新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

一度は泊まってみたい!アジアの名門ホテル4軒

文/印南敦史

過去に栄えた文明の跡を訪ねるもよし、街角で生きる人々のパワフルかつダイナミックな姿に触れるもよし……と、アジアの旅は楽しみ方もいろいろ。しかし、そこにもうひとつ、「ホテルを楽しむ」ことを加えたい。

19〜20世紀初頭にヨーロッパ諸国の進出を経験しているアジアは、彼らの統治下に置かれた歴史を持っている。すでにそこから半世紀を経ているが、当時の宗主国の意匠が施されていたり、ヨーロッパの人々の手によって建てられたホテルなどが、各地に現存しているのである。

アジア由来のものとは違い、それでいて本国のものとも違う独特の雰囲気が魅力。植民地支配の名残ともいえるが、その美しさから多くの観光客を引きつける憧れのスポットとしても愛されているのだ。

そこで今回は、ぜひとも一度は泊まってみたいアジアの名門ホテル4軒を、ワールド航空サービスのツアー担当、乗田健一さんのセレクトでご紹介しよう。

■1:イースタン&オリエンタル(マレーシア、ペナン)

1869年にスエズ運河が開通し、さらに蒸気船が発明され、アジアへの移動が容易になり、人の流れが大きく変わった。そんななか、アジアでのホテル開発に可能性を見出したのが、シンガポールのラッフルズホテルを手がけたことで知られるアルメニアのサーキーズ4兄弟だった。

かくして1885年、次男のティグランが、アジアの交易の要衛として栄えていたペナンに開業したのがイースタン&オリエンタルである。アジアで最も有名なクラシカルホテルとして知られる。

100室以上の客室のうち、40部屋には温水も出る浴室を配置。海岸沿いに建てられた270メートル以上の大きなホテルは、当時世界一の長さを誇った。

ヨーロッパの最高級ホテルに学んで建設され、のちに「スエズ運河以東で最上のホテル」と評価されることになった。1996年に一度閉鎖されたが、改装後の2001年に再開され、ラッフルズと双璧をなすコロニアルホテルとして現在も名を馳せている。

■2:ストランド(ミャンマー、ヤンゴン)

ミャンマーの首都ヤンゴンに位置する「ザ・ストランド」は、1901年に英国人によって開業され、そののちサーキーズ兄弟がオーナーとなった由緒あるホテル。ヤンゴン河畔の一等地に建てられており、かつては蒸気船に乗ってたどり着いた英国の紳士淑女が、夜ごと舞踏会を開いていたのだという。

文豪サマセット・モームが長期滞在し、劇作家のジョージ・オーウェルがこのホテルのバーをこよなく愛したことでも有名。第二次大戦中には、日本の帝国ホテルが所有していたという歴史もある。

1993年には、全室スイートのブティックホテルに。さらに昨年には、ミャンマー産最高級のチーク材を駆使し、由緒あるストランド風情を残しつつも21世紀にふさわしい内装に生まれ変わっている。

■3:マンダリンオリエンタルバンコク(タイ、バンコク)

タイのみならず、アジアを代表するホテルとして有名。チャオプラヤ川のほとりにあり、隣にはシャングリ・ラ ホテルが、対岸にはペニンシュラ・ホテルが経っているという絶好のロケーションである。

一度は火事に遭ったものの、1876年にイタリア人建築家の手によって生まれ変わることに。そののち、ミュージカル『王様と私』の王太子のモデルであるチュラーロンコーン王がいたく気に入り、ロシアのニコライ二世の滞在先にも選ばれ、タイ王室がひいきにする宿となった。

なお、ここも第二次大戦中には、日本の帝国ホテルによって運営されていたことがある。

宿泊者名簿には、サマセット・モーム、J・オセフ・コンラッド、ジョン・ル・カレなどの作家から、オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テイラーなど要人の名前がズラリと並ぶ。

■4:セタパレス(ラオス、ビエンチャン)

フランス領だったラオスの首都ビエンチャンを代表する「セタ・パレス」がオープンしたのは、1932年のこと。しかし1975年のラオス人民民主共和国成立時に、オーナーのフランス人一家は帰国。ホテルだった建物は国有化されたが、オーナー一家の息子と母が17年後に再び訪れ、5年の歳月をかけて復元した。

こうして1999年に再オープンして以来、ビエンチャン指折りのホテルとして多くのゲストを迎えてきた。家庭的な温かいもてなしも魅力のひとつで、仏領時代を思わせるような上品な空間は、ラオスでしか味わうことのできない極上の時間を彩ってくれる。

以上、ぜひとも泊まってみたいアジアの名門ホテル4軒をご紹介した。

日本からは比較的訪れやすいアジアだが、その本質を知るためには、やはり名門ホテルに泊まってみるべきだ。長い歴史の蓄積が、他のツアーとはまったく違う満足感を与えてくれるであろう。

【ツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

文/印南敦史
画像提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に…
  2. インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する
  3. ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅
  4. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  5. タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ね…
PAGE TOP