新着記事

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

秀吉に疎んじられたある公卿の悠々自適な薩摩配流【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

近衛信尹(のぶただ)(信輔)が薩摩坊津に流されたのは、豊臣秀吉に疎んじられたからだ。五摂家筆頭近衛家の当主でありながら、二度も秀吉の本陣肥前名護屋(佐賀県唐津市)に下向して本気で朝鮮に出陣しようとするなど、公家らしからぬ言動は当時の人々にも奇異に映っていた。

_IKE5199
↑中世の海運を担った坊津

たとえば、この頃の信尹は秀吉に「武辺の奉公」を願い出て、近衛家領岡屋荘にちなんだ岡屋(おかのや)という名字を名乗っていた。興福寺多門院の僧侶英俊はその日記に、「家を捨て置かる」と記しており、「物狂」とさえ断じている。

信尹が二度目の名護屋下向の後に帰京したのが文禄2年(1594)3月であり、それから約1年後の文禄3年4月に、後陽成天皇を通じて突然の薩摩配流を申し渡された。その折りの秀吉の命令書が(文禄3年)4月12日付の朱印状である。菊亭晴季・勧修寺晴豊・中山親綱という天皇側近の有力公家に宛てて出されたものであるが、実際は天皇を介して信尹に厳命したものとみてよい。

7箇条に及ぶ命令書の第6条目に「去々年名護屋へ越され候、その子細は高麗(朝鮮国)へ太閤(秀吉)渡海せしむるにおいては、同道あるべき由申され候」とあり、秀吉の朝鮮渡海にあわせて信尹も出陣しようとしていたことがわかる。

続けて第7条目に「重ねて用意いたし、来春になり候はば、相越さるべき由申され候間、太閤右の狂気人を許容いたし候かと、上(天皇)にも思し召し候てはと存じ、名護屋へまかりくだらざるようにと、御内儀申し上げ候」と記している。つまり、秀吉としては天皇の手前もあるので種々配慮して二度目の名護屋下向がないように努めたのである。

「狂気人」とまで貶められた信尹ではあったが、かつて父・前久が越後の上杉謙信のもとに下り関東に従軍したことを知っていたからそれに倣ったまでで、まったくの正気だったに相違ない。ただし、世は父の時代とは違っていた。武家関白のもと、武家が秀吉から官位を得て公家になることがあっても、その逆は許されなかったのだ。

当時の朝廷は儀式が廃れており、五摂家のような高級公家の参内すらめったになかった。要は、戦国時代の朝廷は儀式では食えなかったのだ。そのため、関白ですら天下人に接近して所領をもらったり、家領荘園に下って直接経営を試みたりと、自家の存続に汲々としていた。信尹も積極的に秀吉に自己アピールして、武家としての岡屋家の取り立てを望んだのであろうが、秀吉の意向を読めず失敗してしまったのである。

信尹の配流先は、家領荘園薩摩島津荘だった。既に前久が天正3年と同8年に信長の命を受けて島津氏のもとに下っていたから、最南端への流刑というほど深刻なものではなかった。実際には、家司10人・小者5人・又小者10人、下々妻子10人の合計45人もの人々が同行し、人足100人、乗馬12疋が、関白豊臣秀次の計らいで用意された。堂々たる薩摩下向だったのである。

しかも、自邸から東寺口までは島津忠恒(島津義弘子息)に、そこから淀までは細川藤孝に見送られており、徳川家康から銀子10枚、織田信雄から黄金1枚など、莫大な餞別をもらっていた。既に信尹の坊津における生活の一端は述べたが、立派な殿舎が用意されたわけではなかったものの、坊津の一条院の僧侶たちや島津氏とその家臣団の細やかな世話を受けて優雅そのものだった。

文禄4年7月、関白秀次は謀反の疑いを受けて自刃した。いわゆる「秀次事件」である。この結果、信尹は帰洛がかなうことになる。近年の研究では、この事件を単なる一門粛正事件にとどまらず、仕掛けた側の石田三成ら秀吉側近グループによる豊臣一門大名の除去をめざしたクーデター、すなわち「文禄四年政変」ととらえる視点が提出されている。

この政変はそれまでに形成された秀吉側近とそれに親密な大名衆のグループと、秀吉の一門大名グルーブによる派閥抗争が、朝鮮出兵の行き詰まりを機に主導権の掌握をめざして表面化した事件と理解することができる。

三成をはじめとする秀吉側近が大躍進を遂げたのが、政変の結果だった。厭戦気分さえ漂い始めていた朝鮮出兵は、関白秀次を葬るという「綱紀粛正」によって慶長の役として継続されていく。信尹の帰京が秀吉から許されたのは、慶長元年(1595)4月のことだった。武家関白秀次が失脚し、太閤秀吉による一元的な支配体制の構築がめざされた時、信尹は帰洛するのであるが、これは公家の地位が一段と後退したことを示すものでもあった。

かつて坊津配流の折りの心細やかな配慮に対する返礼であろうか。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの直後、信尹は西軍となって敗退した島津氏の落ち武者を匿っている。この時の、島津義弘の敵中突破の逃避行は史上有名であるが、取り残された将兵を京都の自邸で翌年まで秘匿し、無事薩摩まで送り届けた。さらには、島津氏の赦免についても家康に進言するなど様々に尽力した。

_IKE5234
↑近衛信伊寓居跡

慶長6年8月、ついに島津氏の赦免がなった。交渉のために上洛した島津氏の使者鎌田政近は、家康から島津領安堵の確約を得た後に近衛前久・信尹父子に対面している。近衛家と島津氏との良好な関係は、江戸時代も維持されることになる。

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

「謎解き歴史紀行」の記事一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾 信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島…
  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島 榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元さ…
  3. 越前産の石で造られた狛犬。 主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時…
  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。 サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「…
  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。 シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった…
PAGE TOP