サライ.jp

 

体力、気力ともに若々しいサライ世代。子供の手が離れたり、退職したりした後に、これからの人生を充実させたいと考える人は多い。これからの人生を充実させる方法のひとつとして、「家の住み心地をよくすること」がある。古くなった住まいのリフォーム、建替え、利便性が高い住まいへの住替えは、これからの毎日をさらに豊かなものにしてくれるはずだ。

そうした「住まいの夢」を叶える方法として、注目を集めているのが「60歳からの住宅ローン【リ・バース60】」である。

【chapter1 住まいの夢と悩み】60歳からの住まいの夢とお金の悩みごと

 

60歳から組める住宅ローン【リ・バース60】。人生の総まとめ時期に入っているサライ世代は、実際にどのような「住まいの夢と悩みごと」をもっているのだろうか。住宅金融支援機構の太田奈穂子さんに伺った。

 

住宅金融支援機構 住宅融資保険部 リ・バース60推進グループ 調査役 太田奈穂子さん。「【リ・バース60】は、自宅のリフォームや建替え、住替えなどに使える60歳以上の方向けの住宅ローンです。年金収入のみの方にも利用されています」

 

「サライ世代の方は、退職されたり、子供が巣立ったりされて、自宅で過ごすことが増えます。その結果として、今まで暮らしてきた住まいの大きさや設備などを見直し、自分のライフスタイルに合った家に住みたいと考える方が多いようです」(以下「」内 太田奈穂子さん)
人生100年時代、退職後の長い歳月を、心身共に充実させて過ごすために、自宅を快適な場所にしたい。しかし、リフォームや住替えには多額のお金がかかる。それに老後資金の確保もしたい。
住宅ローンという選択肢もあるが、退職された60歳以降に住宅ローンを組むのは難しいと考えてしまう。そんなお金の悩みから、住まいの夢をあきらめ、不便を我慢して生活をする道を選んでしまいがちだ。
「こうしたニーズをお持ちの方が注目している住宅ローンが、60歳からの住宅ローン【リ・バース60】です。例えば、“子どもが巣立って使っていない部屋があるので、夫婦二人が住みやすい家に建て替えたい”、“キッチンをリフォームしたい”、“郊外の家から都心の便利なマンションに住み替えたい”、“オーディオルームを作りたい”などの、リフォームや建替え、住替えといったサライ世代の方の住まいの夢に応えることができます」
また、【リ・バース60】は、サービス付き高齢者向け住宅への入居一時金や、住宅ローンの借り換えなどにも使えるのだ。

 

【chapter2】 【リ・バース60】の利点とは

【リ・バース60】の返済モデル図。毎月の支払いは利息のみだ。

では、【リ・バース60】とは、実際にどのような住宅ローンなのか、その特徴を伺った。
「60歳以上の方向けの住宅ローンとして開発された【リ・バース60】の最大の特徴は、毎月の支払いは利息のみということです。元金はお客様がお亡くなりになった時に、相続人の方から一括してご返済いただくか、担保物件(住宅及び土地)の売却代金によりご返済いただきます。この返済方法により、一般的な住宅ローンの毎月支払額より支払負担が少なく、年金収入のみの方にもご利用いただいています」
そこで気になるのは、自分たちが亡くなった後、担保物件を売却して返済するときに、融資残高に足りず子供たちに迷惑がかかることだ。それだけは避けたい。

「その不安の声に応えるため、2017年度からノンリコース型というタイプを導入しました。このノンリコース型をご利用いただくと、担保物件の売却代金が融資残高に満たなくても、相続人の方が残った債務を返済する必要がありません。ノンリコース型は、相続人の方が残った債務を返済する必要があるリコース型に比べて金利は多少高くなることが多いですが、安心してご利用いただくことができます。今年度の実績では、【リ・バース60】をお申込みいただいた方の約98%がノンリコース型をご利用いただいています」

 

ノンリコースとは“遡及しない”という意味。ノンリコース型とは、担保物件の売却代金が元金に満たなかった場合、相続人の方が残った債務を返済する必要がないというタイプ。

 

【chapter3 具体的なお申込み事例】

ここでは、お申込み事例を紹介する。「リフォーム」「建替え」「住替え」事例を表で紹介する。

●リフォーム

お子さまから【リ・バース60】を紹介され、手持ち金なしで希望のリフォーム工事をした事例だ。

●建替え

お子さまが独立し、二人暮らしのちょうど良い広さの家に建て替えた事例だ。

●住替え

郊外から、利便性のいい場所へ住み替えた事例だ。

 ※借入額は、担保物件の評価額等により算定され、手持金が必要になる場合があります。

【chapter4 【リ・バース60】が注目される理由】

【リ・バース60】の申請件数は、登場以来右肩上がりに増えている。

 

【リ・バース60】のお申込み件数が増え続けていることは、グラフを見て一目瞭然だ。その背景を伺った。
「60歳以上の方々は持ち家率が高く、平均寿命・健康寿命も伸びていることから、『住環境を整えてアクティブに暮らしたい』方が増えていると考えられます。これまでは、そのような希望はあっても、資金面における不安から、二の足を踏んでいる方が多かったと思います。【リ・バース60】は、これからの人生を住まいとともに快適なものにする新しい選択肢として、注目され始めています」
また、この背景には、核家族化が進み、家を子供に残したいと考える人が少なくなったという価値観の変化もある。2017年度にノンリコース型が導入されたこともお申込み件数増加の要因となっている。

【リ・バース60】を利用する人のうち、60%以上は年金受給者だ。毎月の返済額が利息分だけなので、少ない支払負担で、快適かつ理想的な住まいを手に入れる可能性が広がる。快適な住環境があれば、人生100年時代をいきいきとすごすことができるだろう。
本稿で紹介している【リ・バース60】のお申込事例はほんの一部だ。自分のライフプランに合わせた快適な住まいを手に入れるための選択肢のひとつとして、60歳からの住宅ローン【リ・バース60】を検討していただきたい。まずは最寄りの取扱金融機関に相談してみてはいかがだろうか。

 
問い合わせ先

【リ・バース60】の金利条件など、商品内容は金融機関により異なります。詳しくは取扱金融機関にお問合せください。

【リ・バース60】の商品概要や取扱金融機関はコチラ

住宅金融支援機構 問合せ窓口

【リ・バース60】ダイヤル 0120-9572-60(通話無料)

営業時間9:00~17:00(土日、祝日及び年末年始を除きます。)

 

撮影/フカヤマノリユキ(人物)画像加工/平沢 剛 図版製作/タナカデザイン 取材・文/前川亜紀

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア