新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

  1. 夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月6日、43歳の漱石は、転地療養のため、伊豆・修善寺へと旅立った。胃潰瘍のため入院していた東京・内幸町の長与胃腸病院を6日前に退院。医師とも相談し、許しを得た上での旅立ちであ…

  2. 夏目漱石、『猫』が講談に使われているのを知って面食らう。【日めくり漱石/8月5日】

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)8月5日、40歳の漱石は朝日新聞に連…

  3. 38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

    今から111 年前、つまり明治38年(1905)の夏、38歳の漱石は目の回るような忙しさを感…

  4. 夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月3日、ロンドン留学中の34歳の漱…

  5. 夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月2日、45歳の漱石は、妻の鏡子とと…

  6. 夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

  7. 夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

  8. 夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

  9. 漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

  10. 夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

  11. 夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

  12. 夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

  13. 夏目漱石、深夜に凄まじい暴風雨の音で目をさます。【日めくり漱石/7月26日】

  14. 若き夏目漱石、青春の病をかかえ伊香保温泉へひとり旅。【日めくり漱石/7月25日】

  15. もっと大胆に生きていいんだ!夏目漱石、悩める教え子を激励する。【日めくり漱石/7月24日】

  16. 夏目漱石、喀血した兄と転地療養へ出かけるも思わぬ事態に遭遇する。【日めくり漱石/7月23日】

  17. 夏目漱石、ホタルの籠を軒端にかけて夏の夜に涼を求める。【日めくり漱石/7月22日】

  18. 油絵にハマった夏目漱石、絵道具一式を買いに神田へ出かける。【日めくり漱石/7月21日】

  19. ロンドンの夏目漱石、引っ越しで本を運んで汗まみれになる。【日めくり漱石/7月20日】

  20. 夏目漱石、遠来の客にとっておきの「書籍購入法」を披瀝する。【日めくり漱石/7月19日】

  21. 夏目漱石、住み慣れた熊本を引き払って帰京の途につく。【日めくり漱石/7月18日】

  22. 夏目漱石、ついに2年がかりの連載『吾輩は猫である』を書き終える。【日めくり漱石/7月17日】

  23. 夏目漱石、新聞連載小説の斬新すぎる企画を思いつく。【日めくり漱石/7月16日】

  24. 夏目漱石、ケーベル先生の送別会に出席するがまさかの事態に!【日めくり漱石/7月15日】

  25. 夏目漱石、とっさの機転で寺田寅彦の盗作疑惑を未然に防ぐ。【日めくり漱石/7月14日】

  26. 中学教師の夏目漱石、松山で生徒たちの乱闘騒ぎに巻き込まれる。【日めくり漱石/7月13日】

  27. 若き夏目漱石、就職活動のため大学の先輩を訪ねたものの…。【日めくり漱石/7月12日】

  28. 夏目漱石、生田長江からニーチェの翻訳について相談される。【日めくり漱石/7月11日】

  29. 夏目漱石、自宅に無名の新人・志賀直哉の訪問を受ける。【日めくり漱石/7月10日】

  30. 夏目漱石、朝刊の連載小説に誤植を見つけ思わず渋い顔になる。【日めくり漱石/7月9日】

PAGE TOP