新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

今回、お話を伺った、近藤光伸さん(仮名・60歳)は、5年前に有名電子機器メーカーの部長として、55歳で役職定年を迎えたときに、離婚。その2年後に故郷の中越地方に戻り、アウトドアガイドのアルバイトをしている。

【その1はこちら

圧倒的に若返る体に、自分でも驚く

妻と離婚してから2年間、杉並のマンションを処分するために、緩やかに活動しながら、友達の会社でバイトして、ブラブラ過ごしていた。

「それまで、仕事……いや、会社人間だったから、何をしていいのかわからず、軽いウツのような状態になっていたと思う。大学時代の友人が経営している会社を手伝っていたけど、自分の人生じゃないような気がして、だらだら1年半過ごしてしまった。でもあるとき、きっぱりと東京と決別して、山の近くに住もうと思った。アニキに連絡したら、『会社を手伝ってくれ。あと今はアウトドアブームで、ガイド不足で困っているみたいだ。早く帰ってこい』と言われて、急いで家財道具を処分し、マンションを売却した」

実家が所有するマンションに住むことになり、引っ越しは急ピッチで進んだ。Uターンしたときの荷物は、旅行トランクと、登山用リュック1個分。愛車である英国車に乗せ、数百キロを走り引っ越し完了。

「気持ちいいくらい全部捨てた。思い出の写真も厳選してあとは処分。レコード、本、レーザーディスク、CD、楽器、服……ゴミばかり詰まっていた家だった。何も持たないと、人生は身軽だね」

故郷に帰ってから、光伸さんの体も大きく変化した。

「東京にいたころは、血圧も140を超えていたし、血糖値の心配もあった。でも、こっちに来てからストレスがなくなって、血圧が115に下がり、体重は10キロ減る。さらに髪は生えてくるし、アッチもすごく元気になった。40代以降は、朝に元気になったことなんて全然なかったのに、今は20代の頃みたいなんだよね」

【体が元気になり、ガイドの仕事をスタート。光伸さんは思わぬモテ期に突入する。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP