新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

手島(香川県)|瀬戸内海を前に広がるひまわり畑【瀬戸内の知られざる島々紀行1】


取材・文/小林希

瀬戸内海の塩飽諸島(しわくしょとう、香川県)の一つに、手島という島があります。人口わずか30人弱、ほとんどの島民が70歳以上という、静かな島です。

島の地形は蝶蝶が羽を広げたようで、集落は蝶蝶の頭の位置にあたる、少し窪んだ場所にあるだけ。ほとんどは空家ですが、もともと船大工が多く暮らしていたため、あちこちにある家屋は大きく、住人無き今も存在感を出して佇んでいます。

28の有人島・無人島から成る塩飽諸島のうち7島は、江戸時代に幕府から自治権を認められた“人名制”があった日本で唯一の地域です。手島もその一つ。江戸時代から残る制札場が集落にあり、情緒的な雰囲気を醸し出しています。

手島の静かな集落を臨む

江戸時代の制札場が残る

香川県の丸亀駅から港まで5分歩くと、手島に行くための船着き場に到着します。港の待合所で手島行きの切符を買い(片道770円)、桟橋に接舷している備讃フェリーの高速船に乗り込みます。

航路は、讃岐広島→小手島→手島。手島まで行く船便数は少なく、出航時刻に注意が必要です。(※船の時刻表はこちら

高速船に乗ること45分、手島の港に到着します。港は人気が少なく、船の発着時は僅かに人が集いますが、船が先島へ向かうと集落はしんと静まり返ります。

それでも、真夏の手島は少し賑やか。

現在、廃校だった小学校・中学校の建物を「手島自然教育センター」と改築して宿泊施設としており、地元の子供たちが林間学校として利用したり、キャンプファイヤーをしたりと、静かな島に子供たちの笑い声が響いています。もちろん、県外の旅行者も利用可能。(詳細はこちら

その頃、知る人ぞ知る、手島の名物が見頃を迎えます。それは、瀬戸内海を背景に広がるひまわり畑。70歳や80歳のおじいちゃんたちが、一輪、一輪、心を込めて一生懸命に育てたもの。手島自然教育センターに向かう集落の道沿いや、港と反対側の西浦海岸目前の畑一面に咲いています。蒼い瀬戸内海を背景に、太陽に顔を向ける向日葵の健気な姿がほほえましい。

西浦海岸の瀬戸内海を背景に咲くひまわり

「もう、今年が最後かもしれんのう」

そう言うおじいちゃんたちの言葉を毎年聞きながら、今年も訪れては、「ああ、綺麗に咲いている!」と感涙してしまいます。

夕刻の最終便で、子供たちが嬉しそうにひまわりを一輪ずつ携えて船に乗り、見送りに来た島のおじいちゃん、おばあちゃんに、いつまでも手をふって「またね~! さようなら~!」と帰っていく光景はどこか懐古的。

ささやかに黄色い絨緞が広がる数日間、手島はこれ以上ないほど幸せになれる秘密の場所なのです。

取材・文/小林希
旅作家・フォトグラファー。1982年生まれ。出版社を退社して、その日の夜から旅に出る。1年後帰国して『恋する旅女、世界をゆく-29歳、会社を辞めて旅に出た』で作家デビュー。著書に『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』や『美しい柄ネコ図鑑』など多数。現在55カ国をめぐる。『Oggi』や『デジタルカメラマガジン』で連載中。インスタグラム:nozokoneko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並…
  2. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  3. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  4. 東海道の宿場町「由比」で富士の絶景と名物桜エビを楽しむ【日本の古…
  5. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
PAGE TOP