新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

  1. 夏目漱石、愛用していた英国製フロックコートを教え子に贈る。【日めくり漱石/9月5日】

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)9月5日、39歳の漱石のもとに、門下生の中川芳太郎がやってきていた。中川芳太郎は愛知県の出身。この年、東京帝国大学の英文科を卒業したばかりだった。漱石は、この翌年春まで東京帝国大学…

  2. 夏目漱石、内田百閒の家を訪問するも床の間を見て愕然とする。【日めくり漱石/9月4日】

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)9月4日、48歳の漱石は門弟の内田百閒の家…

  3. 夏目漱石、大連へと向かう船旅の途中で思わぬ事故に遭遇する。【日めくり漱石/9月3日】

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)9月3日の朝7時頃、43歳の漱石は大阪・…

  4. ロンドン留学中の夏目漱石、フランス語を学んでおくべきだったと激しく後悔。【日めくり漱石/9月2日】

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)9月2日、ロンドン留学中の34歳の漱石は…

  5. 夏目漱石、英国留学のための船の切符を買いに行く。【日めくり漱石/9月1日】

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)9月1日、33歳の漱石は東京・牛込区矢来…

  6. 娘を入院させた夏目漱石、父としてつらい思いを噛みしめる。【日めくり漱石/8月31日】

  7. ロンドンの夏目漱石、帰国する学友・池田菊苗をテムズ河畔に見送る。【日めくり漱石/8月30日】

  8. 転勤決まった夏目漱石、同僚と阿蘇へ送別旅行に出かける。【日めくり漱石/8月29日】

  9. 夏目漱石、挿画家として教え子から弟を推薦される(後の橋口五葉である)【日めくり漱石/8月28日】

  10. 夏目漱石、門弟たちに押し切られ寄席に出かけたものの…。【日めくり漱石/8月27日】

  11. これが今生の別れか…渡英する夏目漱石、正岡子規を庵に訪ねる。【日めくり漱石/8月26日】

  12. 危篤状態の夏目漱石、病床に横たわり生死の境をさまよう。【日めくり漱石/8月25日】

  13. 修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

  14. 夏目漱石、小説『心』の出版について岩波茂雄と相談する。【日めくり漱石/8月23日】

  15. 夏目漱石、業者を呼んで自宅の「井戸換え」をしてもらう。【日めくり漱石/8月22日】

  16. 『明暗』執筆中の夏目漱石、芥川龍之介に手紙を書く。【日めくり漱石/8月21日】

  17. 病床の夏目漱石、傍らでは鏡子夫人が医師に厳しく詰め寄る。【日めくり漱石/8月20日】

  18. 夏目漱石、診察を受けて即入院「絶対安静」を言い渡される。【日めくり漱石/8月19日】

  19. 修善寺へ急行せよ!夏目漱石、療養先の旅館で倒れる。【日めくり漱石/8月18日】

  20. 夏目漱石、ひとり上野発の夜行列車で那須へ向かう。【日めくり漱石/8月17日】

  21. 夏目漱石、妻を亡くした友人のため弔問に駆けつける。【日めくり漱石/8月16日】

  22. 夏目漱石、訪英してきた旧知の詩人をロンドンの停車場に出迎える。【日めくり漱石/8月15日】

  23. 夏目漱石、連載中の小説『それから』を書き終える。【日めくり漱石/8月14日】

  24. 夏目漱石、友人・津田青楓に長男誕生のお祝いを送る。【日めくり漱石/8月13日】

  25. 夏目漱石、逗留中の宿にて妻との電話がトンチンカン。【日めくり漱石/8月12日】

  26. 夏目漱石、東海道線に乗って関西講演ツアーに出発する。【日めくり漱石/8月11日】

  27. 夏目漱石、妻子を旅行に送り出してから机に向かう。【日めくり漱石/8月10日】

  28. 夏目漱石、新聞連載小説のバトンを徳田秋声に託す。【日めくり漱石/8月9日】

  29. 夏目漱石、橋口五葉と『吾輩は猫である』の装幀について打ち合わせる。【日めくり漱石/8月8日】

  30. 若き夏目漱石、船の上で女性にいいとこ見せようとして大失敗。【日めくり漱石/8月7日】

PAGE TOP