新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

2017年12月号

  1. 【インタビュー】髙橋幸枝さん(精神科医)|27歳で医師を目指し39歳で病院開設。現役の精神科医

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー」。2018年新春企画として、昨年本誌に掲載されたインタビューの数々を紹介する。髙橋幸枝さん(たかはし・さちえ、医療法人社団和会理事…

  2. 愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

    文/矢島裕紀彦吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をし…

  3. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま話10】

    文/矢島裕紀彦国産のウイスキーが出来上がっても、すぐに舶来ものと肩を並べられるわけで…

  4. 夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもやま話9】

    文/矢島裕紀彦日本にウイスキーが持ち込まれたのは、幕末の嘉永6年(1853)。ペリー…

  5. 国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま話8】

    文/矢島裕紀彦明治維新後、日本人は欧米先進諸国に追いつけとばかり、急激な欧化政策を推進し…

  6. 動画で解説!誰でも簡単に「水墨画」で年賀状を描く方法

  7. サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキーよもやま話7】

  8. 内田百閒にうまいハイボールを飲ませてやりたかった【ウイスキーよもやま話6】

  9. 酒を愛した若山牧水が「ウイスキー」を詠んだ歌【ウイスキーよもやま話5】

  10. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

  11. 落語界の両雄、志ん生と文楽の最後の酒【ウイスキーよもやま話4】

  12. ウイスキーを好んだ黒澤明の酒の肴とは【ウイスキーよもやま話3】

  13. 氷嫌いの永井龍男、氷好きの山田風太郎【ウイスキーよもやま話2】

  14. 悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

  15. 四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

  16. トヨタ カムリ|4ドアセダンの復権を目指す世界基準の名車、新型カムリ

PAGE TOP