新着記事

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

29歳で結婚した妻は、おとなしい専業主婦

今回、お話を伺った、藤堂俊雄さん(仮名・62歳)は、有名機械メーカーの役員として、60歳で定年退職を迎えた。

現在は、妻と共に千葉県に移住し、悠々自適の暮らしをしているが、2年前の定年退職の日の特別な出来事について話してくれた。

俊雄さんは静岡県出身。都内の名門私立大学に進学するために上京。それからずっと東京都練馬区内に住んでいた。

「当時は、『家がないとカミさんが来ない』と言われて、29歳の時に家を買ったんだよね。当時の練馬は田舎で、大学在学時からずっと住んでいた西早稲田近辺から引っ越したときはさみしさを感じたものだ。でもそのおかげで、すぐに結婚も決まり、一男一女に恵まれ、幸せな人生を送ったと思う」

俊雄さんの奥さんは、大学の後輩で、おとなしいタイプの専業主婦だという。俊雄さんの特徴は、人から愛されて育った人特有の柔らかい雰囲気だ。人の話を真っすぐに聞いて、意地が悪いところを感じない。男女ともに信頼されるタイプともいえる。

服もオシャレで清潔感がある。白いボタンダウンシャツとデニムパンツ、有名スポーツブランドのスリッポンスニーカーは、今ブームのハイテクデザイン。カラフルな色がおしゃれで、身長170cm程度、中肉中背の俊雄さんに似合っている。

「これは英国に赴任している娘から送られたもの。あっちはスニーカーが安いみたいだね。年甲斐もなく恥ずかしいと思ったけれど、人が勧めてくれたものは、身に付けるようにしている。これを褒められたのは2回目だよ」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  2. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
  3. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロ…
  4. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的な…
  5. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気…
PAGE TOP