新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

2017年12月号

  1. 【インタビュー】髙橋幸枝さん(精神科医)|27歳で医師を目指し39歳で病院開設。現役の精神科医

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー」。2018年新春企画として、昨年本誌に掲載されたインタビューの数々を紹介する。髙橋幸枝さん(たかはし・さちえ、医療法人社団和会理事…

  2. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  3. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  4. 夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  5. 国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  6. 動画で解説!誰でも簡単に「水墨画」で年賀状を描く方法

  7. サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

  8. 内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

  9. 酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

  10. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

  11. 落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

  12. ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

  13. 氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

  14. 悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

  15. 四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

  16. トヨタ カムリ|4ドアセダンの復権を目指す世界基準の名車、新型カムリ

PAGE TOP