新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

42歳の時に彼女は新卒で入社してきた

きちんと整えられた指先で、清潔なハンカチを持ち、時折、照れながら汗をぬぐう姿がチャーミングだ。最後の恋について話を伺った。

「相手は、元部下の女性なんだ。私より20歳年下で、私が42歳の時に新卒で入ってきた。特に目立つタイプではなかったけれど、堅実にコツコツと仕事をしてくれるところに好感を持った。飲み会で直属の上司に勧められるまま酒を飲んでしまい、介抱したこともあった。その後、あまり感情を表に出さないから、いろいろ溜め込みすぎないように話を聞いていたかもしれない。でも、特にかわいがっているわけではなかった。それに、女性として意識したこともなかった。当時私の娘が12歳だったから『あと10年したら、こんなに大きくなるんだな』程度に思ったくらい」

彼女は25歳で官僚と結婚した。

「誠実でいい子は、結婚も早いと思った。彼女が28歳の時に子供が生まれて、29歳まで産休を取った。その休んでいる最中に、会社の業績がガタ落ちして、リストラしなくてはならなくなった。私はそのリストラの責任者になったんだ。面談をして、肩たたきをする……嫌な仕事だったよ。みんな住宅ローンがあって、子供の進学にお金がかかる時期に辞めてもらうんだから。だから、必死で転職先を探したし、納得いく結論が得られるまで、じっくりと話したよ」

10年前は現在とは違い、マタニティハラスメントが社会問題になっていない。彼女は真っ先にリストラ対象に上がった。

「地味でおとなしいという性格が災いした。組織は言いやすい人に言うんだよ。彼女のリストラの面談をした時に、どうも私は、『あなたの会社への忠誠心と愛情を裏切るようなことをして申し訳ない』と言ったらしい。旦那さんともうまくいっていないみたいで、子連れで転職活動は大変だと思い、次の職場を紹介したんだよね」

俊雄さんの誠意は、彼女の中に残り続けた。

「もともと、しっかりした女性だったから、転職先でも管理職になり、バリバリ仕事をしていると話を聞いて、うれしくなった」

俊雄さんが定年退職した日に、彼女からケータイに連絡が入って……~その2~に続きます】

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その2~

  6. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その1~

  7. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

  8. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その1~

  9. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

  10. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

  11. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

  12. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気が違う10歳年下の既婚女性~その1~

  13. 【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

  14. 【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

  15. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老いる体を鼓舞していく~その2~

  16. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……再会は飛行機内だった~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP