新着記事

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【その1はこちら

* * *

定年退職その日に、10年ぶりにかかってきた電話

今回、お話を伺った、藤堂俊雄さん(仮名・62歳)は、有名機械メーカーの役員として、定年退職を迎えた。2年前、20歳年下の元女性部下との特別な関係について語ってくれた。

大きな問題がなく、誠実にリストラを遂行したことは評価され、俊雄さんは役員候補になる。

「候補になったら先は早いよね。リストラしたのが50歳、役員になったのは55歳……それからはあっという間だった気がする。あっという間に手柄は過去になり、毎日の仕事が進んでいった感じ。定年退職の半年前から、会社を辞めたらあれもしよう、これもしようとワクワクしたものだけれど、3か月前からブルーになった」

明日から行く場所がない、社会から求められていないという疎外感。

「アレはつらいよね。ウチの会社は特に華々しいことをする文化がないから、退職の日は花束などもなく、あっさり定時で退職。することもないから、好きな映画でも見ようかと歩いていると、見知らぬ番号から電話があり、とったら彼女だった。『予定がなければこれから飲みませんか?』と言うんだ。キツネにつままれたような気持ちで、指定する銀座のビストロに行ったよ」

彼女は40歳になっていたが、10年前とほとんど変わらなかったという。

「彼女は女優の田中裕子さんに似ていて、すっきりしていて優しい雰囲気が以前のままだった。少しシワが増えた感じがしたけれど、それだからこそ、色っぽさも増している。『お久しぶりです』という声にハリがあって、いいキャリアを重ねていると感じた」

彼女は、俊雄さんが紹介した転職先で順調に出世をしていた。

「あのリストラがあったから、今があると感謝の言葉を述べられて、本当にうれしかった。定年退職の日のプレゼントのようにも感じたな。彼女の同期の男性もあのときに早期退職し、私の大学の同級生がやっているベンチャー企業に転職したから、彼もいるのかと思ったら、彼女だけだったことに、なんだかゾクッとしたんだよね。それまでは、あらぬ誤解をかけられては困ると思い、女性と2人きりで飲むことなんてなかったから」

【今まで浮気の経験は2人、いずれも同級生だった。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP