文・石川真禧照(自動車生活探険家)

ロールス・ロイスは史上初の電気自動車として2ドアクーペを選んだ。車体を上下2色に塗分けるのは欧州の高級車に見られる手法。

ロールス・ロイスの先進性は今も健在

ロールス・ロイス社が創設される6年前の1900年。当時、複数の自動車ブランドを販売していた企業家のチャールズ・スチュワート・ロールス卿は「コロンビア電気自動車」という電気自動車を運転し、「電気自動車はまったく騒音がなく、空気も汚さない。匂いも振動もない。定置式の充電ステーションが整備されれば、途方もなく便利な乗り物になるだろう」と、ある雑誌の記事で予測した。この評論が再認識されている。

ロールス卿は1906年に天才技術者のヘンリー・ロイスと知り合い、息があったことでロールス・ロイス社を創設し、ガソリンエンジンを搭載した数々の名車を創り出し、ついに「THE BEST CAR IN THE WORLD」の称号を得るまでになった。そのロールス・ロイスが120年余りの時を経て、エンジンのない100%電気+モーターで動く、ロールス・ロイスを発売した。高級車のなかでエンジンのない100%電気自動車を正式に発売したのはロールスロイスがはじめてのことだ。

20世紀はじめから多くの新機構を実用化してきたロールス・ロイスの先進性は今も健在なのである。

天井から車体後部までなだらかな曲面のファストバックスタイルだが、トランクと室内は一体にならないクーペスタイル。

日本に初上陸した電気自動車のロールス・ロイスは2ドアの4人乗りクーペだ。スポーティな外観は全長5.4m、全幅2.0mの堂々たる車体を持つ。ドアはうしろヒンジの前開き、というロールス・ロイス独自の方式を採用。前開きなので、乗り降りはとてもしやすい。

約120年のロールス・ロイス車のなかでもっとも幅の広いグリル。ボンネットうえのフライングレディは電動で収納もできる。グリルは22個のLEDでライトアップされる。
左右にセパレートされた前席。ほぼ左右対称型。変速機用のレバーは、ハンドルの向こう側、コラム右から生えている棒状のレバーで行う。

運転席に座り、ドアを閉めるときは、前座席の中央にあるスイッチを操作すると、自動で閉まる。運転者も助手席の乗員も無理な姿勢でドアを閉めることはない。

運転席への乗降はドアにじゃまされることはない。後席への乗降は前席の背もたれを引きおこして行う。天井には4796個の電球で構成される星座が拡がる。星座の選択は自由で、注文すれば自分の生まれた日の星座を再現してくれる。
完全に左右の分かれている後席。着座位地は低いので、身長170cmまでの人なら座れる。背もたれは固定式。乗り心地は前席にくらべて硬さがある。運転手付きのクーペではご主人は助手席に座るのが慣習。

分厚いドアを閉めると、車内は静寂に包まれる。発進ボタンを押し、変速機用レバーをD(走行)レンジに入れ、アクセルを踏んでもこの静寂は変わらない。走行音の侵入はない。

かつて8気筒エンジンのロールス・ロイスが「時速100マイル(160km/h)で走行中、室内に聞こえるのは時計(機械式だ)が時を刻む音しか聞こえないと言われたが、このロールス・ロイスは、助手席の人の寝息(イビキではない!)が聞こえるぐらいかもしれない。とにかく、走行中に発せられる音は皆無と言っても過言ではないだろう。

機械は何も見えないボンネット下。モーターはこの下に1基と後輪に1基ずつ搭載される。電池は床下に並べられている。
ロールス・ロイス独自のアクセサリーといえばドアに埋めこまれたアンブレラ。ワンタッチで引き出すことができる。材質も高級な一品。

車の装備も先進の技術が投入されている。ロールス・ロイスには走行モードや調節装備などはない。その理由は、車が前方の道路状況を検知し、加・減速を調整したり乗り心地を変化させてくれるから。運転する者に余計な負担をかけさせない。というのがロールス・ロイスの信念なのだ。もちろん安全性もしっかり担保されている。

素朴な疑問として、世界中の富豪や王家たちが愛用するロールス・ロイスなら4ドアリムジンで電気自動車を(?)と思った。この問いに、ロールス・ロイスは「我が社のお客様は平均7台以上の自動車を保有し、これを状況に応じて使い分けていられます」。

どうやら、電気自動車を公的な場で使用するにはまだ時期尚早ということのようだ。

冒頭のロールス卿の「定置式の充電ステーションが整備されれば~」という予測は、間違ってはいなかったようだ。電気自動車の充電問題は日本で今討議されている。改めてロールス・ロイスの将来を見る目の確かさを再認識したのである。

分厚いカーペットが床、左右、上部まで敷きつめられたトランク。背もたれは可倒しないので長尺物は入らないがゴルフバッグは2バッグ収納可能。

ロールス・ロイス/スペクター

全長×全幅×全高5475×2017×1573mm
ホイールベース3210mm
車両重量2890kg
モーターツイン励磁同期モーター
最高出力前190ps/後490ps
最大トルク前365Nm/後710Nm
駆動形式4輪駆動
電費2.6~2.8kwh/23.6~22.2kwh/100km
サスペンション形式前ダブルウイッシュボーン後5リンク式 
ブレーキ形式4輪ベンチレーテッドディスク
乗員定員4名
車両価格4800万円
問い合わせ先 0120-980-242(コールセンター)

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
20代で自動車評論の世界に入り、年間200台以上の自動車に試乗すること半世紀。日常生活と自動車との関わりを考えた評価、評論を得意とする。

撮影/萩原文博

 

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店

SNS

公式SNSで最新情報を配信中!