新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

30~40代の女性から電話番号を渡される

平日は兄の経営する会社を手伝い、土日は登山ガイドとして仕事を始める。

「兄の会社では役員、ガイドの時は1件いくらのバイト(笑)。一人暮らしだし、20万円もあれば、お大尽生活ができる。登山ガイドの仕事は、東京から地元の山に登りに来た同世代のグループの引率が多いけれど、今は“コト消費”の時代になって、若い人もすごくくる。なんでも手に入る時代だから、やはり苦しいことをして、達成感を味わうのが楽しいんだと思う」

「ガイドをした女性から、電話番号を渡されたり、手を握られたりすることが多くて(笑)。“吊り橋効果”っていうの? そこそこハードな山だから、30~40代の若い女性も60過ぎのオジンを『ステキ』な~んて思うのかもしれないね。こっちも悪い気はしないよ。元妻にはなかなか会えないし、地元で女性に変なことをしたら、あっという間に広まるし、私の実家のことはみんな知っているので、禁欲生活しているから、刺激的だよね」

家族仲は良く、充実していた。兄や姉の子供や孫たちと遊び、自分の孫2人も長期の休みになると遊びに来る。「あくせく働いていた東京の日々は何だったんだろう」と思うことも増えた。

「私は30代の女性グループの山岳ガイド、里山サイクリングの案内をすることが多い。指名されることも多くてね。誘われてもこっちにとってはお客さんだし、SNSとかに上げられるのが怖いから、そういうことはしなかったんだけれど、半年前から39歳の女性と深い仲になっちゃって、今は彼女が週末にウチに遊びに来ることも増えたよ」

彼女は東京で生まれ育ったバツイチの女性。仕事はIT関連だという。写真を見せていただいたが、小柄で丸顔、ふっくらしていて笑顔がかわいい女性だ。

「半年前に、彼女と友達2人の3人を案内して、宿まで送った。2人を車から下ろしたら彼女が『あ、ケータイがない』と言う。探してもないから、2人をホテルに置いて、心当たりがあるトイレまでクルマで行くことにしたんだ。2人きりになると『近藤さん、ごめんなさい。ケータイないっていったのウソなんです。2人になりたくて』と言ってくる。女性にそこまでさせて、突っぱねられないし、それ以上に彼女は魅力的だった。ひとまずウチに連れて帰ってきて、そういう関係になったんだ」

ほぼ、1年ぶりの女性とのふれあいに、心はときめいた。

「たぶん、相性がすごくよかったんだと思う。あと、地元の女性からもモーションをかけられたことはあったんだけれど、話題が孫とパチンコ、お金、買い物だから、広がらないんだよね。だから合わなくて。彼女とは、小説、自然、食文化の話などで盛り上がれる。話題が豊富な女性はいいよね。今は月に1~2回の遠距離恋愛をしているけれど、彼女に子供ができたら、結婚するんだろうな、きっと。でもまさか、自分の人生にこんな展開が待っているなんで、思わなかった。“塞翁が馬”って、まさにその通りだね」

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その2~

  6. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その1~

  7. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

  8. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その1~

  9. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

  10. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

  11. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

  12. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気が違う10歳年下の既婚女性~その1~

  13. 【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

  14. 【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

  15. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老いる体を鼓舞していく~その2~

  16. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……再会は飛行機内だった~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP