新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

【伝統の美と手技を巡るウィーン紀行】その③~伝統の磁器「アウガルテン」とウィーン&石川県の取り組み

オーストリアの首都・ウィーンは音楽の都として知られていますが、それ以外にも建築、美術、カフェ、スイーツなど様々な魅力に溢れています。今回は、ウィーン商工会議所による「ウィーンプロダクツ」の称号を与えられた企業が手掛ける、伝統に培われた銀器や磁器、リネンなどのテーブルウェアと、市内にある素晴らしいワイナリーを、5回にわたって紹介していきます。

 

1
旧市街の中心にあるゴシック様式のシュテファン寺院

ウィーンが誇る磁器工房アウガルテン

1718年創業のアウガルテンはドイツのマイセンに次ぐヨーロッパで2番目に古い磁器工房です。時の皇帝・カール6世により、磁器を製造する特権が創始者のドュ・パキエに与えられました。1744年には女帝マリア・テレジアにより、ハプスブルク家直属の工房となり、以来、ハプスブルク家の紋章である横二本の盾が商標となっています。

1814年に開催されたウィーン会議の際には膨大な製品が作られ、世界各国の多くの王族貴族がこのウィーン磁器の魅力にひかれ、自国へ製品を持ち帰ったといいます。その後、急速な工業化やハプスブルク家の弱体化により、1864年に一時閉鎖しましたが、1924年に再興されました。

2_S
「アウガルテン」の工房に展示されている製品。

3_s
 
製品にはハプスブルク家の紋章が刻まれる。

アウガルテンがあるのは、ウィーン市内北部にあるアウガルテン宮殿の敷地です。この宮殿は1654年にハプスブルク王朝の狩猟用の館として建てられました。モーツアルト、ベートーベン、ヨハン・シュトラウスらが演奏会を開いたことでも知られています。現在も、敷地内にはウィーン少年合唱団の寄宿舎があります。

4_s
アウガルテン宮殿。

長き歴史を経てきたアウガルテンは、時代ごとに様々な様式を取り入れてきたことが魅力です。ロココ調の風景画や人形、ビーダーマイヤーと呼ばれる上品な小花や葉の模様、モダンなアールデコなど。そして、それを引き立てる艶やかな白磁。磁器の原料はカオリン50%、石英25%、長石25%の配合で調合されます。流し型やろくろでの成形、窯焼き、釉薬(ゆうやく)、絵付けなど、各分野の職人たちが今もこの工房で作業をしています。

5_S
釉薬をかける。

6_S
人形に絵付けをする。

7_S
コーヒーカップに絵付けをする。

8_S
1764年のスープボウル。

また、2011年にオープンした博物館では、代表的な製品や木炭を使用した昔の窯などが展示されています。

9_S
博物館内の様子。

 

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP