新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

  1. 夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月6日、43歳の漱石は、転地療養のため、伊豆・修善寺へと旅立った。胃潰瘍のため入院していた東京・内幸町の長与胃腸病院を6日前に退院。医師とも相談し、許しを得た上での旅立ちであ…

  2. 夏目漱石、『猫』が講談に使われているのを知って面食らう。【日めくり漱石/8月5日】

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)8月5日、40歳の漱石は朝日新聞に連…

  3. 38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

    今から111 年前、つまり明治38年(1905)の夏、38歳の漱石は目の回るような忙しさを感…

  4. 夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月3日、ロンドン留学中の34歳の漱…

  5. 夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月2日、45歳の漱石は、妻の鏡子とと…

  6. 夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

  7. 夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

  8. 夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

  9. 漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

  10. 夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

  11. 夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

  12. 夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

  13. 夏目漱石、深夜に凄まじい暴風雨の音で目をさます。【日めくり漱石/7月26日】

  14. 若き夏目漱石、青春の病をかかえ伊香保温泉へひとり旅。【日めくり漱石/7月25日】

  15. もっと大胆に生きていいんだ!夏目漱石、悩める教え子を激励する。【日めくり漱石/7月24日】

  16. 夏目漱石、喀血した兄と転地療養へ出かけるも思わぬ事態に遭遇する。【日めくり漱石/7月23日】

  17. 夏目漱石、ホタルの籠を軒端にかけて夏の夜に涼を求める。【日めくり漱石/7月22日】

  18. 油絵にハマった夏目漱石、絵道具一式を買いに神田へ出かける。【日めくり漱石/7月21日】

  19. ロンドンの夏目漱石、引っ越しで本を運んで汗まみれになる。【日めくり漱石/7月20日】

  20. 夏目漱石、遠来の客にとっておきの「書籍購入法」を披瀝する。【日めくり漱石/7月19日】

  21. 夏目漱石、住み慣れた熊本を引き払って帰京の途につく。【日めくり漱石/7月18日】

  22. 夏目漱石、ついに2年がかりの連載『吾輩は猫である』を書き終える。【日めくり漱石/7月17日】

  23. 夏目漱石、新聞連載小説の斬新すぎる企画を思いつく。【日めくり漱石/7月16日】

  24. 夏目漱石、ケーベル先生の送別会に出席するがまさかの事態に!【日めくり漱石/7月15日】

  25. 夏目漱石、とっさの機転で寺田寅彦の盗作疑惑を未然に防ぐ。【日めくり漱石/7月14日】

  26. 中学教師の夏目漱石、松山で生徒たちの乱闘騒ぎに巻き込まれる。【日めくり漱石/7月13日】

  27. 若き夏目漱石、就職活動のため大学の先輩を訪ねたものの…。【日めくり漱石/7月12日】

  28. 夏目漱石、生田長江からニーチェの翻訳について相談される。【日めくり漱石/7月11日】

  29. 夏目漱石、自宅に無名の新人・志賀直哉の訪問を受ける。【日めくり漱石/7月10日】

  30. 夏目漱石、朝刊の連載小説に誤植を見つけ思わず渋い顔になる。【日めくり漱石/7月9日】

PAGE TOP