新着記事

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

最後の恋

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文

 

仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻も子供もいる彼らの、秘めた恋を紹介する。

* * *

洋服を一緒に買いに行くデートから始まった

今回、お話を伺った、名和匡仁さん(65歳)は、元地方公務員。63歳で迎えたモテ期と彼女についてお話を伺った。

【その1はこちら

昼間から営業しているカラオケスナックで、持ち歌を歌ったところ、ある女性から「いい声ねえ~」と称賛される。

「女性って不思議なもので、ある人が称賛すると、みんながわらわらと『いいわね』と言い始める。確かに私はかつてバンド活動もしており、それなりに歌は上手な方だと思っていたけれど、女性に『いいわね』と言われたことなどなかった。だから、彼女のシンプルな賞賛がうれしかったんです」

その後も、週に2回ほど、昼間営業しているカラオケスナックに、時間つぶしのように通い始める。

「仕事を辞めたことも妻にバレてしまい、妻がイヤな顔をしたんですよ。だから『どこかでアルバイトでも探して、なるべく家にいないようにするよ』と言ったら、ホッとした顔をしていた。それが夫婦のリアルですよね。

ただ、私はモテなかったから、女性は妻しか知らない。そのときの妻の態度を見て、他の人と結婚していたら、どんな人生だったのかな……と思いました」

その後、求職活動をしつつ、息抜きにカラオケに行く。最初の出会いから半年ほどして、彼女の方から『名和さん、顔色が悪いわよ。何かあったの?』と話しかけてくれたんです。女性から健康状態を気づいてもらえて、心配してもらえるって、すごく満たされる。『何でもないですよ』と答えつつ、ドキドキしました」

その後、彼女のほうから「名和さんは素敵なんだから、素敵な服をお召しになったら?」と買い物に誘われる。

「それまで、質素な生活をしていたので、お金はありました。だから、一緒に買い物に行ってみたんです。すると彼女は、ファストファッションやブランド店で、バランスよく提案してくれる。それがすごく楽しかった。昼飯を誘うと、彼女は高血圧だから外食はしないと言う。その後、間髪入れず『うちでお昼はいかが?』と誘われたんです」

【彼女は59歳。2年前に夫と死別した後、ひとり暮らしをしていた。次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【最後の恋】情が深い彼女に家庭を壊される恐れを抱きつつ、積極的な…
  2. 【最後の恋】「家族第一」の仕事人間が心を寄せたのは、妻とは雰囲気…
  3. 【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言わ…
  4. 【最後の恋】20代後半の再会と、60代の再会……純粋な恋心が老い…
  5. 【最後の恋】見合い結婚した企業戦士、初恋の同級生は客室乗務員に……
PAGE TOP