新着記事

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

【その1はこちら

* * *

定年退職その日に、10年ぶりにかかってきた電話

今回、お話を伺った、藤堂俊雄さん(仮名・62歳)は、有名機械メーカーの役員として、定年退職を迎えた。2年前、20歳年下の元女性部下との特別な関係について語ってくれた。

大きな問題がなく、誠実にリストラを遂行したことは評価され、俊雄さんは役員候補になる。

「候補になったら先は早いよね。リストラしたのが50歳、役員になったのは55歳……それからはあっという間だった気がする。あっという間に手柄は過去になり、毎日の仕事が進んでいった感じ。定年退職の半年前から、会社を辞めたらあれもしよう、これもしようとワクワクしたものだけれど、3か月前からブルーになった」

明日から行く場所がない、社会から求められていないという疎外感。

「アレはつらいよね。ウチの会社は特に華々しいことをする文化がないから、退職の日は花束などもなく、あっさり定時で退職。することもないから、好きな映画でも見ようかと歩いていると、見知らぬ番号から電話があり、とったら彼女だった。『予定がなければこれから飲みませんか?』と言うんだ。キツネにつままれたような気持ちで、指定する銀座のビストロに行ったよ」

彼女は40歳になっていたが、10年前とほとんど変わらなかったという。

「彼女は女優の田中裕子さんに似ていて、すっきりしていて優しい雰囲気が以前のままだった。少しシワが増えた感じがしたけれど、それだからこそ、色っぽさも増している。『お久しぶりです』という声にハリがあって、いいキャリアを重ねていると感じた」

彼女は、俊雄さんが紹介した転職先で順調に出世をしていた。

「あのリストラがあったから、今があると感謝の言葉を述べられて、本当にうれしかった。定年退職の日のプレゼントのようにも感じたな。彼女の同期の男性もあのときに早期退職し、私の大学の同級生がやっているベンチャー企業に転職したから、彼もいるのかと思ったら、彼女だけだったことに、なんだかゾクッとしたんだよね。それまでは、あらぬ誤解をかけられては困ると思い、女性と2人きりで飲むことなんてなかったから」

【今まで浮気の経験は2人、いずれも同級生だった。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  2. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  3. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロ…
  4. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的な…
  5. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気…
PAGE TOP