新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

訪ねてみたい!中欧ブルガリアの知られざる美しい村3選

ブルガリアと聞くと、私たち日本人はつい「ヨーグルト」を連想してしまうかもしれない。しかし実際のブルガリアは想像以上に深い伝統と広がりを備えた魅力的な国だ。

東に黒海を望む、東南ヨーロッパの小さな国。北にはドナウ川が流れ、南はトルコとギリシャ、西はセルビアと マケドニアに隣接する。14世紀後半からおよそ500年間にわたってオスマン朝に支配されていたため、現在もトルコ系住民が多いことが特徴。そのため教会とイスラム寺院が共存し、独特の文化を形成しているのである。

注目される機会こそ少ないものの、小さな村々では、その地ならではの魅力に触れることができる。そこで今回はワールド航空サービス東京支店の中欧担当・山口 亨さんに、ブルガリアの知られざる美しい村をご紹介いただいた。

■1:リラ

ブルガリア西部のリラは、深い山々に囲まれた村。リラの僧院はブルガリア正教会の総本山であり、リラ修道院はブルガリア最大の正統派修道院として知られる。中世ブルガリア文化が形成した高い芸術性も魅力で、壁一面の鮮やかな壁画はとても有名。1983年には世界遺産として登録されてもいる。

さまざまな文化が入り混じって生まれた、ブルガリアらしい独特な雰囲気を味わうことができるのだ。

「オスマントルコ支配下でも、スルタンから贈り物があったほど権威ある修道院。奇跡を起こしたイコンなど、歴史が感じられます。」(ワールド航空サービス山口さん)

■2:ベリコ・タルノボ

ブルガリアでいちばん美しい街といわれているのが、北東部に位置する古都ベリコ・タルノボ。人口8万人程度の小さな町だが、「第三のローマ」ともいわれた第二次ブルガリア帝国の首都。政治、経済、ブルガリア正教、そして文化の中心地として栄えた。

こじんまりとした旧市街は、時が止まったかのように穏やかな雰囲気なので散策に最適。またツァラベツの丘からは、ヤントラ川の谷にびっしりと住宅が並ぶ光景を望むことができる。素朴な味わいのある、地味ながらも魅力的な村だ。

「職人通りに今も残る、700年前の薫り。刃物や銅器、木工職人などの工房では、伝統製法で完成した製品が、往時を偲ばせます。」(ワールド航空サービス山口さん)

■3:コプリフシュティツァ

ブルガリアを東西に走るバルカン山脈の山中に、コプリフシュティツァはある。「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれただけあり、見どころ満載。18〜19世紀に建てられた豪商の邸宅が保存されており、ブルガリア初の美術館都市を宣言してもいる。

一般的なツアーでは外されてしまうような小さな村ながら、村全体が博物館だといわれるほど、深い歴史を感じさせてくれるのだ。

「民族復興様式とバロック様式が融合した独特の木造建築が並ぶ様子は、ブルガリアでしか見られません。」(ワールド航空サービス山口さん)

*  *  *

以上、ブルガリアを旅するならぜひとも訪れたい3つの村をご紹介した。日本と同様に四季のあるブルガリアのベストシーズンは春から秋にかけて。訪れてみるなら、これからが最適だというわけだ。

【ヨーロッパへのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
ビジネスクラスで行く ルーマニア・ブルガリアの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/EE027T_1_17K.html

文/印南敦史
写真提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか
PAGE TOP