新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

一度は訪ねてみたい!「北部スペイン」の美しい町5つ

スペインといえば、フラメンコや白壁、ブーゲンビリア、ガウディ建築などのイメージが強いかもしれない。しかし、これらは南部や東部のものである。一方、近年は巡礼路や料理などの魅力によって注目されているのが北西部だ。

スペイン北部、カンタブリア海に面するバスク、カンタブリア、アストゥリアス、ガリシアの4州は、海岸線とほぼ平行にカンタブリア山脈が連なる地域。「グリーン・スペイン」と呼ばれているのは、大西洋からの雨風が山脈に当たって恵みの雨を降らせてくれるため、緑が濃く肥沃な土壌だからである。

カンタブリア州にあるアルタミラ洞窟に代表されるように、約1万8000年前には人類が足跡を残していたというエピソードからも、この土地の豊かさを感じ取ることができる。

今回はワールド航空サービスのスペイン担当、萩原雄太さん(東京支店)に、そんな北スペインの田舎町の魅力をご紹介いただこう。

■1:サンセバスチャン

バスク地方のサンセバスチャンは、「ヨーロッパの美食の都」と称される町。スペインにわずか7軒しかないミシュラン3ツ星レストランのうち、3軒がここに存在することからも、その実力を伺うことができるだろう。

リーズナブルなバルが集まる旧市街、昼と夜とで表情を変えるコンチャ・ビーチの美しさ、そのコンチャ湾を高台から見下ろすことができるモンテ・イゲルド(イゲルドの丘)など、見どころは多彩だ。

「おすすめのバルをひとつ挙げるなら、ブレチャ市場近くの『Goiz-Argi(ゴイスアルギ)』。ここの海老の串焼きは絶品です! ぜひ名産の微発泡酒チャコリとともにお試しください」(萩原さん)

ユニークなチャコリの注ぎ方

■2:コバドンガ

北部スペインの歴史を語るうえで欠かせないのが、アストゥリアス州のコバドンガ。レコンキスタ発祥の地である。722年、キリスト教徒がこの地で初めてイスラム勢に勝利したことが、町に大きな契機をもたらした。

19世紀末に建てられたネオロマネスク様式の教会は、地元の山から採取されたピンク色の大理石が特徴。紛れもなく、その美しさは一朝一夕では生み出すことのできないものである。

ちなみに地名は、Donga(淑女)のCova(洞窟)に由来する。いうまでもなく淑女とは、聖母マリアを示したものだ。

「山間の道を走っているとふと姿を現すそのロマネスク教会の美しさには思わず言葉を呑んでしまいます」(萩原さん)

■3:ア・コルーニャ

スペイン北西部、ガリシア地方に位置するア・コルーニャは、16世紀に英国と海岸の覇権をかけて無敵艦隊が出港した町。現在では、見事なガラスのバルコニーが連なる、個性的な景観美で知られている。地形的には、切り立つ崖と砂丘が特徴。内陸部は、緑豊かな渓谷が美しい。

世界遺産に指定されているヘラクレスの塔を筆頭に、フィニステレ水族館、ア・コルーニャ人間科学館など見どころも多彩だ。

「ガリシア州はケルトの薫りが遺る州。周辺には、ストーンヘンジのような巨石メンヒルも残っています。港町ならではのシーフードもおいしい町です」(萩原さん)

■4:オビエド

写真提供/スペイン観光局

711年、イスラム勢力に滅ぼされたアストゥリアス王国の都だったオビエド。この近郊には、ロマネスク建築より前の「プレ・ロマネスク」と呼ばれる建築物が点在し、「オビエドとアストゥリアス王国の建造物群」として世界遺産にも登録されている。深い緑の大地に、長い時を経てもなお佇む教会の風情が印象的。足を運んでみれば、長い歴史を感じ取ることができるだろう。

「オビエドは1泊して訪ねたいところ。宿泊は「ユーロスター・ホテル・デ・ラ・レコンキスタ」をおすすめします。18世紀のアストゥリアス公国の養護施設を改装した5ツ星ホテルです」(萩原さん)

■5:フィステーラ

フィステーラは、イベリア半島北西の最端に位置する町。エルサレムから、聖ヤコブの以外が流れ着いた場所といわれている。

「サンチャゴ巡礼の終点の地」として、多くの巡礼者も訪れる場所のひとつ。長い道のりを辿ってきた人々をねぎらうかのように立つ十字架は、町のシンボルでもある。

「地の果て」というその名のとおり、町外れの崖で陸地が終わり、その向こうには大西洋の海原を望むことができる。なお、このスペイン北西岸はリアス(式)海岸の名の由来になった場所でもある。陽光が降り注ぐ地中海の雰囲気とはまた異なる、旅情あふれる地である。

「せっかくここを訪れるのであれば、町から大西洋を望む岸壁まで歩いてみてください。少し巡礼者気分を味わうのも旅の楽しみです」(萩原さん)

以上、北スペインの知られざる田舎町をご紹介した。夏の北スペインは、湿気がなく海風の心地よさが特徴、歴史に自然、小さな町や村、そして「タコのガリシア風」に代表される郷土料理と、魅力がぎっしりと詰まっている。

【北スペインへのツアーについてのお問い合わせ】
ワールド航空サービス
電話/03-3501-4111(東京支店)
http://www.wastours.jp

【関連ツアー】
美しき北スペイン 海と緑の田舎町10日間の旅

※ 聖地サンチャゴ4連泊と北ポルトガルの旅

文/印南敦史 写真提供/ワールド航空サービス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. ペルー北部の「クエラップ遺跡」は第2のマチュピチュになるか
PAGE TOP