新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気が違う10歳年下の既婚女性~その1~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

自他ともに認める「家族第一」の男だったが……

今回、お話を伺ったのは北澤史郎さん(仮名・65歳)。都内の下町エリア・深川で生まれ育ち、転勤族だった父とともに、日本国内を転々として育つ。大学は東京都内の理科系の大学に進学し、微生物の研究に明け暮れる。卒業後は化学メーカーに就職。開発と営業の仕事のプロフェッショナルとして、定年まで過ごす。

「60歳で定年退職してからも、会社から仕事の相談が来るし、日本酒の蔵元の同級生から“来てくれないか”とオファーが来たりして、忙しいよ」

明るく快活な雰囲気と、人懐っこい笑顔。身長は165cm程度で、お腹が少し出ている。白髪交じりのふさふさの髪は短く刈っている。白いシャツはアメリカのアイビーリーグのブランドのもので、デニムがよく似合う。足元のコインローファーはピカピカに磨かれている。

「これは自分で磨いたんだ。僕はアパレルブランドの『VAN』に憧れて育った世代だから、こういう服が好きなんだよね。気持ちよく着られて、普段着なのに、ドレスコードもある程度はクリアできる。こんなファッションってあまりないよね」

北澤さんの家族は、2歳年下の妻と、32歳の息子と、30歳の娘。子供たちはいずれも未婚で、なかなか家から出ていかないという。

「今はやりの子供部屋おじさん・おばさんにならなきゃいいと思うけれど、彼らは僕たち世代とは異なり、給料が少ない。2人とも大学を出て、上場企業で働いているんだけれど、手取り給料を聞いたら、自分で家賃を払うには、かなり生活水準を落とさなくてはいけない。それなら、家にいればいいというのが、妻の意見。僕は、妻の実家である都内に家を建てていただいた立場だから、反対はできない(笑)。それに、息子と娘は、僕たちの世代とは異なり、親が好きみたいなんだよね。女房と娘は一緒に旅行に行くし、僕も息子と飲みに行ったり、テニスに行ったり。まあ、楽しいよね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP