新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

29歳で結婚した妻は、おとなしい専業主婦

今回、お話を伺った、藤堂俊雄さん(仮名・62歳)は、有名機械メーカーの役員として、60歳で定年退職を迎えた。

現在は、妻と共に千葉県に移住し、悠々自適の暮らしをしているが、2年前の定年退職の日の特別な出来事について話してくれた。

俊雄さんは静岡県出身。都内の名門私立大学に進学するために上京。それからずっと東京都練馬区内に住んでいた。

「当時は、『家がないとカミさんが来ない』と言われて、29歳の時に家を買ったんだよね。当時の練馬は田舎で、大学在学時からずっと住んでいた西早稲田近辺から引っ越したときはさみしさを感じたものだ。でもそのおかげで、すぐに結婚も決まり、一男一女に恵まれ、幸せな人生を送ったと思う」

俊雄さんの奥さんは、大学の後輩で、おとなしいタイプの専業主婦だという。俊雄さんの特徴は、人から愛されて育った人特有の柔らかい雰囲気だ。人の話を真っすぐに聞いて、意地が悪いところを感じない。男女ともに信頼されるタイプともいえる。

服もオシャレで清潔感がある。白いボタンダウンシャツとデニムパンツ、有名スポーツブランドのスリッポンスニーカーは、今ブームのハイテクデザイン。カラフルな色がおしゃれで、身長170cm程度、中肉中背の俊雄さんに似合っている。

「これは英国に赴任している娘から送られたもの。あっちはスニーカーが安いみたいだね。年甲斐もなく恥ずかしいと思ったけれど、人が勧めてくれたものは、身に付けるようにしている。これを褒められたのは2回目だよ」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP