暮らしを豊かに、私らしく

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/海外プチ移住ライター)

私が日本から欧州に拠点を移したのは30代前半のこと。それから山あり谷ありの10数年、ドイツを中心に旅や食文化についての記事を書く仕事をコツコツと続けてきました。ここ数年、世界の色んな国で暮らしを体験しながら発信していきたい……そんな思いがどんどん募りながらもなかなか動けず、気が付けば50代に突入。人生そう長くはないから、残りの人生で挑戦してみたい。思いきって前に進むことにしました。

2023年の始め。お先真っ白状態でやってきたのは、地中海に浮かぶ島国、マルタ共和国。さて、何が待っているのか……想定外だらけのリアルな移住体験記をお届けしていきたいと思います。

マルタ移住を決めた理由

マルタ騎士団が築いた首都バレッタ。カラフルな張り出し窓と蜂蜜色の建物が並ぶ。

なぜ、マルタだったのか? 理由はたくさんあります。

・欧州では珍しい英語圏の国
マルタはイギリス領だった歴史があり、公用語がマルタ語と英語。語学留学先として人気が高く、学校がよりどりみどり。ポンコツな英語力をもうちょっとなんとかしたい!

・物価が安めで治安が良い
英語圏としてはイギリスなどと比べると物価が低め。治安が良く国際的で、人々がフレンドリー。移住者が暮らしやすい条件が揃っています。

・おいしいシーフード
シーフードが新鮮で豊富。イタリアやアラブなどの影響を受けた食文化も興味深く、食いしん坊の血が騒ぎます。

魚屋さんに並ぶ新鮮な魚介類。マグロの主な輸出先は日本だとか。

・温暖な気候
イタリアはシチリアの南、地中海に位置するマルタは、冬でも比較的温暖。青い空と海に囲まれて暮らせるなんて夢のよう。

・世界遺産など見所が豊富
マルタ騎士団が築いたバレッタほか世界遺産が3つも。観光名所や絶景が盛り沢山で取材が楽しそう。→いくつかのメディアでマルタの記事を書くことになりました。

・猫の楽園
人間より猫の方が多いといわれる猫天国。猫好きとしてはとっても気になります。

マルタは世界一の猫天国!?

そして何より大きかったのが、私にとって未知の国だということ。欧州では人気のリゾート地ですが、日本人の間ではまだそれほど知られていません。なんだかとても良さそうだけれど、どんな所なんだろう? と以前から気になる存在だったのです。知り合いもいない土地で暮らす不安はありましたが、それよりも好奇心の方が大きく、想像するとわくわくしました。

ホームステイの後、一人暮らし

とりあえずホームステイ先だけ決めてマルタ航空で上陸!

移住のための準備は、実はそれほどしていません。忙しくて時間がなかったこともありますが、ゼロから経験したいと思い、現地情報などもあまり調べずに行きました。とはいえ、住む所は必要です。マルタの普通の暮らしを体験したく、インターネットでホームステイ先を探しました。私は個人でやり取りをしましたが、予算が許すなら日本のエージェントや語学学校に手配をお願いする方が楽ですし、何かあった時に安心だと思います。色々とありまして、1か月後には家を借りて一人暮らしをすることになりました。

語学学校で久しぶりの学生生活をスタート

語学学校「ACE」の授業。クラスに恵まれたのはラッキーでした。

英語留学先として有名なマルタには、世界中から大勢の留学生がやってきます。日本ではまだそれほど知られていないものの、最近は日本の映画が撮影されたり、「猫の楽園」として知名度が上がってきて、留学先としても注目されつつある様子。恵まれた自然のなかでのんびりリゾート気分も味わえるマルタは、若い人だけでなく社会人や親子留学、リタイア世代にもおすすめです。

マルタには30以上もの語学学校があり、アットホームな小規模校からプライベートビーチを有する学校まで規模も費用も様々。私は実際に雰囲気をみて決めたかったので、現地に着いてから探しました。いくつか学校訪問しながらもなかなか決められないでいた時、日本のエージェントに紹介されたのが「ACE」という語学学校。明るく開放的な雰囲気やアクティビティ(課外授業)が充実していること、何より案内してくださった日本人スタッフの感じの良さが決め手となりました。彼女が教えてくれたローカルなケーキ屋さんがすっかり気に入り、この人は絶対信頼できる! と確信したんです(笑)。

結果、私の選択は大正解でした。この学校に行ってなければ、私のマルタライフは全く別のものになっていたでしょう。クラスメイトや先生に恵まれ、想像もしていなかった楽しい毎日が始まりました。

マルタ観光局:https://www.mtajapan.com/
ACE English Malta(語学学校):https://www.aceenglishmalta.com/

文・写真/坪井由美子
ライター&リポーター。ドイツ在住10数年を経て、世界各地でプチ移住しながら現地のライフスタイルや文化、グルメについて様々なメディアで発信中。著書『在欧手抜き料理帖』(まほろば社)。「海外書き人クラブ」会員(https://www.kaigaikakibito.com/)。

 


サライ公式通販人気ランキング


花人日和 Online Store

花人日和
花人日和の通販

暮らしが華やぐアイテム満載

ランキング

人気のキーワード

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

公式SNSで最新情報を配信中!

  • Instagram
  • LINE
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店