新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

訪ねてみたい!中欧ブルガリアの知られざる美しい村3選

ブルガリアと聞くと、私たち日本人はつい「ヨーグルト」を連想してしまうかもしれない。しかし実際のブルガリアは想像以上に深い伝統と広がりを備えた魅力的な国だ。

東に黒海を望む、東南ヨーロッパの小さな国。北にはドナウ川が流れ、南はトルコとギリシャ、西はセルビアと マケドニアに隣接する。14世紀後半からおよそ500年間にわたってオスマン朝に支配されていたため、現在もトルコ系住民が多いことが特徴。そのため教会とイスラム寺院が共存し、独特の文化を形成しているのである。

注目される機会こそ少ないものの、小さな村々では、その地ならではの魅力に触れることができる。そこで今回はワールド航空サービス東京支店の中欧担当・山口 亨さんに、ブルガリアの知られざる美しい村をご紹介いただいた。

■1:リラ

ブルガリア西部のリラは、深い山々に囲まれた村。リラの僧院はブルガリア正教会の総本山であり、リラ修道院はブルガリア最大の正統派修道院として知られる。中世ブルガリア文化が形成した高い芸術性も魅力で、壁一面の鮮やかな壁画はとても有名。1983年には世界遺産として登録されてもいる。

さまざまな文化が入り混じって生まれた、ブルガリアらしい独特な雰囲気を味わうことができるのだ。

「オスマントルコ支配下でも、スルタンから贈り物があったほど権威ある修道院。奇跡を起こしたイコンなど、歴史が感じられます。」(ワールド航空サービス山口さん)

■2:ベリコ・タルノボ

ブルガリアでいちばん美しい街といわれているのが、北東部に位置する古都ベリコ・タルノボ。人口8万人程度の小さな町だが、「第三のローマ」ともいわれた第二次ブルガリア帝国の首都。政治、経済、ブルガリア正教、そして文化の中心地として栄えた。

こじんまりとした旧市街は、時が止まったかのように穏やかな雰囲気なので散策に最適。またツァラベツの丘からは、ヤントラ川の谷にびっしりと住宅が並ぶ光景を望むことができる。素朴な味わいのある、地味ながらも魅力的な村だ。

「職人通りに今も残る、700年前の薫り。刃物や銅器、木工職人などの工房では、伝統製法で完成した製品が、往時を偲ばせます。」(ワールド航空サービス山口さん)

■3:コプリフシュティツァ

ブルガリアを東西に走るバルカン山脈の山中に、コプリフシュティツァはある。「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれただけあり、見どころ満載。18〜19世紀に建てられた豪商の邸宅が保存されており、ブルガリア初の美術館都市を宣言してもいる。

一般的なツアーでは外されてしまうような小さな村ながら、村全体が博物館だといわれるほど、深い歴史を感じさせてくれるのだ。

「民族復興様式とバロック様式が融合した独特の木造建築が並ぶ様子は、ブルガリアでしか見られません。」(ワールド航空サービス山口さん)

*  *  *

以上、ブルガリアを旅するならぜひとも訪れたい3つの村をご紹介した。日本と同様に四季のあるブルガリアのベストシーズンは春から秋にかけて。訪れてみるなら、これからが最適だというわけだ。

【ヨーロッパへのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
ビジネスクラスで行く ルーマニア・ブルガリアの旅
http://www.wastours.jp/tour/d/EE027T_1_17K.html

文/印南敦史
写真提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP