新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その1~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

役職定年で仕事の喜び、給料も半減し東京と決別

今回、お話を伺った、近藤光伸さん(仮名・60歳)は、5年前に有名電子機器メーカーの部長として、55歳で役職定年を迎える。その2年後に東京に見切りをつけ、故郷の中越地方に戻り、アウトドアガイドのアルバイトをしている。

「同期がみんな子会社に出向させられる中で、最後まで本社にいられたからよかったと思う。200人以上入社した同期のうち役員になったのはたった一人。私は営業職で“若手のホープ”と言われていたけれど、出世は部長止まりでした」

役職定年になると、仕事の喜びや楽しみも、給料も半減した。

「会社から“とっとと出ていけ”と言われるのに等しいくらいの冷待遇だった。かわいがっていた部下も、取引先も手のひらを返したように距離を置いてきた。覚悟はしていたけれど、決裁権がないと、みんなは冷たいね。よく行っていたお店のママや大将も、営業メールや電話をほとんどしてこなくなった」

光伸さんは地元では成績優秀で、都内の名門私立大学の理系の学部に進学。18歳から東京都に住んでいる。

「5歳年上の兄が、地元の国立大学に進学して、親父がやっていた製造業を継いで、まあまあの規模の仕事をしていて、3歳年上の姉夫婦と共同経営している。まあ、末っ子の私はもともと構われなかったから、大学ではろくに勉強せず、山ばかり登っていたし、年に1回地元に帰る程度だった」

登山が趣味なだけあり、光伸さんは精悍な表情をしている。服の上からも筋肉質なことがわかる。人気のアウトドアブランドパーカーを着こなし、小柄ながら背筋がスッと伸びている。短髪に白い歯、刻まれたシワも魅力的だ。

【55歳のときに熟年離婚。妻はすでに自分用のマンションを購入していた。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP