新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

情熱的な彼女に、理性は吹き飛んだ

その日、お店から出ると、彼女から指を絡めてきた。駅の改札の前で『どうする?』とハグをされたが、彼女を恐れる気持ちが先に立ったが……。

「やはり僕にとって大切なのは妻と子供と今の生活を維持すること。これ以上、彼女と深い中になってしまったら、家庭を壊される可能性がゼロとはいえない。しかし、男とは悲しいもので、理性と欲望はまた別の問題。一度、彼女の手によって、“もう自分にはない”と思っていたことが、再び起こると、あの感覚を得たくなるものなんだよね。結局、流れで彼女とまたそういう関係になってしまった。不思議なことに、感情を爆発させた後の彼女は、妙に情熱的だった」

彼女から「浮気は私としかしていないよね」、「私のことを愛している?」と聞かれ、生返事を繰り返す。

「夏に彼女から旅行に行こうと言われたのだけれど、さすがにそれは断った。すると、つまらなそうな顔をしたんだ。彼女は自分に“溺れてくれる男”が欲しかったのかもしれない。だから、年上の僕を選んだんだろう。付き合ううちに彼女のことがいろいろ解ってきて、彼女のご主人は彼女よりも15歳年上の会社経営者で、離婚歴があり、とっくに成人した息子がいること。あとは、僕が思っているよりも、彼女がドライだということ」

結局、北澤さんは6回デートしたが、彼女の方から距離を置かれ、今は着かず離れずという状態だという。

「あんなに頻繁に送ってきたLINEも、今はこちらが送っても返事は遅い。SNSの投稿は見られないものが増えた。きっと彼女は僕に見切りをつけたんじゃないかと思う。もしかしたら、次の男を見つけたのかもしれない。これは、付き合った者同士だからわかるのかもしれないけれど、彼女はかなり奔放だ。それに、半年というのは、いい切り上げ時だと思う。心のどこかでホッとしつつも、これからもうあんな人は現れないんだろうな、って寂しく思うよ」

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その2~

  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が繋げた心の絆~その1~

  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その2~

  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。新たな居場所で育んだ一回り年下の元文学少女との逢瀬~その1~

  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その2~

  6. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って見つけた生きがいと女性との新たな出会い~その1~

  7. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

  8. 【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

  9. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

  10. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気が違う10歳年下の既婚女性~その1~

  11. 【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

  12. 【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

  13. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老いる体を鼓舞していく~その2~

  14. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……再会は飛行機内だった~その1~

  15. 【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

    【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

  16. 【最後の恋】20年の夫婦レス生活の果てに再会した、高校時代のマドンナと心通わせて~その1~

    【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP