新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

トルコを旅するなら訪ねたいエーゲ海沿岸の美しい街と島

トルコと聞いてまず頭に思い浮かぶのは、ヨーロッパとアジアの架け橋であるイスタンブールではないだろうか。たしかにそこは、文明の十字路。旅行先として人気が集まるのも当然だ。

しかし、さらにワンランク上の旅をしたいのであれば、注目したいのがその南西。すなわち、ギリシャとの間に広がるエーゲ海である。

古代ギリシャ文明は「ヨーロッパ文明のゆりかご」と呼ばれるが、その痕跡は、エーゲ海に面した現在のトルコ沿岸にも多数残されている。考古学者のハインリヒ・シュリーマンが発掘した彼の地は、トルコ・エーゲ海沿岸の重要なスポットだといえるのだ。

いわばトルコは、古代ギリシャや古代ローマに直接通じる重要な場所なのである。そこで今回は、トルコを旅するならぜひ訪れたい3つのスポットについて、ワールド航空サービスの南欧・トルコ担当、中屋雅之さんのコメントも交えつつ、ご紹介していこう。

■1:アンタルヤ~アスペンドス

アンタルヤ

地中海に面したアンタルヤは、紀元前3〜2世紀にかけてエーゲ海沿岸地方から内陸部を治めたペルガモン王国の国王によって築かれたといわれる。そしてそののち、ローマ、ビザンチン、セルジュク朝と、時代ごとにその主を変えてきた。

街のシンボルは、13世紀のセルジュク時代に旧市街地に建設されたミナレット(尖塔)。また、当初は教会として建てられたものが、それぞれの時代に改築されながら、オスマン帝国を経て現在へと受け継がれてきた「ブロークンミナレット」もある。

加えてアンタルヤ周辺は、風光明媚なリゾート地としても有名。「トルコのリビエラ」といわれ、高級リゾートが立ち並んでいる。また国際空港があるため、トルコ国内のみならずヨーロッパのさまざまな地域から旅行者が訪れることも特徴のひとつ。リゾートでありながら観光も楽しめる、非常に魅力的な街なのだ。

アンタルヤを訪れるなら、近郊のアスペンドスにまで足を進めたい。なぜならここには、ローマ劇場がほぼ完全な状態で残されているからである。最前列から最後列までが現存し、最上階には当時のアーチ型の回廊も。1万5000人を収容できるというこの劇場は、いまも現役。コンサートなどで使用されているというから驚きだ。

アスペンドスのローマ劇場

「古代のローマ劇場はヨーロッパから北アフリカにかけて見られますが、アスペンドスの劇場のように保存状態よく残されているのは極めて希です。一時期要塞として使われていたこともあり、外からは中の様子が伺いしれませんが、中に入ると、その壮大さ、美しさにアッと驚いてしまうことでしょう」(ワールド航空サービス中屋さん)

■2:ボドルム

ボドルム城からのエーゲ海の眺め

エーゲ海に面したボドルムは、トルコ随一のリゾートとして知られる一方、古くからの交易の要衛としての側面も備えている。中世には十字軍の要塞都市として栄えたのである。

クルーザーやヨットが係留されているマリーナを見下ろせる丘の上には、聖ヨハネ騎士団が建てたボドルム城が立っている。その建材には、古代の世界七不思議のひとつに挙げられるマウソロス王の墓(紀元前4世紀の建造)の石材が使われたという。

旧市街地の路地には白壁の家々が連なり、奥へ奥へと誘われるように進めば、あたかもギリシャの街にいるかのような気分になれることだろう。

「マウソロス廟はもともと高さは42メートル、周囲は123メートルあったそうです。1402年に十字軍によって破壊され、現在はその土台だけを見ることができます。遺跡内には復元模型が展示されていますので、実際の土台と照らし合わせながら、世界の七不思議に選ばれた実物を想像してみてください」(ワールド航空サービス中屋さん)

■3:ロードス島

ロードス島

トルコの沖合に浮かぶロードス島はギリシャ領だが、エーゲ海沿岸のマルマリスと定期フェリーで結ばれている。そして、その港に隣接して伸びているのが旧市街だ。立派な城門をくぐると、視界いっぱいに中世そのままの世界が広がる。

この島は、十字軍で活躍した聖ヨハネ騎士団の拠点だった場所。オスマン帝国に敗れて島を明け渡すまでの200年間、彼らは重厚な街並みを築いた。城壁を筆頭とする当時の建築物は、いまも美しく残されている。

騎士団を構成していた各国の館や、騎士団長の宮殿が並ぶ騎士団(イポトン)通りを歩けば、素晴らしい時間旅行を楽しむことができるはずだ。

ロードス島

「ギリシャ本土よりトルコからのほうが近いロードス島。その地理的条件やオスマン帝国領になった歴史から、現在もモスクやトルコ式と名づけられた市場も見られます。
歴史の詰まった街の散歩をのんびり楽しんでみてください」(ワールド航空サービス中屋さん)

*  *  *

以上、今回はトルコを旅するならぜひ訪ねたい、エーゲ海沿岸の街と島をご紹介した。きっと古代ギリシャ・ローマ・中世の世界へと誘ってくれる素敵な旅になるに違いない。

【関連ツアー】
ビジネスクラスで行く エーゲ海沿岸と南トルコの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/ME061T_17S.html

【ツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP