新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

人生の節目に旅を!リタイア後に海外旅行に出かけるべき理由6つ

人生の節目に旅をすることは、記念になるだけでなく、これまでの人生に区切りをつけ、新しい人生を歩み出す後押しをしてくれます。

定年退職を機に、長い旅行を考えている人も多いでしょう。今回は、2008年のイスラエルで行われた調査から、引退者が海外旅行に期待することについてご紹介しましょう。裏返せば「旅に出るべき理由」としても読めるはずです。

出典は、米国カリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)です。

■1:人生の区切りを付けたい

仕事人生から引退後の新しい生活へ移り変わる時、長期の旅行に出かけることで、人生の転換が図りやすくなります。引退のお祝いとして、これまで行きたかったことのない場所で新たな自分を見つかるかもしれません。

■2:新しい世界が見たい

これまで見たことのない世界を見ると、視野が広がります。時間にゆとりのある引退後は、旅のスタイルを滞在型に変えて、思う存分、新しい世界を味わいましょう。

■3:日常から離れつつ快適に過ごしたい

旅は冒険です。同じように続く毎日から逃れて、未知の世界を探検しましょう。何かと責任やお金の算段の多い日常から離れて、気分を一新する良い機会。目的地は日常から離れつつもリラックスして、快適に過ごせるところが理想的です。

■4:趣味の世界を追求したい

これまでの人生で観光やレジャーは一通り経験したから物足りない…。引退者の旅は趣味の世界を追求することでさらに価値が高まります。講演や個展、登山や世界遺産など、そこに赴かなければ得られない体験は貴重なものです。

■5:以前から関心のあったことに触れたい

旅をきっかけに新しいことを始める人は多いです。興味があったけどできなかったこと、一度見てみたかった景色や文化など。旅をして終わりではなく、日常に帰っても旅がずっと続いているような感覚を味わえるでしょう。

■6:大切な人との絆を深めたい

子供や孫と連れ立って旅をすることで絆も深まり、思い出にもなります。また引退者に人気のある旅の一つに、遠くに住む友人や家族を訪ねるというものがあります。現役時代とは違い、ゆったりとした時の中で大切な人と語り合いを楽しむのは良質な時間といえるでしょう。

*  *  *

以上、引退者が海外旅行に期待することについてご紹介しました。

多少、体や体力に不安があっても、消極的にならずに旅の目的を遂行しては如何でしょう。急ぐ旅路でもなく、高齢者向けの負担の少ないプランが多くなっているからです。旅の計画に不慣れな人は旅行会社やツアーガイドに相談し、要望に沿ったものを提案してもらいましょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する
  2. ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅
  3. タイ・チェンマイにある幻の都「ウィアン・クム・カーム」遺跡を訪ね…
  4. スタインベックの傑作『怒りの葡萄』の舞台を辿るルート66の旅
  5. この世のものとは思えない!トルクメニスタンで「地獄の門」を覗いた…
PAGE TOP