新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

  1. 胃痛で間食をとめられている夏目漱石、こっそり煎餅を一枚食べる【日めくり漱石/4月8日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 夏目漱石、早世した友を想い、その写真に鎮魂の一句添える【日めくり漱石/4月7日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3. 夏目漱石、大好きな花見にも出かけず『彼岸過迄』の執筆にかかりきりになる【日めくり漱石/4月6日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4. 夏目漱石、ロンドンの下宿部屋にとじこもり、スティーブンソンの小説を読みふける【日めくり漱石/4月5日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 夏目漱石の妻が心底うんざりした、夫のお洒落にまつわる事件とは【日めくり漱石/4月4日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6. 夏目漱石、まだ無名だった島崎藤村の自費出版本を読み終え舌を巻く【日めくり漱石/4月3日】

  7. 夏目漱石、夫の見舞いで京都に来たはずの妻が観光に夢中でむくれる【日めくり漱石/4月2日】

  8. 夏目漱石が毎晩、自分と妻の手首を結んで寝るきっかけになった事件とは?【日めくり漱石/4月1日】

  9. 夏目漱石、奇病を患う生後3か月の次男・伸六を大学病院へ連れて行く【日めくり漱石/3月31日】

  10. 『坊ちゃん』誕生のヒントもなった松山中学の卒業生にメッセージを送る【日めくり漱石/3月30日】

  11. 夏目漱石、原稿の締め切りが迫る中、新聞連載小説『心』の構想に悩む【日めくり漱石/3月29日】

  12. 夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で京都に向かう【日めくり漱石/3月28日】

  13. 夏目漱石、女性と心中未遂事件を起こした弟子を自宅にかくまう【日めくり漱石/3月27日】

  14. 夏目漱石、原稿の締め切りを忘れて謡の会を満喫する【日めくり漱石/3月26日】

  15. 夏目漱石、『道草』執筆を前に訪れた京都で病に倒れる【日めくり漱石/3月25日】

  16. 夏目漱石、ドイツ留学へと旅立つ門弟・寺田寅彦の送別会に出席する【日めくり漱石/3月24日】

  17. 夏目漱石、教え子の遺稿集のために援助資金を送る【日めくり漱石/3月23日】

  18. 夏目漱石、音楽会の帰りに蛙の鳴き声の物まねをしながら上野の森を歩く【日めくり漱石/3月22日】

  19. 夏目漱石、大好きだった長兄・大助との永遠の別れを悲しむ【日めくり漱石/3月21日】

  20. 夏目漱石、世界一周へ旅立つ同僚を新橋停車場で見送る【日めくり漱石/3月20日】

  21. 夏目漱石、妻・鏡子の粋な計らいで京都旅行に出かける【日めくり漱石/3月19日】

  22. 松山赴任が決まった夏目漱石、友人に身支度の借金を申し込む【日めくり漱石/3月18日】

  23. 夏目漱石、上野の展覧会で洋画家・青木繁の作品に心震わせる【日めくり漱石/3月17日】

  24. 夏目漱石、負けん気の強い妻・鏡子と容姿の欠点を笑い合う【日めくり漱石/3月16日】

  25. 夏目漱石、地位や安定を捨てても小説家として生きていく覚悟を決める【日めくり漱石/3月15日】

  26. 夏目漱石、名作『坊っちゃん』の構想がひらめき、わずか2週間で書き上げる【日めくり漱石/3月14日】

  27. 夏目漱石、深夜の神楽坂で恐怖の体験をする【日めくり漱石/3月13日】

  28. 夏目漱石、隅田川で正岡子規と偶然に出会い、向島百花園へ梅見に行く【日めくり漱石/3月12日】

  29. 夏目漱石、人気作家ゆえにつきまとう噂話やゴシップ記事をさらりと受け流す【日めくり漱石/3月11日】

  30. 神奈川近代文学館で開催される特別展「100 年目に出会う 夏目漱石」の鑑賞券を25組50名様にプレゼントします

PAGE TOP