新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的なアプローチに再び気持ちが傾いてしまい……~その2~

取材・文/沢木文

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

怒りの感情を隠さない彼女に戸惑いつつも……

今回、お話を伺ったのは北澤史郎さん(仮名・65歳)は、10歳年下の彼女と交際して半年になる。

【その1はこちら

「最初に男女の関係になってから、再び会ったのは、それから1か月後。まさかこの年になって、こんなにワクワクするとは思わなかったよ。予約したのは、深川にある隠れ家的なお店で、名物の檸檬サワーを飲むことを、彼女も僕もとても楽しみにしていた」

ただその店は、席が狭く混雑していた。椅子の高さがあり、座り心地が悪く、料理が出てくるまでかなりの時間がかかった。

「オーダーしたお酒もなかなか出てこない。何度か声をかけても、そもそもスタッフがいないからさばききれないんだ。そしたら、彼女がすごく不機嫌になっちゃって、取りつく島もなかった。料理の途中で『もう帰りましょ』と言って席を立って店を出ようとする。ニコニコ笑って穏やかな彼女しか知らなかったから、椅子を蹴るように立ち、ドアをバタンと閉めるその態度に驚いた」

結局、その日は、北澤さんがなんとかご機嫌をとり、別の店で飲みなおした。

「不機嫌な表情で、何を言っても聞く耳持たないのに、根気よく話をすると、僕の意見を聞いてくれるようになって、お酒が回るとしなだれかかってきた。そして僕の手を取り、自分の頬に当て『酔っちゃった』と言う。まさか自分が女性からそんなことをされるとは思わなかった。大学も会社も周りは男ばかりで、女性がいたとしても、甘えてくる女性は少数派。妻もどちらかというと、さっぱりした性格をしているからね。それまでの、彼女の剣幕と甘えた態度のギャップにドキドキしてしまった。でも、怒りの表情はとっても嫌だったな。あの時に、僕の心に壁ができてしまったんだと思う」

【指を絡めて、甘えてくる彼女に欲望は逆らえなかった…次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  2. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  3. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  4. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
  5. 【最後の恋】役職定年で終わった仕事人生と妻との離婚。故郷に帰って…
PAGE TOP