新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

エジプトを旅するなら巡ってみたいナイル河沿岸の5つの町

ナイル河には、古代から人々の暮らしを潤し、類稀なる文明を育んできた歴史がある。クルーズをしてみれば、カルナック神殿を筆頭とするルクソール神殿の数々、王家の谷など、エジプトを代表する見どころを網羅することができる。

そんな悠久の歴史に裏づけられたエジプトのナイル河沿岸を旅するなら、絶対に外せない5つのスポットについて、ワールド航空サービスの北アフリカ担当、桂智洋さん、兒玉晃右さんのコメントとともにご紹介しよう。

■1:アレキサンドリア

アレキサンドリア

かの女王クレオパトラが暮らしていたことで知られ、地中海に面した開放的な雰囲気も魅力的な港湾都市アレキサンドリア。いうまでもなく、カイロに次ぐエジプト第2の都市である。紀元前 331 年にアレキサンダー大王によって建設され、プトレマイオス朝のもとで首都となった。

アレキサンドリアをヘレニズム時代最大の学問の中心地として知らしめることになったアレキサンドリア図書館、海底からの発掘品が豊富に展示されているアレキサンドリア国立博物館、地中海に突き出た半島の先端で存在感を放つカーイトゥベーイの要塞、ローマ時代の円形劇場など、歴史的建造物が多数。また、その一方でヨーロッパのような雰囲気も持ち合わせてもいる。過去と現在が自然な形で交差するような、不思議な魅力をたたえている。

「外務省の発出する危険度が下がり、行くなら今の訪問地です。地中海の表玄関にてして古代からの国際都市アレキサンドリア。かのクレオパトラがいた町でもあり、ぜひ訪れていただきたいものです。」(ワールド航空サービス桂さん)

■2:ギザ

ギザのピラミッド

ギザは、首都カイロ近郊、ナイル河中流の西岸に位置する都市。古代エジプトのファラオであるクフ王、カフラー王、メンカウラー王の3大ピラミッドを擁することで有名だ。1979年には「メンフィスとその墓地遺跡・ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産にも登録されており、広大な光景は観光客を魅了する。

「ギザといっても3大ピラミッドやスフィンクスだけではありません。ピラミッド街道を走り、さらに時代を遡った階段ピラミッドや屈折ピラミッド、赤ピラミッド、そしてピラミッドテキストが見られるウナス王のピラミッドなど訪れるべきところは尽きません」(ワールド航空サービス桂さん)

■3:ルクソール

ルクソール

ルクソールは、古代エジプト王朝の新王国時代に首都として栄えた街。ナイル川を挟んで東岸と西岸に分かれているが、この街を知る上で意識しておきたいのは、古代エジプトにおいて太陽神が崇拝されていたこと。太陽は生と死、そして再生復活の象徴と考えられていたため、太陽が昇る東岸は「生者の町」、太陽が沈む西岸は「死者の町」とされているのだ。

なお現在の市街は東岸で、西岸へ行くにはナイル川をフェリーで渡ることになる。

「エジプト観光で人気のナイルクルーズはここルクソールからアスワンまでを結びます。4泊5日程度のゆとりある日程で河畔の景色も楽しみながらアスワンまでの時間旅行をお楽しみいただきたいと思います」(ワールド航空サービス桂さん)

■4:アスワン

ファルーカ

カイロの南、ナイル川の東流域にあるアスワン。1年を通じて太陽の光が注ぎ、カラッと乾燥した暖かい気候に恵まれている。自然も豊かで、ファルーカという帆船に乗ってサンセットクルーズや市場のショッピングを楽しむことも。手工芸品や民芸品、香辛料や香水など、魅力にあふれた商品が並ぶ。

旧アスワンダムに代わり1970年に作られたアスワンハイダム、高さ41.75m、重さが1152tという巨大な未完のオベリスク(記念日)、イシス神がホルス神を生んだとされるフィラエ島のイシス神殿など、訪れたいスポットも点在している。

イシス神殿

「夕日を背にナイル河を悠々と進む帆船ファルーカを眺めたとき、ナイルと太陽とともに歩んできたエジプトの悠久の歴史と自然美をきっと感じることができるでしょう」(ワールド航空サービス兒玉さん)

■5:アブシンベル

アブシンベル

アブシンベルはアスワンの南、ナセル湖のほとり。なにより有名なのは、ラムセス2世が、愛妻のネフェルタリ王妃に捧げたアブシンベル大・小神殿だ。

岩窟神殿であるアブシンベル小神殿は、入口に並ぶ4体のフェラオ像2体の王妃の像、レリーフで埋め尽くされた内部と、圧巻の美しさ。アブシンベル大神殿は、高さ33メートル、幅が33メートルの巨大な神殿。

アスワンハイダムの建設により水没の危機に瀕したが、ユネスコなどの協力により、遺跡を現在の位置に移すことができたという経緯がある。

「古代エジプト全盛期の文明力と権力に脱帽させられる大神殿の外見。そして、美しく保存状態の良い内部のレリーフ。訪れた誰もが魅せられるにちがいありません」(ワールド航空サービス兒玉さん)

*  *  *

悠久の歴史の重みを感じずにはいられないエジプトのナイル河沿岸地域。一度訪れてみれば、その魅力を深く実感することができるだろう。

【関連ツアー】
ネフェルタリ王妃の墓も見学 成田発エジプト・ナイル河クルーズの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/FN015T_17S.html

アブシンベルに泊まる 中部発エジプト・ナイル河クルーズの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/FN015QNF_18K.html

【ツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  2. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
  3. 南米ペルーの知られざる蒸留酒「ピスコ」を知っていますか?
  4. ベネチア発の地中海クルーズ、寄港する街々の特徴と楽しみ方
  5. 貝殻で埋め尽くされた英国の謎すぎる地下洞窟「シェル・グロット」の…
PAGE TOP