新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

手島(香川県)|瀬戸内海を前に広がるひまわり畑【瀬戸内の知られざる島々紀行1】


取材・文/小林希

瀬戸内海の塩飽諸島(しわくしょとう、香川県)の一つに、手島という島があります。人口わずか30人弱、ほとんどの島民が70歳以上という、静かな島です。

島の地形は蝶蝶が羽を広げたようで、集落は蝶蝶の頭の位置にあたる、少し窪んだ場所にあるだけ。ほとんどは空家ですが、もともと船大工が多く暮らしていたため、あちこちにある家屋は大きく、住人無き今も存在感を出して佇んでいます。

28の有人島・無人島から成る塩飽諸島のうち7島は、江戸時代に幕府から自治権を認められた“人名制”があった日本で唯一の地域です。手島もその一つ。江戸時代から残る制札場が集落にあり、情緒的な雰囲気を醸し出しています。

手島の静かな集落を臨む

江戸時代の制札場が残る

香川県の丸亀駅から港まで5分歩くと、手島に行くための船着き場に到着します。港の待合所で手島行きの切符を買い(片道770円)、桟橋に接舷している備讃フェリーの高速船に乗り込みます。

航路は、讃岐広島→小手島→手島。手島まで行く船便数は少なく、出航時刻に注意が必要です。(※船の時刻表はこちら

高速船に乗ること45分、手島の港に到着します。港は人気が少なく、船の発着時は僅かに人が集いますが、船が先島へ向かうと集落はしんと静まり返ります。

それでも、真夏の手島は少し賑やか。

現在、廃校だった小学校・中学校の建物を「手島自然教育センター」と改築して宿泊施設としており、地元の子供たちが林間学校として利用したり、キャンプファイヤーをしたりと、静かな島に子供たちの笑い声が響いています。もちろん、県外の旅行者も利用可能。(詳細はこちら

その頃、知る人ぞ知る、手島の名物が見頃を迎えます。それは、瀬戸内海を背景に広がるひまわり畑。70歳や80歳のおじいちゃんたちが、一輪、一輪、心を込めて一生懸命に育てたもの。手島自然教育センターに向かう集落の道沿いや、港と反対側の西浦海岸目前の畑一面に咲いています。蒼い瀬戸内海を背景に、太陽に顔を向ける向日葵の健気な姿がほほえましい。

西浦海岸の瀬戸内海を背景に咲くひまわり

「もう、今年が最後かもしれんのう」

そう言うおじいちゃんたちの言葉を毎年聞きながら、今年も訪れては、「ああ、綺麗に咲いている!」と感涙してしまいます。

夕刻の最終便で、子供たちが嬉しそうにひまわりを一輪ずつ携えて船に乗り、見送りに来た島のおじいちゃん、おばあちゃんに、いつまでも手をふって「またね~! さようなら~!」と帰っていく光景はどこか懐古的。

ささやかに黄色い絨緞が広がる数日間、手島はこれ以上ないほど幸せになれる秘密の場所なのです。

取材・文/小林希
旅作家・フォトグラファー。1982年生まれ。出版社を退社して、その日の夜から旅に出る。1年後帰国して『恋する旅女、世界をゆく-29歳、会社を辞めて旅に出た』で作家デビュー。著書に『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』や『美しい柄ネコ図鑑』など多数。現在55カ国をめぐる。『Oggi』や『デジタルカメラマガジン』で連載中。インスタグラム:nozokoneko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  2. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  3. 約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く
  4. やんばる(沖縄県)|多様な生命を育む原始の森へ【未来に残したい日…
  5. 1万羽ものツルが羽ばたく圧巻の光景!鹿児島・出水のツル渡来地【未…
PAGE TOP