新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

  1. 筆が進まぬ夏目漱石、妻・鏡子と一緒に義太夫を聴きに出かける。【日めくり漱石/12月3日】

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月3日、45歳の漱石は妻の鏡子を連れて東京・新富町の新富座に出かけた。竹本越路太夫の義太夫を聴くためであった。劇場内に入り、ふと2階席に目をやると、三井財閥の重鎮であ…

  2. 夏目漱石、幼くして急逝した末娘の葬儀をとりおこなう。【日めくり漱石/12月2日】

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月2日、44歳の漱石は3日前に急…

  3. 夏目漱石、門弟の窮状を見かねて友人に一筆したためる。【日めくり漱石/12月1日】

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)12月1日、46歳の漱石はまだ東京帝国…

  4. 夏目漱石、とっておきの吉報をもって門下生の下宿を訪ねる。【日めくり漱石/11月30日】

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)11月30日、41歳の漱石は吉報を胸…

  5. 夏目漱石と鏡子夫人、幼い娘の突然の死に呆然自失となる。【日めくり漱石/11月29日】

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月29日の東京は、快晴であった。…

  6. 夏目漱石、帝国劇場にイプセン『人形の家』を観に出かける。【日めくり漱石/11月28日】

  7. 夏目漱石、亡き友・正岡子規の半身像に在りし日の姿を偲ぶ。【日めくり漱石/11月27日】

  8. 絶食明けの夏目漱石、病院で野菜を食べて生き返る心地を味わう。【日めくり漱石/11月26日】

  9. 夏目漱石、自ら主宰する「朝日文芸欄」が創設され大いに張り切る。【日めくり漱石/11月25日】

  10. 夏目漱石、カレンダーを睨みつつ執筆スケジュールを思案する。【日めくり漱石/11月24日】

  11. 死期迫る夏目漱石、激しい胃痛と嘔吐をくりかえし重態に陥る。【日めくり漱石/11月23日】

  12. ロンドンの夏目漱石、師となるクレイグ博士を初めて訪問する。【日めくり漱石/11月22日】

  13. 夏目漱石、原稿用紙の右肩に不吉な3ケタの数字を記す。【日めくり漱石/11月21日】

  14. 夏目漱石、元同僚の英文学者・上田敏と自宅で語り合う。【日めくり漱石/11月20日】

  15. ロンドン留学中の夏目漱石、ベルリン在住の友へ手紙を書く。【日めくり漱石/11月19日】

  16. 夏目漱石、度重なる慰留に折れ朝日新聞社への辞意を撤回する。【日めくり漱石/11月18日】

  17. 夏目漱石、樋口一葉の旧宅に下宿している門弟を訪ねる。【日めくり漱石/11月17日】

  18. 夏目漱石、生涯最後の木曜会で「則天去私」について深く語る。【日めくり漱石/11月16日】

  19. 夏目漱石、読売新聞からコラム執筆依頼を受けて大いに悩む。【日めくり漱石/11月15日】

  20. 夏目漱石、池辺三山から朝日新聞社の内情を聞いて当惑する。【日めくり漱石/11月14日】

  21. 夏目漱石、才色兼備のとある美女の死を知って仰天する。【日めくり漱石/11月13日】

  22. ロンドン留学中の夏目漱石、下宿を引っ越して出費を抑える。【日めくり漱石/11月12日】

  23. 入院中の夏目漱石、病室で独自の「語学勉強法」を実践する。【日めくり漱石/11月11日】

  24. 夏目漱石、高浜虚子の小説集のための序文を書く。【日めくり漱石/11月10日】

  25. 夏目漱石、妻・鏡子と外出時間をめぐって夫婦喧嘩する。【日めくり漱石/11月9日】

  26. 英語教師・夏目漱石、佐賀の中学校で英語授業を視察する。【日めくり漱石/11月8日】

  27. 夏目漱石、届いた柿を子供にすっかり食べられて残念至極。【日めくり漱石/11月7日】

  28. ロンドン留学中の夏目漱石、よからぬ噂から帰国を促される。【日めくり漱石/11月6日】

  29. 夏目漱石、見舞いにもらった掛け軸に大いなる安らぎを感じる。【日めくり漱石/11月5日】

  30. 夏目漱石、3年住んだ千駄木の旧宅が火事で焼けたと知って驚く。【日めくり漱石/11月4日】

PAGE TOP