新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

2017年1月号

  1. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた

    毛ガニは、北海道を代表するご馳走の代名詞だ。土産やお歳暮にいただくことも多い。だが、いざ食べるとなるとその姿からほぐし方に躊躇するのではないだろうか。そこで、毛ガニの上手な身の外し方に加え、残った殻を使った毛ガニの炊き込みご…

  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた

    食べ応えのあるタラバガニは、ズワイガニと並び、日本人が好む人気の蟹だ。そのタラバガニと、同じ…

  3. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

    福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名…

  4. 作家・文士たちが愛した絶品の蟹料理を巡る

    開高健はセイコガニ(ズワイガニの雌)を「海の宝石箱」と評し、渡辺淳一は毛ガニの「上品で円ま るみ」の…

  5. 日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品

    旨い日本酒を自宅で楽しもうと思ったら、旨い「つまみ」を合わせたいもの。それも、日本酒のタイプにあわせ…

  6. 日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント

  7. 行きつけにしたい酒販店3軒|好みの酒を手に入れて自宅で味わいたい

  8. 当代きっての実力蔵の日本酒4銘柄をゆかりある居酒屋で飲む

  9. 旨い酒を知り、味わい、学ぶ。居酒屋は日本酒の世界を楽しむ男のホームグラウンド

PAGE TOP