなフィット感が得られ、屈曲時(写真右足)もシワやアタリがなく、歩行がもたつかない。

実際に履いて歩いてみると、着地から蹴り出しまでの一連の動作がとても軽快で、スッと足が前に出る。ミズノではこれを「乗り心地」と表現するが、まさに揺れの少ないクルマや列車に乗ったときのような快適さを実感できる。

その秘密は、着地の際にかかとにかかる前後方向のブレを抑制する構造にある。ブレが少ないのでスムーズな体重移動ができ、次の一歩を力強く蹴り出すことができるのだ。

ソールには「ミズノウエーブ」という独自設計の波形プレートが内蔵され、歩行時の衝撃を和らげるクッション性と、ぐらつきを抑える安定性を両立。柔らかな感触で膝や腰にかかる負担を軽減してくれる。

ファスナーを目立たない内側に装備していて、靴ひもを結んだ状態でも脱ぎ履きがしやすい。長時間の移動時も、ファスナーを緩めるとリラックスできる。

優れたウォーキングシューズは身体の一部のように機能し、スムーズな移動をサポートしてくれる。体の一部のように馴染むこんなシューズを履いて町を歩けば、「歩く」という意識が活性化し、このままどこまでも歩いて行けそうな気分になる。

秋の旅をフットワーク軽く愉しむには、うってつけのウォーキングシューズである。

上質な革のアッパーを採用、レストランなどのフォーマルなシーンでも違和感のない上品なデザイン。カジュアルな外出着にもよく似合う。

◎ミズノ高機能ウォーキングシューズ「LD40 Ⅳ」

スポーツ用品メーカーとして定評のあるミズノの技術力を結集した、高機能ウォーキングシューズ。蒸れを抑える通気システム「ミズノインタークール」を搭載。品名の「LD40 Ⅳ」には、40 kmの長距離歩行を前提とした設計であることも示す。(>>商品の詳細はこちら

■サイズ/ブラック(写真)は24.0 ~ 28.0 ㎝、29.0 ㎝、30.0㎝、キャメルとダークブラウンは24.0 ~ 28.0 ㎝、ブラウンは24.5 ~ 27.5 ㎝。1万6000円。女性用やゴアテックス® ファブリクスを採用したモデルもある。

快適なウォーキングの第一歩は、正しいシューズ選びから始まる。全国のミズノの直営店では、コンピューターによって足の長さ、幅、形状を計測、足圧も測ることで歩きのクセもわかる。計測したデータからカスタムインソールを作ることができ、自分にピッタリのウォーキングシューズを誂えることができる。

■ミズノの高機能ウォーキングシューズ「LD40 Ⅳ」徹底解剖(特設サイト)
↓↓↓
https://goo.gl/Bj7wsf

■問い合わせ先/ミズノお客様相談センター (電話 0120・320・799)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. 神の足跡|神の存在を実感?できる不思議スポット【にっぽん穴場紀行…
PAGE TOP