暮らしを豊かに、私らしく

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/海外プチ移住ライター)

50代で思いきって始めたマルタでの新生活。前回の自炊編に続いて今回は外食編。ヨーロッパの他の国々の料理とは違ってあまり知られていない「マルタ料理」ですが、食い意地と探求心を燃やしてあちこち食べ歩きました。絶品ストリートフードから豪華グルメまで、マルタで出会ったおいしい名物をご紹介します。

マルタのソウルフード「パスティッチ」に夢中

毎日食べたいパスティッチ。定番のリコッタと豆の他、肉や魚のフィリングも。

マルタ生活が始まって間もない頃、近所を散歩していたらなんとも香ばしい匂いが漂ってきました。鼻をくんくんさせて行ってみると、小さなお店で焼きあがったパイが出されているところ。これがマルタのソウルフード「パスティッチ」との出会いでした。

パリッパリのパイ生地の中には優しい味わいのリコッタのペーストがたっぷり。いっぺんで大好きになった私は、それから毎日のように食べ歩くようになりました。散歩の途中や出かけた町で、ある時は豆のペースト、ある日はチキンのパイを。どこに行ってもパスティッチはそこらじゅうで売られ、朝食やおやつにスナック感覚で食べられています。そして何といっても1つ50セント(約78円)からという安さが素晴らしい! 今の時代のヨーロッパで、この値段で買えるものがどれだけあるでしょうか。

Manuelaの手作りパスティッチ。マルタの国民的飲料ともいわれる「Kinnie」(画像のサイズで約1ユーロ/約155円)はオレンジとハーブの風味が爽やかな炭酸飲料。

そんなわけでマルタじゅうを食べ歩き、お気に入りのお店にはバスを乗り継いでまでも通うように。詳しく書いていたらそれだけで1記事使ってしまいそうなので、今回は1店だけ紹介させてください。旅行者も行きやすい首都ヴァレッタのとっておきです。チェーン店も多いなか、ここ「Manuela」では毎日手作り。売り切れ仕舞いなので早目の来店がおすすめです。

●Manuela
住所:57 Triq Il-Merkanti, Il-Belt Valletta, Malta

ウサギ料理のフルコースを堪能

日本のテレビ番組で紹介されたこともあるという「NENU」。

マルタでよく食べられる肉といえば、ウサギです。これまでにドイツやフランス、ベルギーなどでもうさぎのローストを食べたことがありましたが、マルタのウサギ料理は実にバラエティ豊富。色々と試してみたい! と思い、マルタで出会った人たちを誘って「ウサギを食べる会」を企画しました。会場に選んだのは、ヴァレッタ旧市街にあるレストラン「NENU」。元々はパン屋さんだったという当時の造りを活かした店内は、モダンでおしゃれな雰囲気です。

マルタ料理色々。4人でワイン1本開けて、全部で一人約15ユーロ(約2325円)とお手頃。

メニューにはマルタの郷土料理がひととおり揃いますが、今回はウサギしばりの会。レバー煮込みにはじまり、ウサギ肉をつめたラビオリ、骨付きウサギ肉のロースト、同店のスペシャリテであるフティーラの生地を使ったピザまで、すべてウサギが主役です。ワインやトマトをふんだんに使ったコクのあるソースは、鶏肉にも似たたんぱくな味の肉にぴったり。地元産の軽やかな赤ワインと一緒においしくいただきました。

●NENU
https://nenuthebaker.com/

新鮮なシーフードを求めて漁村マルサシュロックへ

マルサシュロックの港沿いに並ぶシーフードレストラン。

島国マルタのグルメといえば、シーフードは欠かせません。ヴァレッタやスリーマ、サント・ジュリアンといった大きな街にもレストランが豊富にありますが、やはり新鮮な魚介類が集まるのは漁港の近く。なかでも有名なのが前回(https://serai.jp/kajin/1147458)もご紹介した漁港、マルサシュロック。港沿いにはレストランがずらりと軒を連ね、テラス席はシーフードを楽しむ人たちで大賑わい。

海老とトリュフのパスタ(約20ユーロ/約3100円)とタコのグリルのワイン煮(約10ユーロ/約1550円)。

名物のたこ料理、フィッシュスープ「アリオッタ」、旧通貨の絵柄にも使われていたシイラ科の魚「ランプーキ」、シーフードたっぷりのパスタ、豪快な魚介類の盛り合わせ……メニューを見ながら迷う時間も楽しみです。目の前に広がる、カラフルな漁船「ルッツ」が浮かぶ真っ青な海の景色もごちそう。マルタならではの贅沢でおいしい時間です。

※1ユーロ 約155円で計算(2023年8月原稿執筆時点)

【50代でプチ移住&大人留学】
第1回 移住の準備 (https://serai.jp/kajin/1130064)
第2回 語学学校の様子(https://serai.jp/kajin/1140334
第3回 マルタのグルメ・自炊編(https://serai.jp/kajin/1147458

文・写真/坪井由美子
ライター&リポーター。ドイツ在住10数年を経て、世界各地でプチ移住しながら現地のライフスタイルや文化、グルメについて様々なメディアで発信中。著書『在欧手抜き料理帖』(まほろば社)。世界100ヵ国以上の現地在住日本人ライターの組織「海外書き人クラブ」会員(https://www.kaigaikakibito.com/)。

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

花人日和 Online Store

花人日和
花人日和の通販

暮らしが華やぐアイテム満載

ランキング

人気のキーワード

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

公式SNSで最新情報を配信中!

  • Instagram
  • LINE
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店