サライ.jp

近衛信尹(のぶただ)(信輔)が薩摩坊津に流されたのは、豊臣秀吉に疎んじられたからだ。五摂家筆頭近衛家の当主でありながら、二度も秀吉の本陣肥前名護屋(佐賀県唐津市)に下向して本気で朝鮮に出陣しようとするなど、公家らしからぬ言動は当時の人々にも奇異に映っていた。

_IKE5199
↑中世の海運を担った坊津

たとえば、この頃の信尹は秀吉に「武辺の奉公」を願い出て、近衛家領岡屋荘にちなんだ岡屋(おかのや)という名字を名乗っていた。興福寺多門院の僧侶英俊はその日記に、「家を捨て置かる」と記しており、「物狂」とさえ断じている。

信尹が二度目の名護屋下向の後に帰京したのが文禄2年(1594)3月であり、それから約1年後の文禄3年4月に、後陽成天皇を通じて突然の薩摩配流を申し渡された。その折りの秀吉の命令書が(文禄3年)4月12日付の朱印状である。菊亭晴季・勧修寺晴豊・中山親綱という天皇側近の有力公家に宛てて出されたものであるが、実際は天皇を介して信尹に厳命したものとみてよい。

7箇条に及ぶ命令書の第6条目に「去々年名護屋へ越され候、その子細は高麗(朝鮮国)へ太閤(秀吉)渡海せしむるにおいては、同道あるべき由申され候」とあり、秀吉の朝鮮渡海にあわせて信尹も出陣しようとしていたことがわかる。

続けて第7条目に「重ねて用意いたし、来春になり候はば、相越さるべき由申され候間、太閤右の狂気人を許容いたし候かと、上(天皇)にも思し召し候てはと存じ、名護屋へまかりくだらざるようにと、御内儀申し上げ候」と記している。つまり、秀吉としては天皇の手前もあるので種々配慮して二度目の名護屋下向がないように努めたのである。

「狂気人」とまで貶められた信尹ではあったが、かつて父・前久が越後の上杉謙信のもとに下り関東に従軍したことを知っていたからそれに倣ったまでで、まったくの正気だったに相違ない。ただし、世は父の時代とは違っていた。武家関白のもと、武家が秀吉から官位を得て公家になることがあっても、その逆は許されなかったのだ。

当時の朝廷は儀式が廃れており、五摂家のような高級公家の参内すらめったになかった。要は、戦国時代の朝廷は儀式では食えなかったのだ。そのため、関白ですら天下人に接近して所領をもらったり、家領荘園に下って直接経営を試みたりと、自家の存続に汲々としていた。信尹も積極的に秀吉に自己アピールして、武家としての岡屋家の取り立てを望んだのであろうが、秀吉の意向を読めず失敗してしまったのである。

信尹の配流先は、家領荘園薩摩島津荘だった。既に前久が天正3年と同8年に信長の命を受けて島津氏のもとに下っていたから、最南端への流刑というほど深刻なものではなかった。実際には、家司10人・小者5人・又小者10人、下々妻子10人の合計45人もの人々が同行し、人足100人、乗馬12疋が、関白豊臣秀次の計らいで用意された。堂々たる薩摩下向だったのである。

しかも、自邸から東寺口までは島津忠恒(島津義弘子息)に、そこから淀までは細川藤孝に見送られており、徳川家康から銀子10枚、織田信雄から黄金1枚など、莫大な餞別をもらっていた。既に信尹の坊津における生活の一端は述べたが、立派な殿舎が用意されたわけではなかったものの、坊津の一条院の僧侶たちや島津氏とその家臣団の細やかな世話を受けて優雅そのものだった。

文禄4年7月、関白秀次は謀反の疑いを受けて自刃した。いわゆる「秀次事件」である。この結果、信尹は帰洛がかなうことになる。近年の研究では、この事件を単なる一門粛正事件にとどまらず、仕掛けた側の石田三成ら秀吉側近グループによる豊臣一門大名の除去をめざしたクーデター、すなわち「文禄四年政変」ととらえる視点が提出されている。

この政変はそれまでに形成された秀吉側近とそれに親密な大名衆のグループと、秀吉の一門大名グルーブによる派閥抗争が、朝鮮出兵の行き詰まりを機に主導権の掌握をめざして表面化した事件と理解することができる。

三成をはじめとする秀吉側近が大躍進を遂げたのが、政変の結果だった。厭戦気分さえ漂い始めていた朝鮮出兵は、関白秀次を葬るという「綱紀粛正」によって慶長の役として継続されていく。信尹の帰京が秀吉から許されたのは、慶長元年(1595)4月のことだった。武家関白秀次が失脚し、太閤秀吉による一元的な支配体制の構築がめざされた時、信尹は帰洛するのであるが、これは公家の地位が一段と後退したことを示すものでもあった。

かつて坊津配流の折りの心細やかな配慮に対する返礼であろうか。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの直後、信尹は西軍となって敗退した島津氏の落ち武者を匿っている。この時の、島津義弘の敵中突破の逃避行は史上有名であるが、取り残された将兵を京都の自邸で翌年まで秘匿し、無事薩摩まで送り届けた。さらには、島津氏の赦免についても家康に進言するなど様々に尽力した。

_IKE5234
↑近衛信伊寓居跡

慶長6年8月、ついに島津氏の赦免がなった。交渉のために上洛した島津氏の使者鎌田政近は、家康から島津領安堵の確約を得た後に近衛前久・信尹父子に対面している。近衛家と島津氏との良好な関係は、江戸時代も維持されることになる。

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

「謎解き歴史紀行」の記事一覧はこちら

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア