新着記事

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文

 

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

洋服を一緒に買いに行くデートから始まった

今回、お話を伺った、名和匡仁さん(65歳)は、元地方公務員。63歳で迎えたモテ期と彼女についてお話を伺った。

【その1はこちら

昼間から営業しているカラオケスナックで、持ち歌を歌ったところ、ある女性から「いい声ねえ~」と称賛される。

「女性って不思議なもので、ある人が称賛すると、みんながわらわらと『いいわね』と言い始める。確かに私はかつてバンド活動もしており、それなりに歌は上手な方だと思っていたけれど、女性に『いいわね』と言われたことなどなかった。だから、彼女のシンプルな賞賛がうれしかったんです」

その後も、週に2回ほど、昼間営業しているカラオケスナックに、時間つぶしのように通い始める。

「仕事を辞めたことも妻にバレてしまい、妻がイヤな顔をしたんですよ。だから『どこかでアルバイトでも探して、なるべく家にいないようにするよ』と言ったら、ホッとした顔をしていた。それが夫婦のリアルですよね。

ただ、私はモテなかったから、女性は妻しか知らない。そのときの妻の態度を見て、他の人と結婚していたら、どんな人生だったのかな……と思いました」

その後、求職活動をしつつ、息抜きにカラオケに行く。最初の出会いから半年ほどして、彼女の方から『名和さん、顔色が悪いわよ。何かあったの?』と話しかけてくれたんです。女性から健康状態を気づいてもらえて、心配してもらえるって、すごく満たされる。『何でもないですよ』と答えつつ、ドキドキしました」

その後、彼女のほうから「名和さんは素敵なんだから、素敵な服をお召しになったら?」と買い物に誘われる。

「それまで、質素な生活をしていたので、お金はありました。だから、一緒に買い物に行ってみたんです。すると彼女は、ファストファッションやブランド店で、バランスよく提案してくれる。それがすごく楽しかった。昼飯を誘うと、彼女は高血圧だから外食はしないと言う。その後、間髪入れず『うちでお昼はいかが?』と誘われたんです」

【彼女は59歳。2年前に夫と死別した後、ひとり暮らしをしていた。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  2. 【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方…
  3. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  4. 【最後の恋】親友の未亡人と遺児を見守り続けた10年目の愛……山が…
  5. 【最後の恋】「定年うつ」から抜け出せた、知的な友人たちとの交流。…
PAGE TOP